2015年10月03日

私は左分けにするとさらに優秀になるんだ みんな知ってるよね

先日読みましたコミックの感想です。
よきものでした
□ご注文はうさぎですか?(4)
■Koiさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★★(4.5)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.2)
 ○総合評価:★★★★☆(3.8)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしましたものとなりまして、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
こちらは以前観ている様にアニメ化されており今期に第2期も放送されるものとなります。

内容としましては、喫茶店で働く女の子たちを描いた4コマ、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第3巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でもラビットハウスを中心とした喫茶店などで繰り広げられる皆さんの日常が微笑ましく、そして楽しく描かれていますけれど、その様な中、ラビットハウスに来訪者がありました。
それはココアさんの姉でモカさん…長い髪をしてほんわかとした、姉の雰囲気満点のかたで、実際どんどん周囲の皆さんを妹にしていってしまいます(カバー下にはそれを予言するかの様なココアさんの夢が…/何)
そのことでちょっとココアさんがやきもちをやくところもあるのですけれど、当のモカさんはココアさんのことが大好きで仕方がない模様…そんな彼女が春休みの数日間滞在していくのでした。

春休み、ということからも解る様に、この巻で春を迎え、皆さん1学年進級をされます…それはつまりココアさんがこの町へやってきて1年がたった、ということも意味します。
2年めもこれまで同様に楽しい時間が過ぎていき、この巻の最後でははやくも夏を迎え、皆さんで山へキャンプへ行かれたりもされるのでした。
その他、巻頭のカラーページを含むお話ではチノさんとマヤさんメグさんがどうお会いしたのかも描かれていたり、チノさんがバレエに挑戦されたり、あるいはリゼさんたちの学校で伝説となっている卒業生が意外な人物であることが解ったりして…?

イラストはよきもの…特に表紙などカラーイラストは相当よきものです。
百合的にはどうでしょうか、シャロさんがやはりよい感じですけれど、最後のお話のココアさんとチノさんもなかなか…?
ということで、こちらはやはり微笑ましく楽しいよい作品で、アニメの第2期もDVDを購入することにしましょう。


また、同時にこちらも読みましたので…。
アンソロジーです
□ご注文はうさぎですか? アンソロジーコミック(2)
■アンソロジー
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.4)
 ○内容評価:★★★★☆(4.0)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.3)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.4)

こちらも上の作品とともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましても上と同じもの…さらにタイトルどおりのもの、ということで一緒に読んでみました(何)

内容としましては、上の作品のアンソロジーとなります。
以前第1巻を読んでいて今回で第2巻ということで、やはりアニメが放送されるタイミングで出ているといえそう…以前原作を読んでいて以前第1期を観ている『きんいろモザイク』も第2期放送のタイミングで以前読んでいる第2巻なアンソロジーが出ましたから。
個人的には「なかったこと」にしているきらら系作品群、つまり某学校暮らしや某城下町の蒲公英ですらアンソロジーは出ている模様で、ますます以前読んでいる『幸腹グラフィティ』の立場が…(何)

参加していらっしゃる作家さまで私が単行本などを持っているかたとしましては、作品の掲載順に以前読んでいる『こみっくがーるず』のはんざわかおりさま、以前読んでいる『〆切ごはん』の湖西晶さま、以前読んでいる『プレリュードかがみ』の鍵空とみやきさま、以前読んでいる『こずみっしょん!』などの榛名まおさま、以前読んでいる『みことの一手!』の宇城はやひろさまがいらっしゃいました。
また、表紙イラストを以前最新作をしている「赤文字系」な『その花』イラスト担当のぺこさまが描かれており、巻頭のカラーイラストを描かれたかたには以前読んでいる『三者三葉』などの荒井チェリーさま、以前読んでいる『ひまわりさん』の菅野マナミさま、以前読んでいる『ごきチャ』のるい・たまちさま、以前読んでいる『乙女ロック』の茶みらいさまがいらっしゃいました。

内容としましては、ということでその作品のアンソロジーとなります。
アンソロジーらしく収録作品は概ねコメディで原作同様に楽しいものですけれど、ちょっとシュールなお話も見受けられたかもしれません?
ですので取り立てて改めて触れる様なことはない気もしますけれど、原作の雰囲気はどれも壊したりしていませんので、原作好きのかたも安心して読めるのではないかと思います。

イラストはアンソロジーですので玉石混淆ではありますけれど悪くありません。
百合的にはどうでしょう、原作同様かほんのり高めかも、といったところです。
ということで、さすがに原作を読んだ後に読むと印象がやや薄くなってしまいましたけれど、それでもこちらも悪くないものでしたかと思います。


『艦隊これくしょん』は3-2での集中レベル上げを実施しはじめたばかりの蒼龍さんがレベル78で改二仕様となりました…この様な中途半端なレベルでなるとは思っておらず、嬉しいなぁ♪(何)
改二仕様となった彼女は零式艦戦21型(熟練)と九九式艦爆(江草隊)に九七式艦攻(熟練)、さらに二式艦上偵察機と一挙に4つも新しい装備を持ってきてくださいました。
九九式艦爆(江草隊)は彗星一二型甲と同等の性能がありますけれど、その他の装備はやや微妙な性能かもしれません?
また、艦載機数も増えたかと思いますけれど、葛城さんの改仕様や隼鷹さんの改二仕様同様に4つめのスロットの搭載機数が激減しました…ともあれ、これで将来的には3-5へ出撃させる主力として葛城さんとともに運用してもよさそうです?(でも今月はもう翔鶴さんと瑞鶴さんでいこうかなと…)
…その蒼龍さんを集中してレベル上げをしている3-2、昨日も拡張海域出撃の合間に出撃を行ったのですけれど、何と航空戦で1,024の超ダメージが発生…ただそれは敵2人に攻撃が集中した結果で、その直後打ち漏らした金色の軽巡洋艦に如月さんが一撃大破させられましたけれども…(何)

開発は8cm高角砲、12cm単装砲、14号対空電探、彗星となり、14号対空電探が出ましたので大当たりといえますけれど、8cm高角砲は背景が虹色の割にやっぱり使い道が…10cm連装高角砲が枯渇の危機に直面していますのでこちらを何とかお願いします…。
14号対空電探はひとまず1-6へ出撃する名取さんへ装備しましたけれど、最終的には古鷹さんか筑摩さんか陸奥さんあたりへ、ということになるでしょうか。

先日の日誌で触れたとおり演習7回勝利任務、というものが通常の演習任務とは別に発動しており、昨日はそちらにきちんとチェックを入れて達成をしました。
そして戦闘糧食入手…こちらは微笑ましいアイテムで個人的に大好きながらそれゆえにどんどん食べてしまい1個しか持っていませんでしたので、入手したものを五月雨さんの補強増設枠に装備させておきました。
…そして午後の演習相手、5人中5人、つまり全員が明石さん旗艦という、選択画面が全員統一されていて面白い事態に…。

戦いのほうはまずは日々の任務な輸送船3撃沈任務から…通商破壊艦隊の2-2へのはじめの出撃で輸送船エリアへ到達、ル級さんが存在しまた敵の攻撃が必中でダメージが蓄積するものの輸送船3編成で任務達成となりました。
引き続き南西諸島制海権任務にも挑戦しますけれど、いきなり2回連続でボス前で南下し輸送船エリアへ流されるという悲劇…けれどその次は3回連続でボスへ直行しましたので、確率としては正しいといえます?
その後は北上しそのまま輸送船エリアへ1回飛ばされたものの、次の2回もボスへ直行し任務完了となりましたのでかなり運はよいほうでしたといえそう…ただ、敵の攻撃の命中率は高く微少ダメージをかなり受け、長門さんやローマさんはそれが蓄積し小破に至りましたけれども…。

先日でろ号作戦も終わり1-5出撃任務が発動しているということもあり、先日一度だけ出撃しゲージを減らした1-5のゲージを破壊すべく出撃を敢行します。
艦隊編成は朝潮さんを旗艦とし祥鳳さん、伊勢さんor日向さん、名取さんとしてみます…はじめは…(何)

その1-5へのはじめの出撃、絶望の初戦は名取さんが大破し終了…。
ものすごく幸先の悪い結果となりましたので大破した名取さんを神通さんへ変更し2度めの出撃、恐怖の初戦はまた敵が軽巡洋艦を狙うものの神通さんが微少ダメージですみ、ボス戦は神通さんが微少ダメージですみ反航戦となってしまうものの敵の全滅にも成功しました。
3度めの出撃、恐怖の初戦は伊勢さんが微少ダメージとなり、ボス戦は神通さんが大破し対潜能力の減少が危ぶまれ実際同航戦にも関わらず敵旗艦が小破にしかならず終了というここ最近では最悪の結果に終わりました…。

ここまでここ最近では見られないほどにひどい結果になっているため気分を変える意味でも旗艦以外を変更、日向さんと瑞鳳さんと夕張さんにしてみて(日向さんは経験値調整のため予定の行動ですけれども/何)4度めの出撃を敢行、恐怖の初戦は瑞鳳さんが微少ダメージとなり、ボス戦は朝潮さん以外の3人に微少ダメージ、そして夕張さんが初撃で旗艦を撃沈しその後敵の全滅にも成功しました。
5度めの出撃、恐怖の初戦は夕張さんが微少ダメージとなり、ボス戦は朝潮さんが微少ダメージを受けるにとどまり、反航戦となってしまうものの無事敵の全滅に成功しました。

ということで何とか1-5出撃任務や潜水艦撃沈任務とともに1-5のゲージ破壊には成功しましたけれど、ここ最近では一番難航したといえます…初戦での大破もそうですし、ボスで軽巡洋艦を大破させられるとやはり実質的にその時点で撃破は絶望的となってしまいかねません…。

ともあれ1-5のゲージが破壊されたことにより1-6が開放されましたので、あまり挑む必要性のない場所とはいえ一応こちらにも出撃を敢行します。
出撃メンバーは水雷戦隊なかたがたから3-5へ出撃をしない弥生さんを旗艦とし潮さん、その他レベル62〜61のお気に入り駆逐艦のかたがたからレベルの低い順(ここはあまり経験値が得られないながらレベル上げの意味も込め…?)で時雨さんと子日さんと谷風さんを選び、そして軽巡洋艦は引き続き1-5に引き続き名取さんとします…別にここでレベル98の由良さんや鬼怒さんを出す必要はないかな、って…(でも旗艦の弥生さんはレベル98…そ、そこは3-5で五月雨さんや夕立さん、それに新たに98に達した浜風さんの出番があるので…/何)
一番対空値の高い潮さんには五月雨さんから対空カットイン装備をお借りして装備しておきます。

その様な1-6へのはじめの出撃、はじめの対潜戦はT字有利となるながら谷風さんが攻撃を外して全滅はならず、航空戦は金のヲ級さんと赤い軽空母が出現し時雨さんが小破、問題の最終戦は赤い軽空母を含む相手との戦いとなり子日さんが中破するものの敵は全滅させ無事帰港、鋼材300を得ました。
2度めの出撃、対潜戦は今度は名取さんが攻撃を外して全滅はならず、航空戦は金のヲ級さんと赤いヲ級さんの編成となり名取さんが小破、問題の最終戦は金の軽巡洋艦率いる普通の水雷戦隊との戦いとなり谷風さん中破潮さん小破となるものの敵は全滅、無事帰港しボーキサイト200を得ました…谷風さんが中破の際に「こんな姿誰も見たくないんだよ」なんておっしゃりますけれど、彼女の中破姿は顔が恐怖で引きつっていてこれまでに見たかたがたの中でも一、二を争うほど痛々しいのでそれは確かにそうに違いありません…。
3度めの出撃、対潜戦は無事切り抜け、航空戦は金のヲ級さんと赤い軽空母の編成となりT字有利となってしまい潮さんが小破、問題の最終戦は金のリ級さんが登場してしまい潮さんが大破し時雨さんが小破、リ級さんが無傷で残ったので大事を取って夜戦は挑まず終了、無事帰港しボーキサイト200を得ました。
4度めの出撃、対潜戦は無事切り抜け、航空戦は金のヲ級さんと赤い軽空母の編成で3人に微少ダメージ、問題の最終戦は金の軽巡洋艦率いる普通の水雷戦隊との戦いとなりT字不利となり双方かなり不毛な砲撃戦となり、雷撃戦で名取さんが中破しつつも夜戦を挑み敵を全滅、無事帰港し弾薬300を得ました。

昨日はゲージの半分を減らすことのできたそこまで…先月は対潜戦で大破撤退が出ていたりした記憶がありますので、それに較べると今のところはかなり順調に推移している印象を受けますし、今日もこのまま無事ゲージ破壊まで持っていければよいのですけれど…。
…上で触れたとおり昨日は『うさぎですか?』を読みましたので、弥生さんとチノさんが重なる…そして、そういえば1-6の戦闘BGMも先日届いたサントラその2に収録されておらず、この曲も大好きですので春のイベントの曲などとともどもサントラその3に期待です。

3-5への出撃はあくまで1-5や1-6優先ということで、最後に五月雨さんたち私の艦隊では(弥生さんはいませんけれど)最高レベルな駆逐艦の皆さんと阿武隈さんによる水雷戦隊のみの出撃…。
初戦はB判定勝利ながら高波さん中破のみで損害を抑えられ先へ進め、第2戦は阿武隈さん大破浜風さん中破でさらに戦術的敗北、C判定となり終了…。
こうなることは覚悟していたながら、実際にそうなるとやはり悲しく厳しい…これまでの挑戦で水雷戦隊ルートも実績は確かにあるのですけれど5回挑戦して1回ボスを撃破できればいい程度のものとなっていますし、本命はやはり北上ルートになりそうです。
…あまりに難航するみたいでしたら、流星改を載せた速吸さんが水雷戦隊ルートで運用できたりするのか真剣に検討する必要もあるかも、です?(あるいは瑞穂さん…?)

その3-5を無事今月中に終えることができたら次は最前線海域である5-1へ出撃することになりますけれど、とっても大好きなあのかたのお話ではそこは駆逐艦2と重巡洋艦2でルート固定ができるそうです。
後半の海域に至って4人もの数を固定されるのは厳しい印象で、残り2人はもう戦艦1空母1で確定な印象を受けますけれど、果たしてどうなるでしょう…そしてそれ以前にそこへ挑む前提となる3-5のゲージ破壊は終わるのでしょうか…。
…5-1を突破できたら4-5が開放されるといいますけれど、もしもそうなったらそちらのゲージ破壊はどうしましょうか…突破できた時期と難易度による、となりそうです?


その様な昨日は先日届きました『よるのないくに』もはじめてみました。
こちらの作品はあのかたに百合が期待できると教えていただけたものながら、ほとんど全くといっていいほど事前知識もなしで開始しますので、果たしてどうなるか不安半分期待半分というところで…?
ここ最近(?)プレイしたRPG系ゲーム、以前している『永遠のフィレーナ』や以前している『バズー!魔法世界』の様なレトロゲームはともかく、新作といえるものは以前している『サモンナイト5』や以前している『七竜2020-2』、あるいは以前している『Fate/EXTRA CCC』はいずれも過去に前作をしている作品群になりますので、システムやストーリー面など色々と完全未知数でしたものとなると何以来になるのでしょう、以前している(これは新作というわけではないですが)『スパロボA』や以前している『ヒーローズファンタジア』、あるいは以前している『七竜2020』にまで遡ってしまうことになります?
いずれにしても過去にプレイしたRPG系ゲームは取っ掛かりは難しそうに感じられても一応全て何とかなっていますので、それら同様に説明書を読んでも難しそうとしか感じられずよく理解できなかった今作も何とかなると信じたいものです?

ゲームを開始してみるといきなり意外なことが判明…てっきり完全ファンタジー世界のお話なのかと思いきや何と普通に地球、ヨーロッパのお話でした…19世紀から20世紀あたりの世界っぽいです?
ただ、この世界では過去に倒された者が呪いを振り撒き邪妖なる生物が夜には跋扈してしまっているといいます。
主人公のアーナスさんという女のかたはそれを討伐する立ち位置のかたのご様子…その任務のためにやってきた、北海にあるという架空かつ地図にはないという島(アーナスさんの言葉では小さそうな島とのことでしたけれど、その割にオープニングを見る限り北海にアイルランドほどの大きな島があって、これを地図に載せないのは無理といえるレベルでしたが/何)でリュリーティスさんという親友な女のかたと再会するのですけれど、でも開始早々、戦闘のチュートリアル後にそのかたが邪妖にさらわれてしまい、それを追って本格的に戦闘がはじまります。
…このアーナスさんとリュリーティスさんの関係がなかなかよさげで、百合的にはやっぱりそのあたりが見所になってくださいそうです?

戦闘はアクションRPGとなっていて、ボタン操作をまずは慣れることが先決…とりあえずはじめのうちは従魔と呼ばれるパートナーを呼び出さなくてもアーナスさんの連続攻撃だけで何とかなっていきます。
他のゲームの癖で何もないところで○ボタンを押して特殊攻撃が発動してSPが無意味に消費される、なんて事態も起こってしまったりして、これはボタン配置を変更する必要性があるかもですけれど、ひとまずはそのままで進んでみます。

しばらく進むとホテルに到着、そこでセーブが可能となったりアイテムを購入できたりできる様になり、またリュリーティスさんがいそうな場所を教えていただけ、次はそこへ向かうことになります。
ただ、フィールド間移動の選択肢にホテルへ向かうまでに進んできた場所があり、そちらを選択するとそちらで普通に戦闘ができました…ですのでレベル上げは可能、ということになります。
ただ、時間表示が現れており、この時間が0になると強制退場となる模様…とはいえ強制退場となっても特にペナルティなどはない模様ですので、気にしなくてもよさそうではあります?
とはいえレベルに関しては普通に戦うだけでは上がらないっぽく、わずかのお金を得た以外は何も起こらず…戦闘に慣れる以上の意味はありませんし、大人しく先へ進むべきっぽいです?

昨日はその様なところまででして、ほんの触り程度といったところ…。
第一印象、まずはキャラクターについてはメイン2人だけなのですけれど、かっこいい雰囲気の主人公さんにほんわかお姫さまタイプのかた、という組み合わせですので、ちょうど上で触れた『フィレーナ』のお二人、あるいは主人公のアーナスさんに半妖という設定があるあたり以前している『サガ・フロンティア』のアセルスさんに重なるところもあり、いずれにしても(アセルスさんも白薔薇姫さんなどいらっしゃいましたし)百合的に期待できる雰囲気を感じます。
作品の雰囲気もそのアセルスさんなお話に近しいものを感じますかも…普通に地球、ヨーロッパを舞台にしたお話、というのは結構意外でしたけれども…。

戦闘面についてはアクションRPGで、従魔へ指示を出したりとやることは結構多いですけれど、今のところの難易度自体は以前している『マイソロ3』と同じくらいに感じます?
ただ、これはあくまではじめの時点での話で、この先敵が強くなっていったり、あるいは武器選択など操作が大変になってきたらどうなるか解りませんけれど、そこは何とかなると信じるしかなく…今のところは面白いと感じますよ?

その他、グラフィックの面は普通かも、というところ…上で触れた『CCC』とそう大差なく感じられますけれど、アクションRPGで激しくキャラクターの動く作品ですし、『CCC』と同程度でしたら十分よいものですから、つまり問題ありません。
音楽はやはりよいものですし、この先も期待できそう…ということでつまりは第一印象はなかなかよいもので期待できそう、ということでこの先ものんびり無理はせず進めていきましょう。
…これで『七竜3』との兼ね合いが難しくなってきました…『七竜3』にアサミーナさん(やかなさまやすみれさんと里緒菜さん、彩菜さんあたり)に合うキャラクターメイクがなければこちらを優先しましょうか。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:50 | Comment(3) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
お久しぶりです。「よるのないくに」をプレイされたのですね。私も先日vistaをお迎えしまして(「よるのないくに」は売り切れどしたが)、vistaは起動する度にタッチパネル式は抵抗があります。(何)しかし白衣性愛情依存症をする事が出来ます!楽しみです。

さて
艦これで
どうやら「」任務で手に入れるらしいです。

Posted by 湊 at 2015年10月03日 19:57
すみません。ボタンを変な風に押してしました。
タッチパネルは苦手です(何)

カタパルトは
「機動部隊の運用を強化せよ 」をクリアすると手に入れるらしいです。
ただし
・ろ号を終わっている事
・第八駆逐艦で2-3のボスに勝つ事
で発生する

『「第五航空戦隊」珊瑚諸島沖に出撃せよ!』
「翔鶴」「瑞鶴」「秋雲」「朧」の4隻指定で5-2のボスに勝利。
が条件らしいです。

なので5-2を攻略する際に請け負うと良いらしいです。

らしい。らしい
と書いていますが
私は、第八駆逐艦で苦戦している為です。


役に立つかどうか分からないコメントになってしまい申し訳ございませんでした。(しかも途中で書き込みボタンを押して更に意味不明に……すみません)
Posted by 湊 at 2015年10月03日 20:09
湊さまへ>
わざわざのコメント、ありがとうございます…文章のうち間違えはどうかお気になさらず、私もタッチパネルというものに抵抗があることもあって携帯電話をずっと替えずに時代に取り残されていっていますし…(何)

そう、ヴィータさんは起動時にあれを強制してくるのがつらいです…指紋がついてしまいますから毎回拭くことになりますし、スマートフォンならともかくボタンのあるヴィータさんであれを強制してくる意味が解りません…。
『白愛』はなかなかファンタジーなお話になっていますけれど、過去の『ソルフェージュ』や『白恋』ネタもありますし、なかなか悪くないものかと…やってみて損はないかと思います。
『よるのないくに』は売り切れていたのですか…最近はゲームソフトは冬の時代かと思っていたのですけれど、売れるものは売れるということなのかもしれず、そうでしたら少し嬉しいかもしれません。

『艦これ』のカタパルト入手への道をお教えくださり、ありがとうございます…その5-2出撃任務は出ているのですけれど、私の艦隊はまだ5-2まで到達していないので、現状では物理的に挑戦は無理なのでした…。
特定のかたを指定される出撃任務はそのかたを育てていないと時間がかかってしまうものですけれど、でも期間限定の任務というわけでもないですし、お互い焦らずに進めていきましょう。
Posted by 桜乃彩葉 at 2015年10月04日 22:49
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164889273
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック