2017年10月05日

アパートの隣に魔法少女が引っ越してきました。

先日読みましたコミックの感想です。
なかなかよきもの…
□ガヴリールドロップアウト(5)
■うかみさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『ひとりぼっちの○○生活』や『新米姉妹のふたりごはん』『つむじ風の少女』などと同じものとなります。
こちらはアニメ化した作品となります。

内容としましては、人間界で暮らすことになった天使の日常を描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第4巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でも天使や悪魔の皆さんの人間界での日常が描かれていき、この巻ではタプリスさんが別の、新キャラになる悪魔なかたと知り合います。
そのかたは黒奈さんと呼ばれていますけれど本名は解らない、ちょっといわゆる中二病な気配を感じるかた…知識が悪魔の常識になっているためちょっと物騒に見えるものの基本的にはいい子かと思われます?

その様な新しいかたも登場しつつ、お話はよい意味で相変わらずのまったりしたものです。
サターニャさんがヴィネッタさんとともにカラオケへ行くお話では、ヴィネッタさんの口からどうしてガヴリールさんがあの様なだらしないことになるに至ったかが語られますけれど、要するに感化されてしまったというわけです(何)

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはどうでしょうか、登場人物は皆さん女の子ばかりですのでそのあたりは安心です。
ということで、こちらはやはりなかなか面白い作品で、本当に同じクールに他に特に何もなければ普通にアニメDVDも購入していたかと思うのですが…ともかく続きも見守りましょう。


また、同時にこちらも読みましたので…。
まだ続く…?
□まちカドまぞく(3)
■伊藤いづもさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(3.7)

こちらも上の作品とともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
…上の作品同様に悪魔の関わる作品、ということで一緒に読んでみました(何)

内容としましては、ある日突然魔族の力に目覚めた女の子の日常を描いた4コマ、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻では、皆さんが夏休みを迎える中、ミカンさんが優子さんの暮らすアパートの、その隣のお部屋へ引っ越してくるところから…成り行きで(?)桃さんも夏休みの間はそのアパートで暮らすことになりました。

そして、優子さんと桃さんは桃さんの姉である桜さんの行方を捜すことになり、今巻はその顛末が主題となります。
途中、別の魔族が経営する喫茶店へ偵察に行った優子さんがアルバイトを強要されたりするのですけれど、その後そこのマスターのお話などから重要な事柄が判明します。
その末に姉の謎は解けるのですけれど、少々難しい問題が絡んでおり、すぐそばにいるものの姿を見せることは不可能ということが解ります…ただそれでひとまずは桃さんも納得されて…?

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはやはり優子さんと桃さんの関係が悪くありません。
ということで、こちらはきらら系作品ではかなり珍しい部類に入る3巻の壁を突破しました…ストーリーを見る限りアニメ化はないでしょうけれど(3巻分の内容を1クールに収めるのはきついのではないかと/何)、ともあれ続きも見守りましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
4連装魚雷、15cm3連装砲、失敗、流星
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→高速建造材とかいう完全無意味な場所行き任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船3編成任務達成
(南西諸島任務完了後)
○通商破壊艦隊2-2・3回め:分岐北上→輸送船エリア到達・ル級さん+輸送船2大外れ編成球磨さん大破
○通商破壊艦隊2-2・4回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船2大外れ編成加古さん大破
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:4(3連続:1)
○輸送船エリア行き:0
○高速建造材という完全無意味な場所行き:3(3連続:1)
○ボス到達:3(3連続:1)
○損害:中破1
-----
【ろ号作戦/南西諸島任務(2-3潜水艦隊)】
○ボス前行き:2
○輸送船エリア行き:1(南下2戦ルート:1)
○ボス行き:2
○損害:初戦大破1・小破1
-----
…先日は北方海域任務ともどもストレートで終了した南西諸島任務ですけれど、昨日はその反動が思いっきりやってきてしまい、輸送船任務ともども高速建造材とかいう完全無意味な場所行きを連発という、輸送船撃沈すらできない、ゲームそのもののことを嫌いになりかねないどうしようもない展開を見せつけられてしまいます。
心底任務放棄をしたい気持ちにさせられますけれど、輸送船20撃沈任務すら完了していない非常に危うい状態ですので、何とか続けることに…そこからはボス行きを連発し南西諸島任務自体は完了できた、のですが…。

輸送船を撃沈したいので潜水艦隊の2-3出撃も並行していますのに、なぜかボス行き連発…南西諸島ボス到達合計4回後の出撃でようやく輸送船エリアへ1回行ったかと思えば、その次の出撃は初戦大破終了…。
結局南西諸島任務終了の時点でも輸送船20撃沈任務すら未達という非情に危うい状況に陥りましたので、そこから再度通商破壊艦隊を派遣、何とか輸送船エリアへ到達するものの2回出撃し両方大外れ編成で輸送船が少ない上に大損害…一応輸送船20任務完了という最低限のことはできたものの何なのでしょうこれ、そんなに輸送船を撃沈してもらいたくないという悪意すら感じてしまうのですが…。


久しぶりに再開できた『FLOWERS』冬編はルート探索を行います。
立花さんルートがあるはず、と選択肢で彼女の好感度が上がりそうなものを優先して選んでいったところ、彼女のルートには入らなかったものの、別の新たなルートに入りました。
それは演劇会の後にマユリさんを引き止めることに成功、皆さんとともに真実を知りに行く、というもの…そのルートで概ねの謎は解けていきました。
最後は少しだけあっさりしていた印象もあるもののハッピーエンドといってよい終わりかたとなり、エンディングもボーカル曲が流れ、その後のタイトル画面も変化…エンドリストにはGOODエンドとあり、もしかすると2周め以降しかこのルートには入れないのかもしれません。

それでもまだエンドリストには2つ未開示がありましたので、3周めとして2周めと同じことをしてみたはず…なのですけれど、お話の途中でこれまでには出現しなかった選択肢がいくつか出現、立花さんへお誕生日プレゼントを渡すに至りました。
そこからさらにお話を進めると、マユリさんが去っていく1周めと同じお話に入っていったのですけれど、ただ1周めはそこで終わったのに対しこちらは後日談が入り、立花さんエンドとなりました。

これで未開示なエンドリストはあと1つ、今日はこれを探すことになりますけれど…マユリさんの行動がいまいち納得できない…。
いえ、介護している人のそばにいたいという気持ちは解るのですけれど、かといってルートによっては蘇芳さんに何も話さないどころか突き放す、というのはどうなのかなと…?(学院側も、学院側の私的な事情でその生徒のことを想う他の生徒を苦しめてよいのでしょうか…)
立花さんルートでの展開に至っては、お二人とも学院の職員になる道を選んだのですから、その際に学院側から真相を普通に説明してもよいのではないかと思われるのですが…というより、それだけの年月が経ってもマユリさんが戻ることのできる状況にはならないのですか…。

そのあたり、ちょっと納得のできないところもあるのですけれど、概ね謎も解消…何とか残り1つのエンドリストを開示し、それが達成できたらドラマCDを聴かないと…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
>ガヴリールドロップアウト

呪いの飴はネタだから例外としても、タプリスさん絡みなど、やや百合度の高い巻だった気がします。
女の子だけの友達モノは、きらら系を筆頭に結構多いので、この作品も「その一つ」という印象でしたが、一応作者さんは「百合」のつもりで描いているらしいです。

>まちカドまぞく

アニメ化……してほしいですね。絵もトップクラスに上手いと思いますし、とぼけたギャグも可笑しく、たぶん人気もあるような。
『スロウスタート』や『こみっくがーるず』も大好きですが、何となく、こっちのほうが先にアニメになるのでは、等と思っておりました。
Posted by soto at 2017年10月06日 22:37
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181185610
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック