2015年10月04日

手のひらサイズの女の子が…こんなに愛おしいなんて…。

先日読みましたコミックの感想です。
最終巻でした
□サンタクロース・オフ!(2)
■阿部かなりさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.6)
 ○内容評価:★★★★☆(4.0)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしましたものとなりまして、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。

内容としましては、力を失ったサンタクロースと一緒に暮らすことになった女の子の日常を描いた4コマ、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でも引き続き睦月さんとサンタクロースな雪日さんを中心とした日常が描かれていまして、この巻では新たに雪日さんの秘密を知るかたとして鈴璃さんというかたが登場します。
睦月さんのクラスメイトな彼女は神社の娘さんで、霊的なものを結構感じることができる模様…ちょっと独特な雰囲気をした子なのですけれど、彼女も協力をしてくださることになりました。

何を協力するのか、といえばそれはもちろん雪日さんが失ったサンタクロースとしての力の欠片を集めること…この作品の主題はそれで、この巻ではその顛末が結構しっかりと描かれていきます。
残った2つの欠片はかなりの紆余曲折を経て集めることができ、雪日さんはその力を取り戻すことに…それは同時に睦月さんとの別れを意味します。
その様なお話になることからも解る様に、この作品はこの巻で完結、最終巻となっています。
この手の作品はその後も何かしらのかたちでお二人がお会いしたりすることがあるものですけれど、この作品では手紙を一度書いて終わりになって、その終わりかたの流れも結構切ない…少し泣けてしまいましたけれど、作者のかたも1話を描いた時点でこの結末を用意していたそうで、それを思って泣いてしまった模様です?
その他、カバー下にはサンタクロースなかたへのインタビューをしたおまけ4コマが収録されています。

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはどうでしょうか、特にはないかと思われますけれど、登場人物は女の子のみですのでそのあたりは安心です。
ということで、こちらはこの巻で最終巻…終わりかたは結構切なかったのですけれど、でも基本は微笑ましいお話ですよ?


また、その様な先日はこの様なものが届いていました。
-----
DVDが…
○ハロー!きんいろモザイク(4)
○幸腹グラフィティ(6)
○THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS(5)
-----
…こちらは全て予約をしていたDVDとなります。

今回届いたものたちはいずれも過去に既刊が届いているものたちとなり、その中でも『幸腹グラフィティ』は今回で最終巻となります。
その『幸腹』は最終巻らしく全巻収納boxや写真ケースといったものがついてきて、『シンデレラガールズ』にも写真ケースがついてきました。

この9月から10月初頭にかけてはこの3作に『レーカン!』『のんのんびより』第2期に『わかば*ガール』と6作品も購入が重なってお金の面で大変…ようやく『幸腹』が今回で終わり、また『わかば*ガール』はショートアニメでもう1巻で終わりとはいえ、今期はさらに最低でも『うさぎですか?』第2期と『ゆるゆり』第3期があるっぽく、当分は数が減りません…。


昨日はその様な3作品の中から、最終巻な『幸腹』は最後に取っておくとして、『きんいろ』第2期の第4巻を観てみました。

第7話は『マイ・ディア・ヒーロー』ということで、6月に入った頃のお話…このお話はカレンさんが主役となっていて、そのためオープニング曲も出だしが少しいつもと異なっていました。
まずはカレンさんが夏服にアレンジをしてやってきたのですけれど、陽子さんにそのうち親が呼び出されるかも、と言われて素直に普通の服に着替えます…母親をかなり恐れている様子ですけれど…?
父親とは非常に仲の良いカレンさんなのですけれど、その日はちょっとしたことで喧嘩になってしまい、家出をして忍さんたちのお家にお泊りをすることに…喧嘩はすぐに仲直りできるのですけれど、お泊り自体はやっぱり楽しいものです。
後半はカレンさんとアリスさんの想い出話…忍さんがホームステイから帰って少しした頃のお話が見られ、この頃は確かにアリスさんのほうがお姉さんなご様子で…?

第8話は『もうすぐ夏休み』ということで、タイトルどおりのお話…。
昨年は皆さんで山などへ行ったのですけれど、今年こそは海へ行きたいと意気込む陽子さん…それに対しカレンさんが空に行きたい、なんておっしゃってまた対立しますけれど、今回はカレンさんが折れます。
夏休みが楽しみになりますけれど、その前に期末試験があり、放課後にハンバーガーショップでテスト勉強をすることに…でも、例によって勉強にはならなくって、またその場で夏休みにアリスさんは実家に一度帰ってはどうか、というお話も出まして…?
期末試験も終わり、大掃除をしたりして1学期も終わり、アリスさんたちは海のために水着を買いにいって準備も万端…忍さんは通知表を見せるのが恐ろしいことになったみたいですけれど…。

ということで今回の2話なのですけれど…特に第8話は妙に皆さんハイテンションになっていてかなりおかしなことになっていた印象を受けます?
陽子さんはもちろん、アリスさんや綾さん、久世橋先生まで面白いことになっていて、むしろカレンさんが落ち着いている様に見えるほど…微笑ましさよりおバカで笑える方向が先行したお話となっていましたけれど、もちろんそれもよいものです。
こうなると次のお話は夏休みのお話になると思いますし、やっぱり微笑ましく楽しいよい、安心して観ることのできる作品ですので、引き続き楽しみにしましょう。


『艦隊これくしょん』は遠征に出ていらした早霜さんと秋雲さんが相次いでがレベル30で改仕様となることができました…これで遠征艦隊の枠が相当空いてきましたので、その空いた枠にはどんどん育てたくまた燃費もよい感じな睦月型の皆さんを入れておきます。
改仕様となったお二人、秋雲さんはともかくとして早霜さんは水上電探と対空電探を両方装備していたりしました。
また、秋雲さんが遠征から解放されたことにより彼女を必要とする編成任務2つ、つまり阿武隈さん改二仕様を旗艦として響さん・夕雲さん・長波さん・秋雲さん・島風さんによる艦隊を編成というものと、翔鶴さんと瑞鶴さんのお二人に朧さんと秋雲さんを随伴させるというものの両方が達成されました。
前者を達成することによりその編成で3-2へ、後者を達成することによりその編成で珊瑚諸島(5-2?)へ出撃する任務がそれぞれ出現…前者は予想通りといえ、後者はまだそんな場所まで進んでいませんので、拡張海域のゲージ破壊が終わったら前者に挑戦することになりそうです(阿武隈さん率いる艦隊で3-2出撃、前回は(仮)の五月雨さんがいたりしたのですけれど、今回は現状お気に入り駆逐艦に入れることができているかたもおらず全員レベルが低めということで厳しい戦いが予想されそうです?)
ともかく、秋雲さんは出撃任務で使用しなくてはいけませんし、また早霜さんは個人的にかなり好きですので、近代化改修はお二人を優先することに…そして早霜さんは近代化改修が終わったら3-2で優先的にレベル上げをしてお気に入り駆逐艦な皆さんに加えようと思います。

開発は失敗、12mm機銃、20cm連装砲、失敗といつも通りの惨状…早霜さんに装備したことで10cm連装高角砲の在庫が残り2つになってしまいましたし、こちらをどうか…。

戦いのほうはまずは日々の任務な輸送船3撃沈からで、通商破壊艦隊による2-2へのはじめの出撃で輸送船エリアへ到達、けれどル級さん+輸送船2という外れ編制に遭遇し三隈さん大破かつ任務も失敗…三隈さんが「ひどすぎます…」とおっしゃられましたけれど、まさにそのとおり…。
2度めの出撃も北上しつつも何とか輸送船エリアへ到達、またル級さん+輸送船2というため息編成ながら任務自体は達成となりました。
引き続き南西諸島制海権任務にも挑戦し、3連続でボス直行という非常に幸先の良い出だし…その次は2連続で北上→ボス前で南下し輸送船、となってしまいやはりそうそううまくはいかないことを思い知らされますけれど、でも確率としては間違っていない配分といえてしまいます?
ちなみにその後もはじめの分岐では北上し続け、やはりはじめの分岐は北上する確率のほうが高そうな印象…しかも北上した先での戦いで全ての攻撃が球磨さんへ命中し微少ダメージだけで小破に至る悲劇も発生しましたけれど、ともかく南西諸島任務も達成となります。
また、昨日は空母3撃沈任務も発動していましたけれど、ボス戦5回中2回がヲ級さん編成となりそちらもこの時点で達成となったのでした。

そこからは引き続き拡張海域のゲージ破壊ということで、まずは1-6へ先日同様に弥生さん率いる水雷戦隊を出撃…南西諸島制海権任務後の潜水艦撃沈任務も一緒に達成となります。
はじめの出撃、対潜戦は弥生さんが攻撃を外してしまい全滅はできず、航空戦は赤いヲ級さん1だけという一番甘いと思われる編成となり潮さんの対空カットインが2度発動したこともあり損害なし(彼我損害皆無でD敗北になるのは納得できない…/何)となり、問題の最終戦は金のリ級さんが出現し彼女により反航戦ながら潮さんが一撃大破を受け他に損害はないもののリ級さんと金の軽巡洋艦が小破で残るので大事を取り夜戦は控えB判定勝利、無事母港に帰港しボーキサイト100(少なすぎ…)を得ました。
2度めの出撃、対潜戦は完全勝利となり、航空戦は金と赤のヲ級さんとなり時雨さんが中破、問題の最終戦は赤い軽空母を含む艦隊となり時雨さんが大破しますけれど敵も旗艦大破その他撃沈となりましたので夜戦を挑み全滅、無事帰港し燃料700を得ました。
3度めの出撃、対潜戦は全員色なしの潜水艦相手となり完全勝利、航空戦は赤いヲ級さん一人の編成となり潮さんの対空カットインも発動し彼我損害皆無、問題の最終戦は金の軽巡洋艦率いる普通の水雷戦隊との戦いとなり名取さん大破ながら相手も軽巡洋艦大破(名取さんと敵軽巡がそれぞれに雷撃を放って両方大破…)その他撃沈となったので夜戦を挑み敵を全滅、無事帰港し燃料1,000を得ました。

こうして1-6は無事ゲージ破壊…というより消滅に成功、プレゼント箱を得ました。
今回はほぼ毎回最終戦で大破こそ出てしまったものの途中撤退はなく順調にいったほう、といえそうです?

3-5はまずは水雷戦隊ルート、五月雨さんたちと阿武隈さんによる艦隊を出撃させてみます。
初戦は微少ダメージのみで敵の全滅に成功、第2戦も敵の全滅こそできないながら微少ダメージのみでB判定勝利を得ました…ここまでの結果は今までにないほど順調すぎるほど順調です。
そしてついに今月初のボス戦へ進むこととなり、五月雨さんが演習任務で得た戦闘糧食をさっそく食し消滅させつつでも金のタ級さんの初撃より早々に中破、しかもただでさえ反航戦なのに駆逐艦の皆さんが無意味にタ級さんばかり狙う悲劇発生…結果昼戦終了時点で輸送船1駆逐艦1撃沈に対し朝潮さん大破五月雨さん高波さん中破夕立さん浜風さん小破という厳しい情勢となります。
夜戦では五月雨さんが駆逐艦を狙ってしまい敵旗艦のツ級さんが2番艦の夕立さんを大破させてしまいますけれど3番艦の浜風さんがそのツ級さんを撃沈、さらに残った2人で輸送船とタ級さんを撃沈し、大破2中破2小破1微少ダメージ1の大損害ながら敵の全滅に成功しました。

3-5について、昨日は羽黒さんたちによる北上ルートにも挑戦…。
こちら、初戦は比較的順調にいくことが多くなり今回も完全勝利、第2戦はタケシーの様なものを飛ばす金のヲ級さんや金のタ級さんなどの十分脅威なお相手となり羽黒さんが中破してしまいます…。
そして問題の第3戦、北方棲姫さんとの戦い、航空戦は空母3全てに流星改2+烈風2ずつの搭載で制空権確保となりましたけれど、羽黒さん大破鈴谷さん中破で終了…相手は北方棲姫さん損壊その他撃沈となり夜戦を挑めばほぼ確実に全滅できたところながら悲しくなったのでそうせずに撤退しました…。

この様にやはり3-5は水雷戦隊ルートではボスにたどりつけ撃破できたとしてもぼこぼこになり、北上ルートは北方棲姫さんが鬼門となる地獄の海域…先月は水雷戦隊、北上ルーとともに比較的順調に推移した記憶があったのですけれど、それはただ単に運が相当よかっただけのことでした模様…。
まだまだ苦しみはながく続きそうですけれど、これがもしも終わっても次は3-2任務と同様に厳しい戦いになることが決まりましたし、焦らずのんびりいきましょうか…。


『よるのないくに』も進行し、先日の続きということでさらわれたリュリーティスさんのいそうな洋館へ向かいます。
まずは戦闘をしていきつつ先へ進むことになりますけれど、イベント戦闘でも普通に制限時間があるご様子…まずは何とかなっているので問題ない感じです。
戦闘も普通に戦えていけていますし、どんどん先へ進むと謎の扉があり、そこへ入るとホテルへ戻ってしまいました…以前している『七竜2020-2』などにもあった中継ポイントになるわけで、そこのホテルは過去には妖魔が使っていた場所だというのでその様な不思議現象もありだといいます?

その戦いの過程で新しい従魔を作れるアイテムを入手しましたので、ホテルへ帰ったところでそれを実施…従魔には任意でお名前を付けることができるみたいなのですけれど、ちょっと思いつかないこともありデフォルトのままにしておきました。
そこから再出撃をするのですけれど、まずは中継ポイントを用いずはじめの地点から再戦してみることに…アーナスさんのレベル上げ方法は特殊っぽいのですぐにレベルは上げられないながら従魔には普通に経験値が割り振られ、またアイテムも普通に入手できますのでレベル上げは可能っぽいです。
ただ、はじめの地点からはじめた場合、中継ポイントのある場所までたどり着いても時間は回復せず、ですので踏破を目指す場合は素直に中継ポイントからはじめるべきな模様です。

その様な昨日は従魔のかたがたのレベルを2にしてから先へ進もうかな、ということでのんびり周回…やはりアクションRPGというのは楽しいものですし、のんびりしてよいですよね、ね?
…ちなみに草を切り払ってもアイテムなどが出るときがあるっぽいです?(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164958890
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック