2016年05月14日

もとめよ、さらばあたえられん

先日はこの様なものが届きました。
-----
オリジナルな…
○創作百合アンソロジーLuna
○百合総集編(3) ***終わらないキミのくちびる***
○夕凪マーブレット(4)
○spring lolita complex(2)
○ヴィンテージ・スイート
○もとめよ、さらばあたえられん
-----
…こちらは全て同人誌となりますので、以前届いたものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていきます。
なお、今回届いたものは全てオリジナルかつ5月5日に出たらしいものとなります。

○創作百合アンソロジーLuna《【veronique】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらはタイトル通り百合なアンソロジーとなり、以前購入をしている『Nalu』などと同じサークルさまが出されたものとなっています。
今回もかなりの厚さなものとなっており、ノベルも収録されていますけれども基本的には短編コミックなものとなり、タイトル通り(?)宇宙に関するお話が多め…もちろんメインは百合ですのでそのあたり心配なく読むことのできるものでした。

○百合総集編(3) ***終わらないキミのくちびる***《【ゆりりんの素】さま/百合度評価:★★★★☆(4.4)/★★》
こちらはタイトル通り以前購入をしている『各駅停車』などを描かれたサークルさまが過去に出された同人誌の総集編となっています。
なお、こちらは年齢制限がありますのでご注意ください。
収録作品は4作品でいずれも過去に読んでいるものとなっていますけれど、いずれも年齢制限ありとはいえかなり正統派な百合のお話となっておりよきもの…また巻末にはそのうちの1作品の後日談を描いた描き下ろしも収録されています。

○夕凪マーブレット(4)《【少女思考】さま/百合度評価:★★★★☆(3.7)/★★》
こちらは以前に既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊の続き…主人公さんと転校生さんの距離が一気に縮まるさまを描いています。
このあたりやはり正統派な百合のお話でよいものですけれど、そのさまを目撃した教師がおり、果たしてどうなるか…まだ続くご様子ですので見守りましょう。

○spring lolita complex(2)《【まいにち日曜日】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは以前に既刊を購入していることもあり購入をしたものとなります。
内容としましては、その既刊の続きとなり、年上のかたが東京へ行ってしまわれた後を描いた4コマ…。
4コマですので基本は明るく楽しいコメディですけれど、主人公のかたの想いが百合的にもよい感じで、続きを読みたくなります。

○ヴィンテージ・スイート《【鹿嵐屋】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらの内容としましては、学生時代からもう10年以上一緒にいる親友さんお二人のお話…。
お二人は長い間一緒に過ごしてきて、でもその間ずっと親友として接してきておりお互いにそれ以上の気持ちは自覚していなかったのですけれど、ふとしたことにその均衡が崩れることになり…こちらは社会人なかたの百合なお話としてかなりよいものとなっています。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『鹿4コマまんが』などを描かれたかたとなっています。

○もとめよ、さらばあたえられん《【少女2乗】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらの内容としましては、真面目な性格の社会人のかたがひょんなことから出会った女のかたに癒されるお話…。
けれどそのかたはちょっと…なお仕事をしておりそのためちょっと偏見を持ってしまいそうになるのですけれど、それでも惹かれていく、こちらは終わりかたが相当素晴らしい、こちらもまた社会人なかたの百合なお話としてかなりよいものとなっていました。
…と、こちらのサークルさま、以前読んでいる『ハートオブtheガール』などを描かれたかたとなっています。

今回は全てオリジナルなものとなりましたけれど、どれも百合的に満足のいくものとなっておりよきものでした。


その様な先日はこの様なものを購入してきたりもしていました。
-----
コミックも…
○あんハピ♪ アンソロジーコミック(吉)
○艦隊これくしょん -艦これ- コミックアラカルト 舞鶴鎮守府編(11)
○ガールズ&パンツァー コミックアンソロジー SIDE:知波単学園
○L -Ladies & Girls Love-(11)
○侵略!イカ娘(22)
○笑って!外村さん(6)
○ねこむすめ道草日記(14)
○カガクチョップ(3)
○姫のためなら死ねる(6)
○小林さんちのメイドラゴン(4)
-----
…こちらは全てコミックとなります。

『あんハピ♪』アンソロジーはおなじみとなるまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、こちらは大判サイズではないものとなり、またタイトル通りアンソロジーとなります。
…きらら系、本当は過去に既刊を読んでいるものも出ていたのですけれど、もういわゆる『マギカ』系の作品は全て切ることにしましたので…。

その他の作品群は全て過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
『イカ娘』はこの巻で最終巻となる模様です。

今回はどれも気になる作品ですので最優先で読んでいきたいところ…もうすぐ百合姫コミックスが発売するっぽいですけれども(何)
ひとまずは『艦これ』と戦車のアンソロジーからということになるでしょうか。
…帯によると『小林さんちのメイドラゴン』がアニメ化とのことですが、それ以上に謎なのは『カガクチョップ』の帯で赤崎千夏さまがその『カガクチョップ』のキャラクターの役を演じている、と書かれていたこと…アニメ化しましたっけ?

アニメといえば、今期放送のアニメのうち以前原作を読んでいる『パンでPeace!』のDVDが予約できる様になっていて、やはり予想通りショートアニメっぽいので予約をしてみました。
そちらがショートアニメでしたことから、思い切って以前原作を読んでいる『あんハピ♪』もDVD購入を実施することに…これで今期はショートアニメな『パン』を置いておいてもそちらに以前原作を読んでいる『三者三葉』に以前コミカライズ版を読んでいる『ハイスクール・フリート』と3作品も購入することにしてしまいましたけれど、果たして大丈夫でしょうか…(もちろん『ばくおん!!』は諦めざるを得ない…)
…これで来期によい作品が2作品以上あったら金銭面でかなり危険なことに…怪しいのはきらら系作品群に加え『ラブライブ!』『スト魔女』の新作あたりですが…?


『艦隊これくしょん』は比叡さんがレベル99になったということで他の皆さんももう突破させていいかな、ということで2番手として由良さんが演習でレベル99に達し、その後高雄さんと榛名さんも達しました…レベル99になると、よく見るとレベル表示のところが輝いています?
開発は8cm高角砲、九一式徹甲弾、7mm機銃、九九式艦爆となり、徹甲弾が出ましたのでよい結果です。

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務のため2-2へ通商破壊艦隊を派遣しそのはじめの分岐はもう何回連続になるか解らないほど連続な北上とさせられつつ輸送船エリアへ到達、珍しく輸送船4の当たり編成と遭遇し任務達成となりました。
ろ号作戦の進行状況が不安ですので再度通商破壊艦隊を派遣、輸送船エリアへ到達しまた輸送船4の当たり編成と遭遇できました(でもこういうことをしたときって大抵その後の展開が…そして昨日もまさに…)

引き続き南西諸島制海権任務を実施、はじめの出撃ではじめの分岐で北上させられた先の戦いとボス戦とでプリンツ・オイゲンさんが集中攻撃を受け微少ダメージのみで小破、といういきなりの意味不明な大損害を被ります。
その様な南西諸島任務、先日はストレートで終了したのですけれど、さすがにその様な幸運は続かず、むしろその反動がやってきてしまい最終的にボス到達5回までにはじめの分岐10回輸送船エリア6回うちボス前での南下4回高速建造材という完全無意味な場所2回となり、異常な北上率とそれに伴うその先の不安定化、特にボス前での南下率の高さにより控えめに言って最悪レベルの大荒れとなり、大荒れということはもちろん損害もそれだけ多く散々な結果となったのでした。
また、昨日は空母3撃沈任務が発動していたのですけれどもヲ級さん編成が3度出現しそちらも達成…とはいえ、空母はイベント海域その2でも倒せますのであまり意味はないのですが。
…今週は先日を例外として数ヶ月に一回レベルの大荒れが続いている印象が強く、何だというのでしょう…さすがに嫌になってきました…。

南西諸島任務が大荒れになった結果ろ号作戦が完了、ですので1-5への3回出撃任務が発動したため海上護衛強化月間ともども1日に1回ずつ実施していきます。
昨日の出撃、絶望の初戦は球磨さんが5の損害、恐怖の第2・3戦は無事切り抜け、ボス戦は先制雷撃が外れてくださり敵の全滅に成功しました。

引き続きイベント海域その2へ新しいかたを求める旅へ向かったのですけれど、大破3中破2という大損害を受けた次の出撃で渦潮に巻き込まれたところでエラー画面へ吹き飛ばされるという悲劇が発生、一気に心を折ってきました…。
その様な惨状が発生する中、昨日も嵐さん以外の珍しいかたがたな浜風さんや天津風さんが登場、通算で銀色以上な背景の駆逐艦が出た数としては…
-----
○浜風さん:3回
○谷風さん:1回
○照月さん:2回
○春雨さん:3回
○天津風さん:3回
○磯風さん:1回
-----
…この様になりましたが、新しいかたはきません…。

その昨日はメンテナンスがあったみたいなのですけれど、運営電文によると純粋に不具合を修正するためのものでしたみたいで…でも、親潮さんが出る確率が高まったといいます。
ただ、そもそも彼女がどこにいるのかよく解りません…とっても大好きなあのかたのお話では海域その6っぽいのですけれど、その6(とその5)はもう積極的には行きたくない場所で…。

それよりも気になる、というより強く惹かれたのは春風さん…昨日の演習ではじめてお会いしたのですけれど、何ですあの子、ものすごく気になって気になって仕方ありません!
ですので海域その2での捜索は引き続き実施しつつも1日の最後などに1回でも春風さんのいるその7へ出撃し、彼女を探してこようかなと…その7は非常に資源が吹き飛ぶ場所ですけれど、1日に1回2回程度でしたら大丈夫なはずし、何より海域その2に見込みが全くない気がしてしまって…(私は過去に一度もボスでない場所で目当てのかたを出せたことがないので…)
上で比叡さんや由良さんのレベルが99に達したと書いたとおり、もう99まで上げるのにためらいがなくなりましたので、ここで98のかたがたのレベル上げを同時に実施することとし…
-----
○第1艦隊:龍鳳さん(98)・榛名さん(98)・リットリオ(イタリア)さん(98)・瑞鶴さん(98)・天城さん(98)・葛城さん(98)
○第2艦隊:五月雨さん(141)・照月さん(77)・鬼怒さん(98)・萩風さん(98)・高雄さん(98)・羽黒さん(98)
-----
…五月雨さんと対空カットイン要員な照月さん以外全員レベル98なこの様な艦隊を編成、レベルが99に達したら別のかたへ交代していくこととしました。
基本的には海域突破時の編成なのですが、重巡洋艦は第2艦隊にも入れられますので、代わりに航空戦力の増強ということで軽空母なかたを入れて旗艦に据えることにしました。

その皆さんによる出撃、初戦は完全勝利、能動分岐を経た第2戦は完全勝利、そこの分岐は北上し基地空襲で1つが損壊しつつ第3戦は空襲を受け大きな損害なく切り抜け、第4戦は鬼怒さんが中破しつつ敵は全滅しました。
そうしてたどり着いたボス戦、お相手は集積地棲姫さんや戦艦棲姫さんが出現し基地航空隊は駆逐古姫さんと駆逐艦1を撃沈、航空戦は駆逐艦1を撃沈、第2艦隊は五月雨さん大破照月さん中破、第1艦隊は龍鳳さん大破に対し戦艦棲姫さん撃沈集積地棲姫さん破壊中枢棲姫さん損害とし、夜戦を挑み羽黒さんが中破させられつつ敵の全滅に成功しました。
目的のドロップは愛宕さんということで残念…また、はやくも高雄さんと榛名さんがレベル99に達しましたので古鷹さんと山城さんに交代します。

もう一度だけ出撃を実施、その初戦は大きな損害なく敵を全滅、第2戦は大きな損害なく敵を全滅、分岐を北上しての第3戦は空襲を受け損害なし、第4戦は大きな損害なく敵を全滅します。
そうしてたどり着いたボス戦、お相手の編成は飛行場姫さんと空母棲姫さんなどというきつい編成となり基地航空隊は駆逐艦2撃沈とし航空戦は空母棲姫さん大破、駆逐古姫さんの先制雷撃で照月さんが中破、第2艦隊は五月雨さん中破、第1艦隊は天城さん大破に対し空母棲姫さん駆逐古姫さん撃沈とし、夜戦を挑み羽黒さんが大破させられてしまい中枢棲姫さんは撃沈するものの飛行場姫さん残存で終了…重巡洋艦を的確に狙うのやめてください…。
ですのでドロップももちろん残念ながら隼鷹さん…。

ということで海域その7は7で非常にきついわけで…とにかく、重巡洋艦を狙うのをやめてください、本当にお願いします。
引き続き春風さんは探したいのですけれど、この様な調子で果たしてお迎えできるのか…本当に彼女は気になって仕方ありませんので、何とかお迎えしたいのですけれど…。
…ただ、ボスでない場所で目当てのかたをこれまで出したことがないのと同様、今まで最終海域で新しいかたを求める旅をしたことがない、というのも大きな不安点(夏の風雲さんは最終海域とはいえボスではなく、しかも出なかった…冬の沖波さんはゲージ破壊時に出たのでした)…資源が尽きそうな予感…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴
この記事へのコメント
またまた失礼します(汗)

DVDの件、「ラブライブ」はよく知りませんが(苦笑)、スト魔女新シリーズのほうは10月から放送だそうですから、少しは余裕が出来るかもしれませんね。
一応、ご報告まで。

あ、あとカガクチョップの件ですが、TVCM(!)で沙衣役を赤崎さんが、蓮役を田村睦心というキルミーコンピ(しかもボケとツッコミが逆)が演じているというオチ(?)だったんですね。
このままアニメ化すればいいのに、ってまた桜乃さんのピンチが財布になってしまいますか(苦笑)
Posted by おーらんどー at 2016年05月15日 06:45
おーらんどーさまへ>
わざわざのコメント、ありがとうございます。
『スト魔女』の新シリーズの放送時期を教えてくださって、ありがとうございます…来期でないことに安堵しましたけれど、秋は秋できらら系などの動向が不安…?

そして『カガクチョップ』の件もお教えくださりありがとうございます…その様なCMが放送されていたのですね。
多少お金が厳しくても面白いものはやはり迷わず購入すると思いますし、してくだされば嬉しいです。
Posted by 桜乃彩葉 at 2016年05月15日 22:19
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175289184
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック