2018年01月29日

涙、涙の無人島物語

先日読みましたコミックの感想です。
アニメが放送されています?
□スロウスタート(5)
■篤見唯子さま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★★(4.9)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.4)
 ○総合評価:★★★★★(4.5)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなります。
こちらは今期にアニメが放送されている作品となります。

内容としましては、わけあって高校へ1年遅れて入学した女の子とその周囲を描いた4コマ、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第4巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でも引き続き皆さんの夏休みの様子が描かれていくのですけれど、その中で栄依子さんと冠さんのお二人の出会いのお話が回想として見られます。
栄依子さんはカップリングとしては先生寄りに見えるのですけれど、これを読むと冠さんを応援したく…けれど、2学期に入ると突如冠さんと先生が意気投合していたりもして…?(何)

後半に入ると2学期に突入、栄依子さんがクラスメイトに結構大変な目にあわされてもいた様な…?
終盤ではひょんなことから花名さんが本来でしたら同級生でした2年生の副会長さんとちょっとだけ距離を縮めるお話もあったりしますけれど、やっぱり基本的にはのんびりゆったり、楽しく微笑ましい作品です。
…今日の日誌のタイトルは、唐突に挿入されていた謎の2ページ漫画から…(何)

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはやはりそこはかとなく感じられる印象が…?
ということで、今回は栄依子さんと冠さんの回想なお話がとてもよかったりと相変わらずよい作品で、現状連載の続いているきらら系作品では今作が以前読んでいる『はんどすたんど!』と並んで特に大好きで仕方ないといえるものとなっていて、すでにDVDを予約しているアニメにも期待したいものです。


また、同時にこちらも読みましたので…。
アニメ化します?
□アニマエール!(2)
■卯花つかささま
 ○イラスト評価:★★★★☆(4.0)
 ○内容評価:★★★★☆(4.4)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.2)
 ○総合評価:★★★★☆(4.0)

こちらも上の作品とともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては上と同じものとなります。
作者のかたは以前読んでいる『天秤は花と遊ぶ』を描かれたかたとなります。
帯によるとこちらはアニメ化が決定しているといいます…上の作品同様きらら系でアニメ化したorする作品、ということで一緒に読んでみました。

内容としましては、チアリーディング部の活動を描いた4コマ、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻では虎徹さんも加わり4人で活動をしていく様になった皆さんの様子が描かれていき、また学校内でも少しだけ名が知れる様になったみたいです?

その皆さんの楽しく微笑ましい日常を描きつつ、チアとしての活動も少なからず行っていくことに…この巻では学内だけにとどまらず、小学生のサッカーの試合を応援することにもなるのですけれど、偶然そのチームというのが…?
終盤では再びバスケットボール部の応援をすることになるのですけれど、それを前にしてチア部に文句を言ってくる少女が出現…ひづめさんを先輩と慕うその子は牛久花和さんといい、ひづめさんが過去に所属していたチアリーディングチームの後輩にあたる、でも学年は同学年のかたで、花和さんからするとどうしてこんなレベルの低い部でひづめさんが活動しているのか納得いかなかったわけです。
けれど、ひょんなハプニングから花和さんが助っ人としてバスケ部の応援に出ることになり、それを通じて理由を感じた彼女は5人めの部員として入部してくださることになりました。
そして、部員数が5人に達したということで、晴れて同好会から正式な部活となることができたのでした。

イラストはよきものです。
百合的にはやはりこはねさんに対する宇希さん、あるいはひづめさんに対する花和さんが悪くなく…?
ということで、こちらも楽しくよい部活ものながら数あるきらら系作品の中からこれがアニメ化というのはさすがに結構驚かされましたけれども、まぁそれは以前読んでいて以前劇場版を観ている『けいおん!』以来度々あったことですし、すでに決定している以前読んでいる『こみっくがーるず』や以前読んでいる『はるかなレシーブ』ともどもこちらもDVD購入確定、でよいかと思います。


その様な昨日は上で触れたコミックたちを購入した日に届いたDVDたちのうち『NEW GAME!!』の第5巻を観てみました。

第9話は『シャツくらい着なよ!』ということで、まずははじめさんとゆんさんのお話から…。
ここではお互いの学生自体の様子を垣間見れるのですけれど、お互いにかなり意外な過去を持っていて…?
一方、ねねさんとツバメさんはここへ至るまでの心構えの違いで少し空気が悪く…下手をすればもっと空気が悪くなりかねないところなのですけれども、ねねさんの性格によりそこはそこまで深刻な事態にはならずに…?
そのツバメさんと紅葉さんのルームシェアの様子も描かれますけれど、あれが出現したことの影響でツバメさんが風邪を引くに至り…紅葉さんの生活力のなさがかなり露呈してしまわれるのでした。

第10話は『どんどんリアリティが薄くなっていくんだよ』ということで、まずはミニゲームを作るツバメさんの様子から…。
度重なる仕様変更により評価の面も不安になるツバメさんですけれど、先のお話といい結構おっしゃることがきつい…はじめさんも少し怖い、と感じてしまっておられましたし…?
それでも最後には満足のいく内容のものを作れましたので終わりよければ、でしょうか…ねねさんも要求されたものは期限内に作れて合格をもらえたのですけれど、それだけでは満足できず…?
第9話では出番のなかったコウさんとりんさんのお話が最後に入りますけれど、ここでのコウさんの態度を見ると、どうもこの第2期の終わりは彼女がここを去るところまでやりそうな気配、です?

ということで、こちらは残り2話(のはず…)…前巻では紅葉さんと青葉さんの関係が微妙でしたのに対し、今回はツバメさんとねねさんの関係が微妙になってしまいました。
前者はライバルといったところなのですけれど、今回はそれよりも微妙な関係で…ねねさんですのでそう深刻になっていませんけれど、結構つらい展開といえばそうかもしれません?
とはいえやはり基本的には楽しい作品で、こちらがどの様なかたちでお話を完結させるのか、最後まで見守りましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、12cm連装高角砲、25mm単装機銃、流星改
-----
【輸送船3/5撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船3編成三隈さん大破3撃沈任務達成
○通商破壊艦隊2-2・2回め:輸送船エリア直行・ル級さん+輸送船3編成5撃沈任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
(実施せず)
-----
…昨日はようやく、先週の日曜日以来となる通商艦隊のはじめの出撃での輸送船エリア到達に成功しました。
けれど昨日は輸送船5撃沈任務も発動していたため、結局2回出撃しなくてはならないのでした…。
posted by 桜乃 彩葉 at 04:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182264974
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック