2016年11月09日

同居人がしっかり者でして

先日読みましたコミックの感想です。
アンソロジーです
□アイドルマスター ミリオンライブ! コミックアンソロジー(3)
■アンソロジー
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.3)
 ○内容評価:★★★★☆(4.0)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『ろこどる』や『シンデレラガールズ』『ゆるゆり』などのアンソロジーと同じものとなります。
こちらはタイトルから解るとおり『アイマス』シリーズの作品となるのですけれど、その中でも以前以前にコミカライズ版を読んでいる『ミリオンライブ!』の関連作品となります。

内容としましては、『ミリオンライブ!』のアンソロジーとなります。
と、説明が以前読みました第2巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
参加している作家さまで私が単行本を持っているかたとしましては、以前読んでいるものの途中で切ってしまった『たると☆マギカ』などの漫画担当の枡狐さま、下で触れる作品のタカダフミ子さまがいらっしゃいました。
また、表紙イラストは上で触れたコミカライズ版のうちの1つである『バックステージ』を描かれたmizukiさまが描かれています。

お話のほうは、ということでそちらの作品のアンソロジーとなります。
アンソロジーということでやはり楽しく微笑ましいお話がメインとなっており、そのあたり安心して読めるものとなっています…『ミリオンライブ!』の登場人物は実のところ把握できていないかたのほうが多いのですけれど、それでも楽しく読むことができました。
やはり『アイマス』の皆さんも登場されますけれど、そういえば『バックステージ』には登場されていない気が…?

イラストはアンソロジーですので玉石混淆となりますけれど、悪いものではありません。
百合的にはどうでしょうか、特にはない印象もありますけれど、プロデューサ要素が低めなのは安心です。
ということで、やはり『ミリオンライブ!』もよいものです…本当は『バックステージ』と一緒に読もうと思ったのですけれど、それに付属した『みりコミ』と全く同じコンセプトの『シンデレラガールズ』版な単行本のほうを一緒に読んでしまったのでした(何)


また、同時にこちらも読みましたので…。
上に参加していらしたかたの…
□同居人が不安定でして(1)
■タカダフミ子さま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.4)
 ○内容評価:★★★★☆(3.8)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★☆☆(3.4)

こちらは過日色々なものとともに購入をしたものとなり、何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『ひとりぼっちの○○生活』や『魔法がつかえる中学生日記』『新米姉妹のふたりごはん』などと同じものとなります。
作者のかたが上のアンソロジーに参加していらしたことから一緒に読んでみました。

内容としましては、ルームシェアをする二人の女のかたの日常を描いたお話、となるでしょうか。
お話の主人公はそのお一人な不二井杏さん…同居人からは不安定さんと呼ばれており、その呼び名の通り多少浮き沈みの激しいかたなのですけれど、呼び名の由来はお名前からきているそうです?
彼女は年齢は不明ながら作中の描写から結構な大人な様子なのですけれど、生活能力はかなり低めでやや引きこもり気味の、いわゆるソーシャルゲーム好きのかた…お仕事はイラストレータをしています。

彼女と同居をしているのは狩山誌衣さんという、不安定さんはしっかりさんと呼んでいるかた…ややちみっこで幼く見える、けれど社会人で会社勤めをしているかたです(不安定さんより年下なのは間違いありませんが…彼女が若者扱いしていますし)
彼女は女性向け同人誌を描いていたりといわゆるオタクなかた…イベントにも参加したりしているみたいです?
お二人が一緒に暮らすことになったきっかけも、そのいわゆるオタク関係のことがあり…?

その他登場人物としては、お二人の隣に引っ越してきたコスプレイヤーをしている女のかたと、彼女の幼馴染で不安定さんがお買い物へ行った肉屋さんの店員をしていたいわゆるギャルな雰囲気をしたかたあたりでしょうか。

お話としては、ということでその様なちょっとダメなかたとしっかりしたかたの同居生活を描いたもの…。
こちらはそのお二人のそう大きな出来事はないごく普通の日常を描いたものですけれど、お二人ともなかなか面白い性格をしていらしたりと、そのあたりも含め楽しい作品といえるでしょう。
不安定さん、とは呼ばれていますけれどキャラクター紹介にもあった通り多少不安定な程度ですのでそう極端なことはない、安定した同居ものな作品です。
…今日の日誌のタイトルは巻末にあるおまけ4コマのタイトルから…。

イラストは悪くありません。
百合的にはどうでしょうか、女のかたお二人の同居生活を描いたお話ですので…?
ということで、こちらはなかなか悪くない作品で、続きも見守りたいものです。


『艦隊これくしょん』は演習で満潮さんが、2-5出撃任務で霞さんという朝潮型かつツンデレなかたがたが揃ってレベル99に到達…だいぶレベル99のかたも多くなってきました?
開発は失敗、14cm単装砲、失敗、失敗となり、いつも通りとはいえ目も当てられない惨状…。

戦いのほうは、まずはいつも通りに輸送船3撃沈任務を実施すべく通商破壊艦隊を2-2へ派遣、けれど無意味にボスへ直行させられ任務失敗…。
2回めの出撃ははじめの分岐で北上させられさらに高速建造材という完全無意味な場所へ吹き飛ばされるに至り、通商破壊艦隊はその任を何ら為すことなく任務に完全失敗…。
うんざりしてしまい、また昨日は輸送船5撃沈任務も発動していたことから潜水艦隊を2-3へ派遣、北上させられつつ輸送船エリアへ到達、輸送船はもちろん2しか撃沈できないものの5撃沈任務のために2の撃沈で3撃沈任務は完了となったのでした。

引き続いて南西諸島任務を実施するのですけれど、2-5へ水上反撃部隊で出撃、という任務が発動しましたのでまずはそちらを同時実施することにします。
編成はいつも通り五月雨さんを旗艦に羽黒さん、阿武隈さん、夕立さんと朝潮さんに霞さんとします。

その皆さんの出撃、初戦は敵の全滅にも失敗し朝潮さん中破、問題の夜戦は大きな損害なく敵を全滅しボス戦へ…阿武隈さんの先制雷撃は駆逐艦を撃沈し同航戦、羽黒さん大破霞さん中破に対しル級さん1軽巡駆逐艦撃沈とし、夜戦を挑み敵の全滅に成功しました。
これでこちらの任務は完了、今月は一度の出撃で終えられたのでよかったです…また、上で触れた通りこの出撃で霞さんのレベルが99に達しました。

残りの南西諸島任務はいつも通り2-2へ出撃し実施、2回連続でボスへ進めるもののその次は高速建造材という完全無意味な場所行きにされげんなり…輸送船エリアへ進まないと、輸送船5撃沈任務が終わらないのです…。
その後は輸送船エリア行きにもされ輸送船5撃沈任務も完了、最終的にはボス到達4回までにはじめの分岐での北上2回輸送船エリア1回高速建造材という完全無意味な場所1回となり、高速建造材という完全無意味な場所行きさえなければ順調な結果といえるものとなりました。

これで拡張海域のゲージ破壊や月間任務は一通り終えることができましたので、あとは今月中旬からあるというイベント開始まで日々の任務をこなしつつのんびりレベル上げをしましょう。
…ところが、南西諸島任務後の潜水艦撃沈も兼ね5-3へ出撃したところ、6回連続で北行きという意味不明な事象が発生…そんなに潜水化撃沈任務を達成させたくないのでしょうか…。


以前終えた『初めて出逢ったあの日から』に触発され、昨日から以前している、その作品の続きを描いた『ミカエルの乙女たち』をはじめてみました。
『初めて』は『ミカエル』の前のことを、けれどあくまで璃紗さんたちが思い出すかたちで描いていますので、多少美化というか想い出補正が入っている可能性があるかも…いえ、『ミカエル』の初期の頃のお二人は、その前の段階でかなりお互いに好意を抱いている雰囲気がありますのに、それが少し退化してしまっていますから…。
それでもやはりまだ恋人同士になる前のお二人、というのも新鮮で楽しく、また他の皆さんが見られるのも嬉しく、そしてベストカップルイベントはやっぱり色々思うところの出てくるもので、やはりよい作品…のんびり楽しみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177599421
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック