2018年01月20日

騒がしくて愛おしい、艦娘たちの日常を目撃せよ!

先日読みましたコミックの感想です。
アンソロジーです
□艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(19)
■アンソロジー
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.3)
 ○内容評価:★★★★☆(4.0)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『けものフレンズ』アンソロジーの一つや『まなびストレート!SAKRA』『ヴァルキリードライヴ ビクニズム/セイレーン』などと同じものとなります。
こちらは元はブラウザゲームとなりヴィータさん版なゲームも出たり以前観ている通り劇場版が制作されたり、以前読んでいるものなどコミカライズ版や以前読んでいるものなど別のアンソロジーも出ているシリーズの作品となります。

内容としましては、『艦隊これくしょん』のアンソロジーとなります。
と、説明がやはり以前読みました第18巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
参加している作家さまで私がコミックを持っているかたとしては、以前読んでいるものの途中で切ってしまった作品のむねきちさま、以前読んでいる『待てば海路の日和あり』のつっこさまがいらっしゃいました。
カバー下は例によって以前購入している同人誌『カンムス・ア・ゴーゴー』のポンさまとなっています。

お話のほうは、ということで『艦これ』のアンソロジーとなります。
アンソロジーということで、やはり基本的には楽しいコメディものが中心…個人的に「なかったこと」にしている要素が連載ものも含め多少目についてしまいましたけれど、ひとまずは気にしないでおくことに…。
恒例のノブヨシ侍さまの巻末作品が4ページしかなかったのが残念でしたけれど、初春型姉妹の皆さんのお話などやはり楽しいものが多くて概ね悪くなかったかと…択捉さんがかわいいです。
…「なかったこと」にしている要素はただ私が個人的に苦手なために「なかったこと」にしているだけで、百合を謳っているものでもないわけですから(羽黒さんのものとか)そういうお話があっても作品のバラエティの一つとして何ら問題ないわけですけれど、ただ今回は一つ、ちょっと、いえかなり、そういう次元を通り越して普通に不快感を覚えるお話がありこれはさすがに「なかったこと」とかそういうこと以前の問題に感じられ、しかもその作者のかたは…まぁ、やはり過去に作品を切っているのにはそれなりの理由がある、ということなのです…(何)

イラストはアンソロジーですので玉石混淆ですけれども悪くありません。
百合的にはお話によっては悪くないものもあり…?
ということで、今回は毎回楽しみにしている最後の作品がページ数が少なく少々残念でしたけれど、カバー下もよい意味で相変わらずでそこは一安心…。


また、同時にこちらも読みましたので…。
相変わらずの…?
□艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります!(11)
■桃井涼太さま(漫画)/DMM.comさま(提供)/「艦これ」運営鎮守府さま(開発/運営)
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★★☆(4.4)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★★☆(3.8)

こちらも上の作品とともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては上と同じもの…さらにタイトルから解る通り同じシリーズの作品ということで、一緒に読んでみました(何)

内容としましては、とある鎮守府の艦娘たちの日常を描いた4コマ、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第10巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻ではバレンタインあたりのお話から2017年の春に行われたイベントなどを経て初夏を迎えるあたりまでの皆さんが描かれていきます。

今回は山風さんやサラトガさん、コマンダン・テストさんなどが新たにいらしたり、朝潮さんや大潮さんに改二仕様が実装されるお話などが見られます。
そうした新しいかたがたや変化を迎えつつ、そしてイベントに絡んだお話も展開しつつ、やはり基本的には賑々しく楽しい皆さんを見守るものとなっています。
その他、巻末には恒例のお部屋訪問のお話…は少し脱線、その他那珂ちゃんと加賀さんのお話も収録されています。

イラストは悪くありません。
百合的にはどうでしょうか、やはりそこはかとなくある様な印象も…?
ということで、こちらもずいぶんな巻数を重ねてきましたけれど楽しくよきもので、続きも楽しみにしたいものです。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
10cm連装高角砲、失敗、零戦21型、失敗
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船3編成三隈さん小破任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
【1-5出撃任務】
○損害:なし
-----
…ろ号作戦がすでに完了しましたので、昨日はその後出現する1-5への出撃任務のみ実施しました。

ようやく龍田さんの近代化改修が完了しましたので、今日は彼女に関する新任務を実施していこうと思います?


『世界樹と不思議のダンジョン2』は9つめのダンジョンの全フロア踏破を完了、今日にもいよいよ最奥へ向かうことになりそうです。
昨日はその前に、街へ戻った際にメインの皆さんのスキル見直しを行いました。
アサミーナさんとかなさま、里緒菜さんは微調整程度だったのですけれど、すみれさんは思い切ってサブクラスも変更、パラディンにしてみました。
パラディンには盾防御力upと物理防御力ブーストのパッシブスキルがあり、この2つを極めることによりかなりの防御力が得られる、はず…それに、すみれさんの性格を考えてもパラディンが一番似合いそうな気もしますし…?(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 05:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182188923
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック