2016年10月10日

青春は食べ物です

先日観ましたアニメの感想です。
ショートアニメです
□パンでPeace!(1〜2/写真は第2巻のみ)
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.2)
 ○内容評価:★★★★★(4.5)
 ○音楽評価:★★★☆☆(3.0)
 ○声優評価:★★★★☆(3.8)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.2)
 ○付加要素(おまけなど):★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★★☆(3.8)

こちらは第2巻が先日届きそのまま観てみたものとなり、気になる作品ということで購入をしたものとなります。
こちらは以前原作を読んでいるもののアニメ化作品となります。

内容としましては、パン好きの高校生な女の子たちの日常を描いたお話、となるでしょうか。
と、説明が上で触れた原作の感想とほぼ同じとなりましたけれど、もちろん基本的には同じお話となるわけですから詳細な説明は省略をします。
また、こちらは以前観ており第2期が今期放送されるという『魔法少女なんてもういいですから。』などと同様にショートアニメとなっています。
全13話のショートアニメながら、DVD(といってもblu-rayですが)は2巻に分かれており、以前観ている『ミス・モノクローム』の第2期と3期が1巻でまとめて出たのに対しやや不思議…といいたいところながらその『モノクローム』も以前観ている第1期は今作と同程度の分量で2巻に分かれていましたのでそう気にしなくていいです?(以前観ている『わかば*ガール』はショートアニメにしては1話が長めでしたので…)

第2巻の内容ですけれど、この巻ではふわふゆベーカリーとは別の、新しくできたパン屋さんの娘さんなまいさんが登場されます。
5人めのメインキャラといえるかたで、このかたもとてもかわいく微笑ましい…のあさんを巡ってふゆみさんとは対立関係にあるのですけれど、ただのあさんに関してはあまりにかわいくて愛でたくなるという感情で、百合的にいうとむしろこの対立していたはずのお二人の関係が、でしたりして…?
あとは文化祭のお話があったりもし、最後は皆さんでまいさんの家の別荘でお泊りをするのですけれど、ここでまいさんが皆さんの輪の中に入っていくさまがよろしく、よい最終回でしたかと思います…原作はまだ完結しておらず2期も期待できるかもですけれど、ひとまずはきれいな終わりかたになっていたといえるでしょう。

今作はふゆみさんやまいさんが愛でたくなるのも解るほどのあさんが非常にかわいくて仕方のない作品なのですけれど、また同時にタイトル通りパンに焦点を当てた作品でもあります。
ですので作中の随所にパンが登場、観ているとパンを食べたくなる様な作品…という以前観ていて以前原作を読んでいる『幸腹グラフィティ』の様な一面も持ち合わせています。
その他、各巻には原作者さまの描いた描き下ろし漫画の収録された小冊子もついてきています。
…主人公のみなみさんがやや目立たない印象を受けましたけれど、その描き下ろし漫画でそこがネタにされてしまっていました(何)

イラスト…作画はショートアニメですのでまずまずといったところでしょうか。
内容はとにかく微笑ましくかわいい作品…観ていてほんわかします。
音楽は悪くないでしょうか…ショートアニメの常としてオープニングが短い…。
声優さんはもちろん問題ありません。
百合的には上で触れた通りふゆみさんとまいさんの関係が特に気になり…?
付加要素としては上で触れた小冊子の他声優さまがお話を解説しているブックレット、それに映像特典は1・2巻合わせて4時間程度はあるはず…。
ということで、こちらはふんわり微笑ましくよい作品でした…特にのあさんのかわいらしさは、アニメ中では以前観ていて以前原作を読んでいる『きんいろモザイク』のアリスさんに匹敵するかも…。


『艦隊これくしょん』の開発は失敗、25mm単装機銃、32号対水上電探、水観となり、水観が出ましたので相当よい結果といえます。
そして昨日はネットワークエラーが頻発、出撃しようとしたり遠征艦隊を迎えようとしたり演習で夜戦を挑もうと思ったらエラー画面行きにされます…さすがに出撃ボタンを押したところでエラー画面行きにされた場合は疲労が溜まったりはしない模様…。

戦いのほうは、まずはいつも通り輸送船3撃沈任務を実施すべく通商破壊艦隊を2-2へ…はじめの出撃は無意味にボスへ直行させられさらにヲ級さん編成と遭遇という無残さ…。
2回めの出撃は輸送船エリアへ直行、ル級さんが存在するものの輸送船も3存在し任務達成となりました。

引き続いて南西諸島制海権任務を実施、この数日順調に行った試しがなく大荒れ続きで昨日もまたはじめの出撃からいきなり高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされ、もう何も期待せず無心で出撃を繰り返します。
最終的にはボス到達5回までにはじめの分岐での北上1回高速建造材という完全無意味な場所1回となり…つまりはじめの出撃以外は全てボスへ、しかも直行という極めて順調な結果を得られました。
この結果には少々驚いてしまい…やはり何も考えないほうがよさそう…?

1-5への3回出撃任務があと1回残っていますので、そちらを完了すべく出撃を実施します。
その皆さんの出撃、初戦から第3戦までは完全勝利としつつ第3戦の時点で五月雨さんが戦闘糧食を食し、ボス戦は鳳翔さんが1の損害を受けつつ敵の全滅に成功しました。
これでこちらの任務も完了、とはいえ今日はあ号作戦のために延々出撃を繰り返すことになりますが…。

2-2は毎日これくらい安定してくださればよいのですけれども…特に今日は月曜日ですることが多いのでなおさらですけれど、ただ期待はしないでおきましょうか。
…運営電文によると軽巡洋艦のどなたかに改二仕様がくるみたいで、由良さんか鬼怒さんか名取さんでしたらレベル99ですので確実になれますけれど、果たして…?


『世界樹の迷宮5』は27階の探索を実施しますけれど、ワープポイントが非常に複雑で迷ってしまいます…このワープポイント、入った向きによって吹き飛ばされる場所が変わってしまうのです。
しかも敵には一列混乱スキルを使う恐ろしい敵まで登場…即死攻撃に混乱攻撃と1つ階を上がるごとに危険攻撃が増えてきており、これでは28階以降がどうなってしまうのか非常に恐ろしいです。
おかげでまた何度か戦闘不能に陥り、地図埋めも大変な状態に…。

それでも昨日で何とか27階の地図も概ね…評議会に認めてもらえる程度には埋めることができ、一応28階に足は踏み入れました(すぐに去りましたが)
この時点でアサミーナさんたちのレベルは75となり、まだ余裕はあるものの直前になって慌てるのもよくありませんので、次のレベル開放クエストを探してみます。
クエストはいくつか発生しており、いずれも未実施で後回しにしているのですけれど、70からの開放クエストはジュネッタさんが関わっていましたので、ギルド長とオリファント…あの大きな象を討伐するものか、アンデッドキングが召喚したらしいドラゴンゾンビをソロルさんと討伐するかのどちらか、あるいは両方が怪しいということになりました。

とりあえず、まずはすぐに戦える前者と戦ってみることに…ギルド長がパーティに加わった状態で戦うことになります。
この戦いなのですけれど、ティナさんの3回攻撃で早々に頭と腕の封印に成功ししかもそれが結構なターン数持続してくださいましたので、敵にほとんど攻撃を許すことなく撃破に成功しました。
こちらの報酬は150,000と非常に高いお金…ただレベル開放はされませんでした。
…ギルド長がオリファントを討伐した理由は、かの者から良質の釣り道具が作れるから、でしたり…。

一方、ソロルさんはリリさんのためにドラゴンゾンビを倒そうとされており、このクエストを実施している間はパーティに加わってくださいます。
こちらはすぐにはそのドラゴンゾンビのところまでは行けず、かつて12階の探索時に見つけており、けれど進めなかった通路の奥へ進み、結構な広さの地図を埋めていくことになります。
しかも13階に上がるとドラゴンゾンビが黒い霧を吐き出してきてしまい、その状態で戦闘になると全員はじめから盲目状態になってしまい、さらにはマップ上にいる敵の姿も見えなくなってしまい、かなり面倒な戦いを要求されます。
その最奥でドラゴンゾンビと戦うことになりますけれど、様々な全体状態異常攻撃を仕掛けてくるうえに、この敵もまた謎の全体超ダメージ攻撃を放ってきます…その攻撃や全体呪い攻撃により2度ほど戦闘不能となってしまいました。
けれど3度めの挑戦では早々に麻痺攻撃が効き、しかもそれが2回も通じたので(今作は一度通じた状態異常の2回めは効きづらくなるといいます)ほとんど損害を受けることなく撃破に成功…この極端な結果、オリファントも何も効かなければどうなっていたか…。
こちらの報酬は250,000とさらに高額なお金が得られたものの、それでも強い武器を購入するには遠く及ばない上、すでに出ていた剣や杖に加えて拳まで出てきてしまいました…また、こちらで最大レベルが90にまで開放できました。
…そしてこちらはやはりソロルさんとリリさんの関係がよいものです。

その2つのクエストを終えることにより、75でしたレベルが一気に79にまで上昇…でもあまり強くなった気は…?
大量のお金のおかげでその異常に高額な武器以外の装備は整えられ、またすみれさんだけには高額武器を購入できましたけれど、ここからどうしたものか…他の高額武器を入手できるだけのお金を何とか貯めるべきか、それとも先へ進むべきか…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177202950
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック