2016年04月21日

月が綺麗ですね

先日読みましたコミックの感想です。
よきものでした
□月が綺麗ですね(1)
■伊藤ハチさま
 ○イラスト評価:★★★★★(4.8)
 ○内容評価:★★★★★(4.7)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.5)
 ○総合評価:★★★★☆(4.4)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、百合が確実な作品ということで購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなる百合姫コミックスとなりますけれど、こちらは大判サイズではないものとなります。
作者のかたは以前読んでいる『小百合さんの妹は天使』などを描かれたかたとなります。

内容としましては、女性同士の結婚のできる世界で結婚をしたかたがたの日常を描いたお話、となるでしょうか。
お話の世界観としては、文明レベルは大正か昭和初期を思わせる日本の雰囲気、そして同性同士の結婚が公式に認められた…そして人々は獣耳をしていたりします。
その様なお話の主人公は春日ちるさんという16歳の女の子…財閥の娘だという、ほんわか天然気味のところのある、ドジっ子気味なところも見られますけれども基本的に明るく前向きな微笑ましいかたです。
彼女には7年前に一度だけ会ったことのある婚約者がおり、女学校を卒業して早々にそちらに嫁ぐことになりました。

そのお相手は東雲千里さんという少し年上ので長身の、薬屋を営んでいるかた…心やさしく町の人たちから慕われている真面目なかたですけれど、少し奥手なところが見られます?
彼女の家は3年前に失火に遭い、その際に父親が亡くなられている様子…また、財閥の娘が薬屋さんと婚約をした背景には、この家に何か秘密があるところもありそうなのですけれど、ちるさんの母親がかなりの天然なだけにも見え…?(何)

その他登場人物としましては、まずはちるさんの使用人なカヨさん…前々から使用人をしており嫁いでも引き続きついてきた、しっかりものでやや厳しいことを言ったりするかたですけれど、ちるさんのことを慕っている様子の見えるかたです。
千里さんの幼馴染だという、長い黒髪の美人さんな雨宮ハクさんは占い師をしているというかた…。

お話のほうは、ということで結婚をされた女の子の日常を描いたもの…。
お二人は7年前に一度お会いしただけでしたのでこの機会に改めてお互いのことを知っていく、という感じですけれど、お互いの性格といいかなり初々しくて微笑ましい感じです。
世間知らずで天然気味なお嬢さまながら何とか千里さんのお嫁さんとして頑張ろうとするちるさんはかわいらしく、そして7年間お会いできなかったとはいえお互いにお互いのことをきちんと想っていらっしゃる様子も見えてよきものです。
とにかくこの作品は微笑ましい雰囲気を楽しむ作品、というところ…どうやら千里さんの妹さんが次巻で登場される模様ですけれど、果たしてどうなるでしょうか。

その様な今作、あとがきにもあった様に以前などに購入をしている『合法百合夫婦本』という同人誌の世界観をベースにして描かれています。
その『合法百合夫婦本』をまとめた単行本も来月に発売予定とのことで、こちらも楽しみにしましょう。

イラストはよきものです。
百合的には設定からしてよいもので、お二人の関係がこれからもっと深まっていくさまを見守りたいものです。
ということで、こちらは微笑ましく百合的にもよきもの…この作品の連載がはじまったのはちょうど私が『百合姫』購読を見限ったタイミングでしたので実際に読むのははじめてとなるながら期待通りで、引き続き見守りましょう。
…何です、『百合姫』もまだまだこんな良質な連載ができるのではないですか、では過去に聞いた話では今年中に月刊化する予定があるという雑誌購読の再開をして…みるのは、やはりやめておきますが…(何)


『艦隊これくしょん』は皐月さんがレベル75で改二仕様となれ、よりかわいさが増して非常によい感じです…引き続きレベル上げを実施し、大潮さん同様にレベル78という他のお気に入り駆逐艦の皆さんの水準にまで上げていきましょう。
改二仕様のあるかたで皐月さんを最優先でレベル上げをした理由は(暁さんと並び)任務で改二仕様な状態が必要でしたからで、改二仕様になれましたのでその任務、五十鈴さん改二仕様を旗艦とし皐月さん改二仕様と卯月さんによる艦隊を編成、という任務が実施可能…となったのですけれど、卯月さんが遠征に出ていらして昨日は実施不能でした…(何)

開発は失敗、失敗、4連装魚雷、水偵となり、いつも通りの惨状…。
演習ではこの1週間くらい、同一な、しかも数人のかたによく遭遇する様になり、すっかり覚えてしまいました…うちお一人は「五十鈴にも追加ボイスを…」というコメントで五十鈴さんお一人で置いてくださっているのですけれど五十鈴さんはとってもいいですよね、追加台詞があればとっても嬉しいことです(何)

戦いのほうは、まずは例によって輸送船3撃沈任務実施のため通商破壊艦隊を2-2へ派遣しはじめの出撃で輸送船エリアへ到達、珍しく輸送船4の当たり編成と遭遇でき任務達成となりました。
ろ号作戦が発動していますので再度通商破壊艦隊を派遣し輸送船エリアへ到達、ル級さんが存在するものの輸送船3の普通の編成と遭遇しました。

引き続き南西諸島制海権任務を実施、昨日は空母3撃沈任務が発動していましたけれどボスでのヲ級さん編成が2回出現しましたのでそれで達成となりました。
南西諸島任務自体は最終的にボス到達5回までにはじめの分岐での北上5回輸送船エリア3回うちボス前での南下2回となり、やや北上率が高めながらまずまずといった結果となりました。
ただ、輸送船エリア行きの3回が全てル級さん+輸送船2の大外れ編成となってしまいろ号作戦にほとんど寄与せずいまだ50%以上達成にもなっていないのが残念なところ…。

5-3は高速ルートでのレベル上げも実施し艦隊がボスへ到達したものの、対潜装備をしていた矢矧さんが早々に謎の集中攻撃を受け大破させられたため潜水艦撃沈が不可能となり、昼戦で勝利を諦めD敗北となりました…ただ、そこへ到達するまでの2戦はいずれもS判定勝利でしたのでよいレベル上げになったといえます(ただいくら何でもあの狙ったかの様な集中攻撃は、ボス撃破を期待しているわけではないながらちょっと…最後尾の駆逐艦のかたにも対潜装備をしてみたほうが確実なの、かも…?)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174986647
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック