2017年09月09日

全ての恋に、花束を。

先日クリアしましたゲームの感想です。
よきものでした
□全ての恋に、花束を。
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○グラフィック評価:★★★☆☆(2.8)
 ○システム評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★★★(4.9)
 ○音楽評価:★★★★☆(3.5)
 ○声優評価:★★★★☆(3.5)
 ○難易度:☆☆☆☆☆(0.0)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.8)
 ○付加要素(おまけなど):★★☆☆☆(2.0)
 ○総合評価:★★★★☆(4.4)

こちらは過日届いたものとなり、百合が期待できることから購入をしたものとなります。
こちらはPCでまた同人なゲームとなりますけれど、特に年齢制限などはありません。

内容としましては、ひょんなことから同居をすることになった少し不思議なかたがたの日常を描いたお話、となるでしょうか。
ゲームのジャンルはオーソドックスなADV、ノベル系ゲームとなっており、今作と同日に届いて以前している『ことのはアムリラート』の様な特殊なシステムもありません。

お話の主人公は星舟なぎささんという20歳か21歳くらいの女のかた…ごくごく普通の、少し過去に影を持つ、またやや子供っぽく見えないこともないかたとなるでしょうか。
その彼女は東京で服飾系の専門学校に通っていたのですけれど、そこで息詰まりを感じてしまい実家のある田舎へ帰ってきました…実家とはいえ父親は海外におり現在は誰もおらず、そこで一人でしばし過ごすつもり…だったのですけれども…?

田舎へ戻ってきたなぎささんに親しげに声をかけてくるかたがおり、それがのあさんというなぎささんよりも幾分年上に見える、かなり明るく無邪気な性格をした女のかたでした。
こののあさん、実はなぎささんが東京へ行く前に知り合っていた犬でして、犬が人間になったかといえばそうでもなくってなぎささん以外の人には普通の犬に見え、けれどなぎささんには人間にしか見えず言葉も通じる、でも鏡で見ると確かに犬として映っているというややこしい存在…のあさんはなぎささんのことを非常に慕っており、一緒に家についてきてしまうのでした。
彼女は明らかに人間として行動しているのですけれど、部屋の掃除をしたりしているさまを普通の人間が見たらどう映っているのかが気になる…(何)

家にはなぎささんが専門学校時代に使っていたマネキンが彼女の私物とされて送られてくるのですけれど、何とそのマネキンもなぎささんには普通の人間に見え、また会話も普通にできる状態になっていました…でも他の人にはマネキンにしか見えません。
彼女は専門学校の先輩でなぎささんが憧れていたデザイナーの日向アリサさんそっくりの外見などをしており、そのままアリサさんと呼ばれることに…長い黒髪をした落ち着いた、かなり大人っぽいかたとなるでしょうか。
ちなみに移動時はマネキンの部品の一部だけで大丈夫な様子で、ですので他の人が気にすることはない模様…。

そして最後に、偶然出会った中学生か高校生な女の子も連れ帰ることに…彼女はあやめさんといい地元の名家の令嬢だというのですが高飛車でややきつい性格の、その境遇を含めると『艦これ』の満潮さんに雰囲気の重なるいわゆるツンデレさんの、そして6年前に亡くなった幽霊だといいます。
ですのでやっぱりなぎささんとのあさん、アリサさんにしか認識できない存在であり、なぎささんはその様な明らかに普通ではないかたがたと一緒に生活をしていくことになるのでした。

その他登場人物としましては、隣人のイザベルさん…サングラスの種類が豊富な体格のいい男性好きな男性で、もちろん(当初は)のあさんたちの姿は認識できないものののあさんが彼のことをオ○マ(これは実際作中で伏せ字になっています…今作は版権関係も含め伏せ字多め…/何)と呼んだ際のみ言動を理解しているとしか思えない反応を見せます。
少し変態で裏では危ない仕事をしていそうな雰囲気があるものの面白くまた非常に気のいいかたなのですけれど、個別ルートに入った後の超人っぷりには驚かされ、一体何者なのかと…あと個別ルート前に入る彼の恋愛エピソードはかなり泣け、そしてエンディングでは…?

立ち絵のあるかたとしてはあとはなぎささんが働くことになる食堂の女将さん、そしてアリサさんルートのみ登場する彼女の元になっている日向アリサさんで、ここまでの立ち絵のあるかたがたには声があり、その他の立ち絵のないかたがた(なぎささんの父親とかコンビニエンスストア(?)のおばあさんとか)には声がありません。

お話のほうは、先日までにのあさんとアリサさんルートを終えていましたので、最後のなぎささんルートを実施していきます。
このルートでは彼女の生前置かれていた境遇が明らかになり、彼女の母親の置かれている状況を巡って彼女が生に執着する理由がなくなり消滅しそうになってしまいます。
幽霊が成仏するのですからそれはもちろんよいことなのですけれど、ただあやめさんはつらい想いのまま消えていこうとしていますので、なぎさんたちは何とかしたいと考えて…。
結果的にあやめさんは幸せな気持ちの意味で満足して消えてしまうのですけれど、この際の消えかたはちょっとギャグの入ったものになっていて本人を含めた皆さん唖然…それでも、最後は彼女の気の強さが幸いしてハッピーエンドになってくださいました。

これで三人全員のルートを終えたのですけれど、すると最後にちょっとしたエピソードが入り、そしてこれまで流れなかったエンドクレジットが流れ、今作を完全クリアということになりました。
選択肢について、途中ところどころで選択肢はあるもののそれはルートには一切影響しない様子で、最後の選択肢となる温泉での三択…そのまま三人の誰を呼ぶか、で選んだかたのルートへ進みその先のエンディングは1つですので非常にシンプルでお話を楽しめばよいだけのものになっています。

そのお話なのですけれど、今作は百合と明記されており確かに百合作品ではあるのですけれど、個別ルートになってからの想いが近づくさまが結構強引でしたりして、そこへ至るまでの心情などはそこまで深く描かれていません。
今作はむしろ家族愛を描いたお話といってよく、なぎささんと不思議な三人が家族としての絆を深めていくさまを見守る作品といえます…それはとても微笑ましく楽しいもので、こちらの心もあたたかくなります。
個別ルートの終盤ではいずれのルートでも波乱が生じますけれど、いずれも恋人に対してというよりは大切な家族に対して、という印象が強く、またいずれももうお会いできないそれぞれの母親が深くかかわってきますのでその印象をより強くします。

登場人物はいずれのかたも魅力的で、男性キャラのイザベルさんも含め愛おしく感じます…ですのでエピローグで彼も家族認定されるという展開は嬉しいものです。
アリサさんルートは彼女の元になった日向アリサさんメインのお話になっていきアリサさん自身の心情などがあまり描かれないのは残念なのですけれど、ただエピローグにかけての展開が一番大好きなのはこのルート…もちろん他のルートのお話もとてもよいものなのですけれど、このルートでは日向アリサさんも大切な家族になりますので、より…。

イラスト…作画はなかなかよきものです。
グラフィックは同人なゲームということもあり悪くはないくらいです。
システム面はこの手のゲームの基本的なシステムは全て備わっており不自由しません。
内容のほうは、皆さんの家族の様な関係がとてもよく、微笑ましいと同時に色々泣かされます…個人的にはかなり愛おしく大好きなお話です(細かいところを言うと誤字や台詞と字幕が合っていない箇所が結構あったりしますけれど気にしないでおきましょう)
音楽はなかなかよく、エンディングはボーカル曲となっています。
声優さんも特に問題なく皆さんよく合っています。
難易度は上で触れたとおり選択肢は個別のルート分岐に対するもののみですので気にしなくてよいレベルです。
百合的にはもちろんなぎささんとそれぞれのかたがたとの関係…ただこちらはやや展開が急かもしれません?
おまけとしてはこの手のゲームの基本であるCGモードやBGM鑑賞モード、回想モードが揃っています。
ということで、こちらは非常に心あたたまりそして泣けるよいお話になっていて、百合というよりも家族愛な作品といえるのですけれどもそれはそれでとてもよきもので、個人的には大好きで仕方のないレベルに達しましたかも…『ことのはアムリラート』も本当に非常に愛おしく感じる作品ですし、同時に届いた百合系ゲーム2作品が両方ともそこまで大当たりの作品でしたのは非常に嬉しく幸せなこと、しかも最近はゲームだけでなくアニメも『フレームアームズ・ガール』をはじめとして『ひなこのーと』に以前観ている『ブレイブウィッチーズ』に以前観ている『けものフレンズ』と非常に素晴らしい作品たちに巡り会え続けていてとっても幸せなことです(ただ、その分なのか、その後同時にに届いたRPG系ゲーム2作品がどちらもちょっと…?)
ともかく15日発売予定な『FLOWERS』冬編発売までに今作と『ことのは』のどちらも終わらせることができ一安心…まだ時間はありますし、ユリアーモ字幕モードが開示された『ことのは』の2周めを楽しみます?


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、失敗、失敗、失敗
-----
【大型艦建造最低値】
伊勢さん
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→高速建造材という完全無意味な場所行き任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:分岐北上→高速建造材という完全無意味な場所行き任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・3回め:分岐北上→高速建造材という完全無意味な場所行き任務完全失敗
○潜水艦隊2-3・1回め:分岐北上→無意味なボス行き任務失敗
○潜水艦隊2-3・2回め:分岐北上→輸送船エリア到達・輸送船5撃沈任務発動のため2の撃沈で3撃沈任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:0
○輸送船エリア行き:1(ボス前南下:1)
○高速建造材という完全無意味な場所行き:0
○ボス到達:5(3連続:1・2連続:1・ヲ級さん編成:2)
○損害:大破1・小破1
-----
…2-2は最近高速建造材という完全無意味な場所行きになることが多く、ただでさえ少なくなってしまっている輸送船撃沈の滞りを増長させる展開に憤りすら覚えます…あのエリア永久に崩壊、消滅してください。
しかも輸送船撃沈任務の時点でどうしようもない展開に陥り…この様な展開、今週2回めなのですけれどもいい加減にしてくださらないものでしょうか、心底嫌になってきます…。

ただ、南西諸島任務は恐ろしく順調な結果で、何とはじめの分岐での北上が0…輸送船エリア行きも、ろ号作戦が危うくまた輸送船5撃沈任務が発動していましたので1回は到達する必要がありましたのでかえってありがたいのでした。
輸送船任務と開発での無残な惨状で悪い運が全てそちらへ向かった、ということなのでしょうか…。

私のほうはイベントはもう終わっているのですけれども、そのイベント期間もあとわずかとなり、とっても大好きなあのかたが無事に進められているか心配な中、私があまりのんびりしているというのも何だかよくない気分ですので、せめて…ということで、残存している厳しい任務を実施してみることにしました。
とはいえ(月間や週間任務を除く)残存出撃任務3つのうち2つは6-4以降の、基地航空隊がない現状では手が出ない海域ですのでどうしようもなく、ですので残った1つの長門さん改二仕様を旗艦とし陸奥さんを2番艦とした艦隊で4-5と5-5へ、という任務を実施してみることにしました。
そしてうち4-5はすでに達成しており50%以上達成状態になっていますので、5-5を終えればよいことになります。

ただこの5-5というものが曲者で、私は過去に1ヶ月だけここのゲージ破壊をしようとし実際ゲージをある程度削ることには成功したもののそれはあのかたに教えていただけた艦隊を高速な速力に統一したものでして、長門さんたちは低速ですのでその編成は使えないのでした。
しかもボス戦には潜水艦がおり、任務達成条件がA判定でもいいのかどうか不明ながら可能ならば敵全滅を狙うべき、ということで対潜艦も入れなくてはいけないことになります。

編成をどうすればよいのか不明ですので、とりあえず…
-----
○第1艦隊:長門さん(99)・陸奥さん(99)・翔鶴さん(99)・瑞鶴さん(99)・大鳳さん(99)・五月雨さん(162)
○道中支援艦隊:大和さん(99)・武蔵さん(99)・蒼龍さん(99)・飛龍さん(99)・夕立さん(99)・荒潮さん(99)
-----
…高速艦隊の際の編成を基本に空母を1減らして対潜艦として五月雨さんを加えた艦隊を編成、さらに道中が危ういので南方海域初の支援艦隊を、しかも極めて重い支援艦隊を出してみることにし…
-----
○1回め:初戦・支援到着・完全勝利→分岐東進→第2戦(夜戦対潜戦)・陸奥さん大破瑞鶴さん中破終了
-----
…初戦終了後の分岐で過去には進まなかった場所へ進み、5-3で低速のかたを入れた際と同様の阿鼻叫喚となってしまいました。

つまりこの編成ではダメということで、低速なかたが混ざっている時点でどうしようもない可能性もあるながら、まずは編成を軽くしてどうなるかというものに一縷の望みを託すこととし…
-----
○第1艦隊:長門さん(99)・陸奥さん(99)・翔鶴さん(99)・瑞鶴さん(99)・隼鷹さん(99)・五月雨さん(162)
○道中支援艦隊:大和さん(99)・武蔵さん(99)・蒼龍さん(99)・飛龍さん(99)・夕立さん(99)・荒潮さん(99)
-----
…装甲空母を軽空母に代えてみました。
他のかたはそのままという状態で、この様な結果を得ました。
-----
○2回め:初戦・支援到着・完全勝利→分岐南下→・第2戦・支援到着・五月雨さん中破敵全滅→第3戦・支援未着・陸奥さん翔鶴さん中破A判定→分岐南下→ボス戦・陸奥さん瑞鶴さん隼鷹さん大破五月雨さん中破敵旗艦及びレ級さん残存・夜戦変化なしA判定
○3回め:初戦・支援到着・陸奥さん小破敵全滅→分岐南下→第2戦・支援未着・敵全滅→第3戦・支援到着・陸奥さん翔鶴さん中破敵全滅→分岐南下→ボス戦・隼鷹さん中破旗艦残存他撃沈・夜戦敵全滅
-----
…この編成ならば高速艦隊同様のルートでボスまで進むことが解りました。
1回めのボス到着時で敵旗艦撃沈は失敗したもののA判定勝利は取得、けれど任務は達成できず敵の全滅が必要だということが判明しました。
2回めの出撃でも無事にボスへ到達、そしてこちらでは無事敵の全滅に成功…
任務完了
…敵全滅のキャプチャ取得には失敗したものの確かに任務は達成、新型のバルジを得られました。

これで出撃任務は現状実施不能のもののみが残り…こ、これらは基地航空隊を必要としたり、あるいは鈴谷さんを軽空母にしなければならなかったりあまりにきつい海域を複数出撃させつつ定期任務になっていたりと色々きつすぎですので、見逃してくださいません、か…?
5-5についても、今回はたまたまボスへ進めたものの確実にボスを撃破できるわけでもなく、さらにボス前のレ級さんが航空戦と先制雷撃と砲撃でこちらをぼこぼこにしてきたり、そして極めつけとしてボス前であらぬ方向行きがあったりとゲージ破壊はあまりにつらく、こちらもご容赦くださいまし…ボス前のレ級さん+羅針盤という邪悪な存在の組み合わせはイベント海域よりきついです…。
…はじめて出してみた支援艦隊は2〜4の敵を撃沈してくださりまずまずの強さでしたけれど、でもこないこともあり、またきてくださってもレ級さんは残ってしまうので彼女の先制雷撃などを防ぐことはできず…。

これでもう、あとはあのかたがイベントをご無事に終えられることを陰ながらお祈りするだけ、なのですけれど…
ツンデレ艦隊?
…上で触れた作品のあやめさんの影響で満潮さんを旗艦にしたい気分になり、さらに彼女と一緒にこの様なお二人もセットにしておきたくなったりして…?(何)
他の艦娘たちもそうなのですけれど、満潮さんはその史実を思うと本当に泣けてしまいます…そこがやはりあやめさんに通じるところがあり、またそれだけに先日届いた『西村さん家の満潮ちゃん』がとてもよい同人誌で巡り会えたことに感謝したいものになっていたわけですけれども。


そして…
轟雷さん
…轟雷さんの武装も完成、装備できましたけれど、ただどうしてもバランスを保てません(何)
アーマーがありませんけれど、そこは仕方のないところとして、ひとまずこれで完成…引き続きスティレットさんを作ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180934680
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック