2016年09月06日

本屋と絵と、休日に

先日はこの様なものが届きました。
-----
同人誌を…
○総集編 恋色証明etc.
○比榛これくしょん 〜カッコカリ〜
○あんずときらりの働かない一日
○薄紅葉
○GrandrelleRoses -ハーウッド家のメイドさんたち-(7)
○バラといちご センチメンタル
○デート日和で
○トモダチとはしないコト
○ありがちなスーパー生徒会に所属している斉藤会長と志方さんは恋人同士である。
○DRIED-FLOWERS(#0 予告編)
○CONTRAST
○その境界をこえて
○砂糖なんかじゃない
-----
…今回は全て同人誌となりますけれど、一番上の『恋色証明』は以前読んでいる『栗ちゃんと虫とスケッチブック』などの様に(表紙カバーはありませんが)コミックサイズのものとなりますので、またいずれ通常の単行本と同様に読んで感想を書こうと思います。
…ただ、現状では以前購入をしているコミックの消化がまだまだ途上でそちらに気になる作品がまだまだたくさんありますので、いつ読めるか…。

その他の作品については以前届いているものなどと同様に参考にならない百合度評価などをつけつつ軽く触れていこうと思います。

○比榛これくしょん 〜カッコカリ〜《【いかづち屋union / TOP GEAR】さま/百合度評価:★★★★☆(3.8)/★★》
こちらは『艦これ』の二次創作作品となり、気になったことから購入をした、夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、タイトル通り比叡さんと榛名さんカップリングなお話を収録した、10人のかたの参加された合同誌となり、参加されていらっしゃるかたには以前購入をしている『はるにゃさん』を描かれたかたもいらっしゃいました。
お話のほうはその様な一見珍しくも感じるカップリングなのですけれど、個人的に両者とも戦艦の中では1、2を争うほど大好きなかたがたでしたりしますし、それに微笑ましいお話も多く、なかなかよきものでした。

○あんずときらりの働かない一日《【SGM Works】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.2)/★★》
こちらは『シンデレラガールズ』の二次創作作品となり、好きなカップリングの作品ということで購入をした、やはり夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、タイトル通りの一日を描いた4コマとなります。
杏さんが北海道民ですので北海道へ旅行へ行きたいといった話題が出つつ、お二人でのんびりされる微笑ましいお話です。

○薄紅葉《【紙袋Works】さま/百合度評価:★★★★☆(4.0)/★★》
こちらは『FLOWERS』の二次創作作品となり、好きなジャンルの作品ということで購入をした、やはり夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、タイトル通り(?)秋編を題材としたいくつかの短編を収録したもの…。
林檎さんルートとネリネさんルートのその後を描いたものがメインでして、どちらも百合的にもよいお話…あとがきで言われるまで気付きませんでしたけれど、あのネリネさんエンド、ドラマCDがなければ心中したのではと受け取られてもおかしくない終わりかたでしたっけ…。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『大体黒髪のせい。』などを描かれたかたとなっています。

○GrandrelleRoses -ハーウッド家のメイドさんたち-(7)《【BouquetBlanc】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
ここから下は全てオリジナルとなり、こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をした、8月21日に出たらしいものとなります。
内容としましては、既刊同様にとあるお屋敷にいらっしゃるメイドさんたちを描いたお話…。
今回はお嬢さまとよい関係になっているメイドさんと同室のメイドさんのお話で、お嬢さまと仲良くしているその子を見て複雑な感情を抱いてしまいます…これは少々つらいところですけれど、この先どうなっていくでしょうか…。

○バラといちご センチメンタル《【MarmaladeWaltz】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
こちらは以前既刊を購入していることもあり購入をした、こちらも8月21日に出たらしいものとなります。
内容としましては、ということでそちらのお話お二人のそれからの関係を描いたお話…。
まだまだ百合的にはこれからといったところではありますけれど、でも唯一自分の素を出せる関係となっておりよきお話です。

○デート日和で《【カタ蔵】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは以前に既刊となる『ヒスイのすず カナリアのかんざし』を購入していることもあり購入をした、昨年末の冬のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、そのお話のお二人のその後を描いたお話…。
お二人が一緒にお出かけ…デートといってよいものをされるお話で、関係としては淡い感じですけれどそれもまた微笑ましくよいお話です。
今日の日誌のタイトルは今作収録の2つのお話のうちの後半なお話から取ってみました。
…その『のすず カナリアのかんざし』と今作との間でもう1作品同人誌が出ている模様ながら、そちらは見逃してしまっていました…。

○トモダチとはしないコト《【カタ蔵】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらも上の作品と同様の理由から購入をした、夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、上の作品のお二人のその後を描いたお話…。
今回はお付き合いをしているはずとはいえ友達関係でいるのと変わらないことしかしていないのでは、ということについて悩んだりされるお話…こちらも淡い百合なお話として正統派でよいものとなっています。

○ありがちなスーパー生徒会に所属している斉藤会長と志方さんは恋人同士である。《【カタ蔵】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらは上の作品と同じサークルさまの作品ということもあり購入をした、同様に夏のイベントにて出たらしいものとなります。
内容としましては、タイトル通り生徒会長さんとお付き合いをしている後輩さんのお話…。
お二人の出会いのお話から描かれており生徒会長さんはかわいく微笑ましいかたなのですけれどその後輩さんが非常に癖のある性格をしており、会長さんの親友さんと対立を…こちらはそのあたりも楽しく面白いお話です。

○DRIED-FLOWERS(#0 予告編)《【BiTTERSWEETS】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.0)/★★》
こちらの内容としましては、アンドロイドのいる日常を描いたお話、となるでしょうか。
アンドロイドのかたと彼女を姉と慕う女の子のお話ですけれど、タイトル通り予告編らしくここからお話がはじまるっぽい…何だか切ないお話になりそうな雰囲気を感じますけれど、ともかく見守りましょう。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『雪花水仙』などを描かれたかたとなっています。

○CONTRAST《【はこや】さま/百合度評価:★★★☆☆(3.4)/★★》
ここから下の作品は全て8月21日に出たらしいものとなります。
こちらの内容としましては、夏を迎えた中の親友なお二人を描いたお話…。
片方の子は常に教室でプールの授業は見学をしており、その理由が解らないので親友さんは少々もやもやしたりもするのですが…こちらは好きだという想いを秘めて、という一種の失恋なお話となっていますけれど、お話の内容自体はかなりよいものです。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『すきのいと』などを描かれたかたとなっています。

○その境界をこえて《【Caramel Crunch】さま/百合度評価:★★★★☆(3.6)/★★》
内容としましては、まだちょっと曖昧な関係でした二人の女のかたのお話…。
お泊りにやってきた日、片方のかたが少し意外というか戸惑う提案をしてくるのですけれども…こちらはお互いの関係に思い悩む、そしてそれを乗り越えるお二人がよい感じのお話です。
…と、こちらのサークルさま、以前購入をしている『とりあえずのこいびと』などを描かれたかたとなっています。

○砂糖なんかじゃない《【N-26】さま/百合度評価:★★★★☆(3.5)/★★》
こちらの内容としましては、砂糖みたいに甘そうに見える女の子とその親友なかたのお話…。
親友なかたはそのこの子のことが好きなのですけれど、その子は別に好きな人がおり、しかも結構計算高くもあり…こちらもまた親友さんの失恋なお話で少しつらいところもありますけれど、お話としては面白いものです。
…と、こちらのサークルさま、以前読んでいる『少女2』などを描かれたかたとなっています。

今回はオリジナルなもの中心となりましたけれどどれもよいものでしたかと思います。
今回届いたもので虎穴通販に注文をしていた分も届き、一段落といいたいところながら、実はメロンブックス通販に予約をしているものが1件残っているのですけれど、その予約同人誌3作品中1作品が発売予定日を過ぎても全く発売する気配がなくそのため発送されない模様なのでした…急いでいるわけではありませんし、のんびり待ちます?


『艦隊これくしょん』の開発は12cm連装高角砲、14cm単装砲、15cm単装砲、流星となり、いつも通りの惨状…。
大型艦建造は筑摩さん…。
また、高波さんがレベル99に達しました。
…その高波さんがレベル99に達した演習は潜水艦がお相手でしたのでよかったのですけれど、その唯一のお相手以外は漏れなく厳しい編成で参ってしまいます…戦艦1空母5のお相手に久しぶりのD判定敗北を受けてしまいました(潜水艦で挑めばよいといえばそうなのですが…)

戦いのほうは、まずは輸送船3撃沈任務のためいつも通り通商破壊艦隊を2-2へ派遣、けれどこの最近の常としてまたボスへ直行させられ任務失敗…何なのです、これ…。
2回めの出撃もまたボスへ直行させられ任務失敗…本当に何なのです、これ…。
あまりに理不尽で意味不明な事態に怒りや悲しみすら覚えそうになりますけれど、げんなりさせられつつも仕方ありませんので特設艦隊を編成し出撃、けれどこれすらボスへ直行させられ任務失敗…もうこれ、嫌がらせの域に達してますよね、ね…。
2回めの出撃、4回連続でボス直行…はぁ…。
うんざしりつつ、もう航空巡洋艦が尽きましたので大鯨さんに水上戦闘機を搭載し南西諸島任務用艦隊その1から空母を外して彼女を入れた艦隊を出撃、はじめの分岐で北上させられその先の無意味な初戦で結構な損害を受けてしまいつつようやく輸送船エリアへ到達、輸送船4の当たり編成と遭遇し任務達成…と思いきや、ここで何とエラー発生という、もうどうしようもない最低最悪の事象が生じました…。
やっていいことと悪いことがあると思うのですけれど、その悪いことの中でも最大のことをさせられてしまい心が折れてしまいましたけれど、でも何とか進めるしかありませんので南西諸島任務用艦隊その2に大鯨さんをつけて出撃を実施、はじめの分岐で北上させられ高速建造材という完全無意味な場所行きにされ任務失敗…。
南西諸島任務用艦隊その3に大鯨さんをつけての出撃、はじめの分岐で北上させられつつ輸送船エリアへ到達、ル級さんが存在しつつも輸送船は3存在し今度こそ任務達成となりました。
…もう本当に嫌になってしまいます…確実に輸送船を3撃沈できた夏のイベント海域その1の存在が懐かしいです…。

輸送船任務で無意味にボスへの直行が連続しもう完全に無意味に運を使わされた上にエラー発生などとすでにもうかつてないほどの大波乱となりどうしようもない状況の中、引き続いて南西諸島制海権任務を実施しますけれど、昨日は月曜日ということで諸々の週間任務が復活、い号作戦実施のため潜水艦隊の2-3派遣も同時に実施します。
その2-3へのはじめの出撃はボスへ進み空母1軽巡2複縦陣という外れ編成と遭遇させられ、結局この1回で出撃終了となりましたのでい号作戦にはほぼ寄与しませんでした。
一方の2-2ははじめの出撃(という気分は全くしませんが…)から連続でボスへ直行したりし、最終的にはボス到達4回までにはじめの分岐での北上2回輸送船エリアへはボス前での南下1回となり、南西諸島任務だけ見ればなかなか順調な結果といえるのですけれど、そこへ至るまでがひどすぎで…。
また、ヲ級さん編成が2回出現しい号作戦へ多少寄与した他、輸送船任務での出撃がかさみすぎたこともあり損害多数…出撃人員が約30人にもなればそれも仕方ないのですけれど、16人が損害というこちらもげんなり、ですので日々節約をしていて本来この任務で使っては意味のない高速修復材をしかも大量に使ってしまいました。

任務は進めなくてはいけませんから、さらに引き続いてい号作戦を進めるため、まずは一定数の空母を撃沈できる4-2へ機動部隊で、という月間任務を実施することに…普段は空母2で出撃をしているのですけれど、今回は空母3に初月さんと秋月さん、ウォースパイトさんという編成で出撃をしてみました。
その出撃、はじめの分岐は北上し初戦は完全勝利、第2戦は赤い軽空母が3出現し対空カットインが不発となってしまいつつ大きな損害なく敵を全滅、そこの分岐は…南下させられ任務失敗…。
2回めの出撃、はじめの分岐は南下し初戦は潜水艦と水上艦艇混じりの艦隊との戦いとなり水上艦艇のみ撃沈しつつ損害はなし、第2戦は赤い軽空母3が出現し対空カットインがまた不発しつつ大きな損害なく敵を全滅、そこの分岐は…また南下させられ任務失敗、輸送船任務の際といい、完全に嫌な流れができている雰囲気をこの時点で感じます…。
3回めの出撃、はじめの分岐は南下し初戦は潜水艦のみとの戦いとなり複数人が損害を被ってしまい、第2戦は赤いヲ級さん1と赤い軽空母2が出現し秋月さんが対空カットインを発動させつつ大きな損害なく敵を全滅、そこの分岐は…はぁ、もう…。
4回めの出撃、はじめの分岐は南下し初戦は潜水艦のみとの戦いとなりこれまでの損害の蓄積により赤城さんが小破、第2戦は赤い軽空母が3出現し秋月さんが対空カットインを発動させつつ大きな損害はなく敵を全滅、そこの分岐はようやくボスへ進行、金のル級さんや赤いヲ級さんが出現、初月さんが対空カットインを発動させつつ完全勝利としました。

それで4-2への出撃任務が完了、代わって2-5へ水上反撃で、という月間任務が出現しましたけれどそれは昨日のところは気にせず、この時点でい号作戦が完了しませんでしたので同じく月間任務な1-4へ水雷戦隊で、という任務を実施することに…阿武隈さんを旗艦にすでに損害を受けていた阿賀野さんと大淀さん、それに4-2に引き続いて初月さんと秋月さんに暁さんを加えて出撃を実施します。
その皆さんの出撃、これまでの流れからある程度予想できていたことながらはじめの分岐は当然の如く南下、初戦は完全勝利としつつそこの分岐は…言うまでもない結果となり、解り切っていたこととはいえため息しか出ません…。
その時点でい号作戦は完了しましたのでこの任務はもう後回しにしようかとも思ったのですがマップ構成を見る限りでは75%でボスへ進めるはずな構造になっているはずですので(やめておけばよいのに)あ号作戦の意味も込め2回めの出撃を実施、またはじめの分岐で南下させられるという意味不明な嫌がらせを受け、初戦は複数人が損害を受けつつ敵を全滅しつつ(以下略)
3回めの出撃もまた(略)
4回めの出撃(略)
5回めの(略)
6回めの出撃にしてようやくはじめの分岐で中央ルートに乗り、初戦は大きな損害なく敵を全滅、第2戦として軽空母戦を挟んでしまい対空カットインが不発となり損害を受け、ボス戦もまた対空カットインが不発となり阿賀野さんと大淀さんが小破する上に夜戦にまでもつれ込みますけれど敵の全滅に成功しました。

これで1-4への出撃任務は完了しましたけれど…ちょっと嫌がらせが過ぎませんか?
さすがにちょっと、いえかなり怒りすら沸いてきてしまったのですが…。
これを完了したからかはよく解らないのですけれど、3ヶ月に1回っぽい任務な2-4への2回出撃任務が出現してしまっていました…これもまた羅針盤さんに苦しめられる任務ですし、むしろそれに悩まされることのない2-5への水上反撃任務を先にしてしまおうと思います。

もううんざりしきった状態でしたけれども最後は羅針盤さんの心配はない場所なため、1-5で延々あ号作戦進行のための出撃を実施していきます。
他の場所が散々でしたためか、ここでは8出撃連続で損害なしを記録、9回めの出撃で川内さんが4の損害を受けたのですけれど、それが何と第2戦…つまり一人先制対潜攻撃を外したということに…。
最終的にはボス到達13回であ号作戦に対するボス到達24回を達成、それまでにその川内さんの損害の他鳳翔さん大破川内さん中破球磨さん10の損害を1回ずつ被ります。

昨日はとにかく羅針盤さんというものにうんざりさせられる、相当運の悪い結果の連続…輸送船撃沈任務と1-4と4-2、いずれも過去最悪といえる運の悪さが重なってしまいました。
2-4というこれまた羅針盤さんに翻弄される場所へ2回も出撃する任務が出現してしまいましたけれど、こちらは何とか無事に終わってくださればよいのですが…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176761449
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック