2016年01月11日

睦月型のほんとのチカラっ! ひとまとめ

先日読みましたコミックの感想です。
総集編です
□睦月型のほんとのチカラっ! ひとまとめ
■長塩さま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★★(4.6)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.3)
 ○総合評価:★★★★☆(4.2)

こちらは過日色々なものとともに届いたものとなりまして、好きな作品ということで購入をしたものとなります。
同人誌と一緒に届いていることからも解る様に、こちらは以前読んでいる『みりおんぱーてぃー!!』などと同様にコミックサイズながら同人誌となります(表紙カバーはないのですけれど、かなりのページ数になっていましたので…)
こちらは元はゲームとなり以前読んでいるものなどコミカライズ版や以前読んでいるものなどアンソロジーも多々出ている『艦これ』の二次創作作品となります。

内容としましては、『艦これ』に登場する皆さんの中でも駆逐艦の睦月型の皆さんをメインとしたお話、となるでしょうか。
こちらの作品はサークル【万里の少女】さまが過去に出された同人誌の総集編…こちらの作品は以前購入をしている『にゃんこのチカラっ!』を置いておくと以前購入をしている第6巻まで同人誌が出ていますけれど、今回はその中から以前購入をしている第4巻までが収録されています。
またさらにコピー本など私の持っていないものからの収録も後半に収められており、その次には描き下ろしなお話も収録されています。

お話のほうは、その様な皆さんの日常を描いたもの…睦月型の皆さんの中でも何組かに分かれて、それぞれの鎮守府での日常を描いています。
基本的にはかわいく微笑ましく楽しいお話になっているのですけれど、ところどころちょっと泣けてしまう様なお話もあったりして…史実(や私は観ていないアニメでのこと)が絡むとちょっと切なくもなることもあるながら、それでもそれをよいお話にしてくださっていますので安心です。
睦月型の皆さんの中で個人的には弥生さんが特に大好きなのですけれど、その弥生さんも無表情ながら甘えたがりなところが見られてかわいらしく、他の皆さんもそれぞれにとっても微笑ましくなっていてやはりよいもので満足です。

その他、巻末には『ゆうぐもがた』という、タイトル通り睦月型ではなくって夕雲型の皆さんを題材としたお話も収録されています。
こちらもこちらでやはり微笑ましいものとなっており、また早霜さんのお話は少し切なくもやっぱりよいお話となっていました。

イラストはなかなかよきものです。
百合的には皆さん仲がよくよい感じで、特に睦月さんと如月さんのお二人の関係がよいものでしょうか。
ということで、こちらはやはり微笑ましく少し泣けたりもするよいお話で、睦月型がお好きなかたでしたら満足のいく作品であるのは間違いないかと…第5巻以降は収録されていませんし、今後も皆さんを描かれるご様子ですので、総集編の第2巻も期待できるかもしれません?


また、同時にこちらも読みましたので…。
アンソロジーです
□ガールズ&パンツァー コミックアンソロジー SIDE:黒森峰女学園
■アンソロジー
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.3)
 ○内容評価:★★★★☆(4.0)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.3)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.4)

こちらは過日色々なものとともに購入をしたものとなりまして、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『ろこどる』や『シンデレラガールズ』『ゆるゆり』などのアンソロジーと同じとなります。
タイトルから解る様にこちらは以前OVAを観ている様にアニメ化されており劇場版も公開され、その他ゲーム化もされており以前読んでいるものなどコミカライズ版や以前読んでいるものなど別のアンソロジーも出ているものとなります。
…上の作品同様にとっても大好きなあのかたのお好きなものを取り扱った作品、ということで一緒に読んでみました。

内容としましては、タイトルどおりのもの…『ガールズ&パンツァー』のアンソロジーとなります。
と、説明がやはり以前読んでいる既刊の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
こちらはタイトルから解る様に作中に登場した各学校の皆さんを主役としたアンソロジーとなっており、今回はもちろん黒森峰女学園の皆さんのものとなっています…これでアニメに登場した学校のアンソロジーは一通り出た、ということになります。

執筆されていらっしゃる作家さまで私がコミックなど持っているかたとしましては、以前読んでいる『アホっぽいネコ耳女子高生』のHRDさまがいらっしゃいました。
その他、別のアンソロジーでお見かけしたことのあるかたがちらほらいらしたかと思います。

お話のほうは、ということで黒森峰の皆さんを題材としたアンソロジーとなります。
黒森峰、というとやはりまほさんとエリカさんが全て、という印象がありこのアンソロジーでももちろんそのお二人が主役となってきます。
また、みほさんが黒森峰にいた頃のお話、そうでなくっても彼女が様々なかたちでお話に絡んでくる場合が多かった印象…まほさんの妹、ということでもありますからそのあたりは仕方のない面があります?
お話はアンソロジーということで基本的にやはり楽しいコメディが中心で、またアニメ本編ではそこまでではなかった印象がありますけれど、こちらは案外百合的にも高めの印象…カップリングとしてはまほさんとエリカさん、あるいはまほさんとみほさんになるわけですけれど、エリカさんとみほさんなんていう場合もあったりして…?

イラストはアンソロジーですので玉石混淆ではありますけれども悪くありません。
百合的には上で触れたとおり、案外と高いものがあります。
ということで、これで各校を舞台にしたアンソロジーは一通り出たわけで、これで終わりとなるのでしょうか…以前読んでいるマジノ女学院などを出してもよいのですよ?(というよりマジノ女学院戦はOVAを出してほしいかも…)


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、失敗、25mm連装機銃、水偵ということで、いつも通りの惨状…。
また、改装設計図が4つ得られさらにカタパルトもありましたので、翔鶴さんと迷いましたけれどもまずは瑞鶴さんを改二仕様にしました…ここからさらに装甲空母にもできるみたいなのですけれど、どちらがよいのかいまいちよく解らず、また装甲空母にする際に結構な量の資源や開発資材が消滅することもありひとまずはこのままで様子を見ることにしました。
ちなみに悲しいことに瑞鶴さんは改二仕様になった際に何も装備を持ってきてくださいませんでした…。

戦いのほうはまずはいつも通り輸送船3撃沈任務実施のため通商破壊艦隊を2-2へ派遣、はじめの出撃で輸送船エリアへ到達するものの、本当にいつもの様にといえるほど例によってとなっているル級さん+輸送船2の外れ編成となり任務失敗な上に衣笠さんが大破します。
2回めの出撃も輸送船エリアへ到達、また例によって2回めでは輸送船4の当たり編成となるという一種の嫌がらせにすら感じられる展開…任務は達成となります。

引き続き南西諸島制海権任務を実施、いつも通り2-2へ任務用艦隊を派遣するのですけれど、昨日は空母3撃沈任務も発動しており南西諸島任務用艦隊が1巡してヲ級さん編成に遭遇しなかったこともあり同時に潜水艦隊を2-3へ派遣します。
ところがその2-3、はじめの分岐で北上した先の初戦で6人中6人が同じ相手に先制雷撃をした上に相手が複縦陣のT字有利という最低の展開となり伊168さんが中破…その先は輸送船エリアへ流され空母2を撃沈します。
その後南西諸島任務用艦隊は2巡で任務を完了したもののヲ級さん編成は0回で空母撃沈任務は完了できませんでしたけれど、潜水艦隊をそれ以上出撃させることはせず、場合によっては空母撃沈もあり得る4-5の顛末をまずは見ることにしました。
その2-2のほうはボス撃破5回までにはじめの分岐での北上は3回、輸送船エリアへはボス前での南下1回を含む2回と、ボス戦では赤いリ級さんに矢矧さんが一撃大破を受けたりもしたもののまずまず順調といえ30分とかからず完了となりました。
これでこの数日本当に極めて順調に南西諸島任務が終わっており、週間任務が出現する月曜日である今日に反動がこないことを願うばかりです。
…そしてやはり赤城さんが攻撃時のみ村雨さんの声になります…どうしたのでしょう、村雨さんが変装しているのでしょうか(何)

南西諸島任務後の潜水艦撃沈任務、そして2つの1-5出撃任務をこなすべく、1-5へいつもの皆さんの艦隊を出撃させます。
絶望の初戦は五十鈴さんが狙われますけれどもでもその先制雷撃は外れてくださり、恐怖の第2・3戦は無事切り抜け、ボス戦は日向さんが8の損害を受けつつT字有利となり敵の全滅に成功しました。
これでろ号作戦後に出現する1-5出撃任務は終了しましたけれど、海上護衛強化月間はまだ50%達成もつきません…大丈夫でしょうか…。

拡張海域は泥沼化している趣がいよいよ強くなってきた4-5へ、先日同様に比叡さんを旗艦とした戦艦4・空母2の重い編成による艦隊を、もちろん夜戦となる最短距離は避けて出撃を実施します。
その初戦は大きな損害なく敵を全滅、対潜戦となる第2戦は損害なくB判定勝利、異常に強力な編成なお相手な第3戦は3-5北上ルートの北方棲姫さんとの戦い同様に無事に切り抜けることのみを考え輪形陣を取ってみまして、金のヲ級さん1を撃沈したのみながらこちらは小破もなくB判定勝利、空母3撃沈任務を達成できました。
そうしてたどり着けたボス戦、航空戦で航空優勢なのに相手は損害なくこちらは蒼龍さんが中破し無力化、昼戦で蒼龍さんが大破しますけれどもただお相手の攻撃がほぼ全てその蒼龍さんに集中し結果的に被害担当艦になってくださり、それ対しお相手は港湾棲姫さん混乱ル級さん改赤いネ級さん小破で夜戦となり、翔鶴さんが中破しつつ比叡さんがル級さん改を、榛名さんがネ級さんを撃沈し扶桑さんと山城さんで港湾棲姫さんを破壊、敵の全滅に成功しました。
…今回も艦載機の全滅はなく、これは艦載機蒸発の要因となっていると推測されるツ級さんがボス前の軽巡棲鬼さんとの戦いには含まれていないからかと思われます?(重巡洋艦を中心とした編成で進むボス前にはツ級さんがおり、初戦とあわせて2回遭遇することに…)

これで何とか4-5のゲージ破壊に成功、まだ5-2までしか進んでいないので度外視される5-5を除くと拡張海域を全て突破、勲章を4つ得られ冒頭で触れた様なことをしました。
そういえば思い出しましたけれど、先月のゲージ破壊成功の際も被害担当艦のかたに攻撃が集中して他の皆さんが無事に残存できて、という展開だったのでした…こうなるともう本当に運になってしまい、何回ぼこぼこにされても諦めずに挑戦を続ける、ということになってきてしまいます?
編成については、ゲージ破壊直前まではこれまでどおり重巡洋艦を中心とした編成で問題ありませんけれど、ゲージ破壊直前はどうしましょうか…そういう完全な運となるとそちらも今回の様な重すぎる編成ではなくって先月ゲージ破壊に成功している重巡洋艦を中心とした編成でもよい気がしますけれど、そこは両方で様子を見て、ということにします?
そもそもきつすぎるので諦める、ということを検討してもよいのかもですけれど、でもここを突破できれば1ヶ月で確実に1つ改装設計図が入手できるのですよね…戦艦や空母なかたがたを活躍させることのできる唯一の拡張海域(3-5はもう水雷戦隊ルートのみで…)、ということで今後も何とか挑んでいきます、か…?

今後についてですけれど、榛名さんや西村艦隊で南方海域へ、という現状でも実施可能な任務が残っていますけれど、こちらは本当に南方海域でしたらどこでもよいのかよく解らず、またちょっと疲れてしまったこともあり、しばらくは資源の回復とレベル上げのみにとどめておこうかなと思います?(4-5でかなり資源が消滅しましたし、しかも運営電文を見るとどうも次のイベントは来月の上旬からだといいますし…?)
その分ようやく『その花』の新作に手を付けることができそう…ながら、今日は月曜日で諸々の週間任務消滅をしようと思いますから、『その花』に手を付けることができるのは明日から、ということになりそうでしょうか。


無印の『七竜』は監視キャンプ東方にある砂漠の探索を行うのですけれど、ここにはたくさんの洞窟があり、そこは鉱山となっており場所によっては鉱山で働く人たちの酒場や宿屋があってそこでクエストが発生したりもしました。
ドラゴンなどは問題なく倒せる場所なのですけれど、ダンジョンの奥のほうは砂嵐が発生しているので立ち入り禁止、とルシェの兵士に止められてしまい先へ進めず、結局このダンジョンも現状ではドラゴンの全滅は不可能、ということになってしまったのでした…。


先日のアサミーナさんとかなさまの放送で触れた件については、とりあえず第1話の時点では悪くはなさそう、という印象を受けました。
BGMや主人公など一部軽い印象を受けましたけれど、そんなことは昨年までのいわゆる駄作群に較べると大した問題ではないかな、と…主人公が子役なし、というのもよいことです。
『風林火山』を最後の名作としている身としては、武田勝頼がしっかりしたキャラクターになっていてその最期がしっかり描かれそう、というのは期待するに十分な印象ですし…まだまだ油断は禁物なわけですけれど、とりあえずは引き続き見守ってみてよいと思います。
…実は北条派ですのではっきり言うと武田氏も真田氏もどちらかというと、なのは秘密…それでも『風林火山』は(北条氏康がかっこよかったこともあり/何)楽しめましたし、今作は北条氏政が小物の雰囲気をまとっているのが不安ではありますが、まぁ気にしないでおきましょうか…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171690033
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック