2008年08月22日

AliceQuartet Visual Collection “Dolce”

〜拍手のお返事〜
23:12・23:14・23:16・23:18(昨日)>
私の物語の登場人物は叡那さまをはじめとして胸の大きなかたが多いので…つまり、そういうことです。
ちょっと下を見たら…私も同じくがっかりしてしまう感じですけれど。
そういえば、藤枝美紗さんは確実に幼児体型なのですけれど、松永いちごさんはどういうイメージを持たれているのでしょう…?
その美紗さんやいちごさんの次の登場は、夏のイベントのアイテムは一段落ついた頃になりそうかも…?


昨日の日誌に書いたPC版『アオイシロ』なのですけれど、どうやら多少の詳細はすでに判明していたみたいです。
追加シナリオやおまけシナリオなどがあったり、シナリオや演出の強化や変更もされたり『アカイイト』のキャラも登場しそうな様子だったりと、なかなか気になるところ…綾代さんシナリオはあるのでしょうか(何)
発売日は11月21日予定で、予約得典には書き下ろしシナリオのドラマCDがついてくるそうです…これは、購入しておいて損はないかもしれませんね♪


そんな昨日は虎穴通販から夏のイベントのアイテム第4陣として、この様なものが届きました。
多少多くなりますので、3つに分割して紹介…まずは今回のイベントの最重要の、メインアイテムからです♪
-----
待望の…♪
○AliceQuartet Visual Collection “Dolce”
-----
…はい、これは藤枝雅さま、源久也さまの作品で私が全作品中の中でもイラスト、内容ともにもっとも好きだと言える作品『AliceQuartet』の画集となります♪
藤枝雅さまの画集としては以前購入をした、2年前の夏のイベントで出た『千紅万紫』がありますけれど、こちらはそれ以上に重厚な雰囲気のある、予想以上に立派で素晴らしい一品です♪
『ありかる』は2001年から開始されたプロジェクトですので、その頃から現在に至るまでのカラーイラスト、それにweb上で公開されていた4コマなどが収録されております♪
また、虎穴で購入したのでラフ画の収録された小冊子が特典でついてまいりました…今回届いたアイテムは夏のイベント前に予約をしたものたちで、発送があまりに遅くて困惑と失望をしていたのですけれど、画集はよきものでしたし特典もついてまいりましたから、許すといたしましょう。

続いて、同人ゲームとCDとして、この様なものも届いておりました。
-----
ゲームとCD
○MAGICAL BATTLE ARENA 魔法少女武闘祭
○RAYGING BLUE's -conflict warred-
○Awesome Night!!
○eXceed 2nd -VAMPIRE REX- ORIGINAL SOUND TRACK
○Five entrances
○注文の多い料理店 ほか
-----
…上2つが同人ゲーム、その他はCDとなります。

ゲームのほうたち…『魔法少女武闘祭』は色々な作品の魔法少女たちが登場する3Dアクションゲームとなります。
私の知っているキャラとしてはなのはさんとフェイトさん、それに木之本さくらさんあたりでしょうか…星空きららさん、星空さららさん、ルル・ジェラードさんにノウェル・ディアスタシスさんは一体何の作品に登場されるかたなのでしょう…?
ゲームモードとしてはストーリーモードの他、最大4人までネット上で対戦も可能な対戦モードなどもあります。
なのはさんやフェイトさんを使用して空を自由自在に飛ぶ、これだけでもなかなか楽しそうな作品ですね♪

『RAYGING BLUE's』はキャラクターが全員女の子らしいので購入をしてみたシューティングゲームとなります。
シューティングですけれど、小隊を編成することにより2つの機体を臨機応変に操作をしていくみたい…?
なかなか難しそうなゲームですけれど…って、私はたくさん持っている割にシューティングが非常に苦手ですからね…。

CDのほうたち…『Awesome Night!!』は毎回購入をしている東方のアレンジCDを制作されているサークル【ロリコ…ではなく【Rolling Contact】、天音さまの作品となります。
第3陣までに購入をした東方アレンジCDはいずれもクラシック系だったのですけれど、今回は天音さまということもあり激しい系統の曲となりますね…何だか新鮮にも感じられてしまったり(何)
ジャンルとしてはレイヴというものになるそうなのですけれど、そういう音楽のジャンルに疎い私には解らず…でも、よいものであるのは間違いありませんし、満足です♪
さすが、私が購入の継続を決定した数少ないサークルさまのお一つです♪
…どうも今回のCDのタイトルにもおまけ要素が含まれているとのことなのですけれど、私には全く解らないです…。

『eXceed 2nd -VAMPIRE REX- ORIGINAL SOUND TRACK』は以前購入をしたゲームのサントラとなります…『3rd』のゲーム及びサントラも持っていますけれど、そちら同様にシューティングだけありなかなか激しい曲が多いでしょうか。
一方の『Five entrances』は同じサークルさまの制作されたオリジナルボーカルアルバムとなります。
ジャケットデザインなどのとおりやや重めの曲が多かったかと思いますけれど、それがまたよいものだったかと…個人的にはよい曲たちだと感じました♪
ただ、ジャケットの女の子、胸があらわになっていますけれどよいのでしょうか…(何)

『注文の多い料理店 ほか』は以前にも何度か購入をしたことのある朗読CDですね。
今回は宮沢賢治さまの『注文の多い料理店』『よだかの星』『貝の火』の3作品を沢城みゆきさまが朗読しております。
こちらはまだ聴けておりません…。

最後に同人誌として、この様なものも届いておりました。
-----
『なのは』中心で…♪
○なのふぇいとはーと
○PN9 〜魔法少女リリカルなのはif〜
○LyricalMagic MiddleRange
○LyricalMagicすとらいかーず 4th Encounter
○総集編なの
○FAKE PAST
○MIND CONTROL
○Chase
○白いなのはと黒いなのは
○SUTEKI WARS U
○ストライクウィッチーズ アフリカの魔女
○こんにちはお元気ですか?また百合に関する実験してみました。
○天獄パラダイス(2)
-----
…上9冊は『なのは』、1冊は『東方』、1冊は『ストライクウィッチーズ』、残り2冊はオリジナルとなります。
明らかに『なのは』中心です♪

『なのふぇいとはーと』は以前購入をした『シグふぇ!』がなかなかよき作品でしたのでお気に入りに追加されたサークル【ついんて!】さまの作品…てっきり『シグふぇ!』の第3弾が出るものかと思ったのですけれど、今回はなのはさんとフェイトさんのお話でした。
内容としては、『A's』終了後あたりと思われる頃のなのはさんとフェイトさんのお話…風邪を引いてしまったフェイトさんをなのはさんがお見舞いをする、というものですね。
この作品、前書きで作者さまが「ガチ百合なのです!!」と断言しているとおり、お二人の百合なお話となりますね…微笑ましいものでしたし、よきものだったかと思います♪

『PN9』は毎回購入をさせていただいているサークル【ぱるくす】さまの作品…ifとついているとおり、プレシアさんやリニスさん、アリシアさんにリインフォースさんが生きていて、皆さんのところへやってくるというものとなっております。
これは以前購入をした『PN4』の続きとなって、この雰囲気ですとまだ続きがありそうな感じですね♪
リニスさんは何となく腹黒い雰囲気の人になっている様子なのですけれど…ともかく、これと同時に出た『PN10』は予約はありませんでしたので現在注文中です。

『LyricalMagic MiddleRange』は毎回購入をさせていただいているサークル【ryu-minBS】さまの作品となります。
内容のほうは作者さまのサイトにて2007年12月から2008年1月あたりに掲載されたものに描きおろしを加えたものとなっていて、かなり色々な1話完結のお話が収録されています。
かなりごちゃごちゃとした編成ではありますけれど、1つ1つのお話はなかなか面白いものだったかと思います♪

『LyricalMagicすとらいかーず 4th Encounter』のほうも上のサークルさまの作品…こちらは以前購入をした3作めの続きとなる『StrikerS』な作品となりますね。
お話としては前作の続きですのでヴィヴィオちゃんが登場してルーテシアさんやナンバーズたちと戦闘になるあたりを描いています。
前作でティアナさんはスバルさんに猫耳をつけられてティアにゃさんに…中盤でこれがついにばれてしまってスバルさんは死んでしまいます。
そのスバルさんはルーテシアさんの能力のことが気になっている様子…キャロさんが『ファイナルファンタジー(W〜Y限定らしい?)』好きだったりと、かなり他の二次創作では見られない独特な要素が含まれてきており、百合的にはなのはさんとフェイトさんしか見所はないながらもなかなか面白いものかと思われます♪
あと、今回はおまけ作品としてシャマルさんのお話も収録されておりました。

『総集編なの』はタイトルどおりの総集編…どなたの総集編なのかといえば、以前購入をした『Best Partner』や同じく以前購入をした『すずかの猫日記』を描かれたサークル【天夏屋】さまのものとなります。
総集編ですのでこのかたが過去に発行した5つの作品が収録されております…『Best Partner』は入っていますけれど『すずかの猫日記』は入っていません。
お話は本当にどれもなかなかよく、最後の『彼女たちのバレンタイン』のはやてさんの一言がなければほぼ手放しで褒めているところです…あのフェレットがなのはさんのお相手だなんて、それはフェイトさんでなくても怒ります。
個人的にはフェイトさんとシグナムさんのお話『Call me sister』が特によかったでしょうか…ティアナさんとスバルさんのお話『Best Partner』はすでに以前読んでおりますし、ね。

『FAKE PAST』は何となくよさそうでしたので購入をした作品となります。
内容としてはこちらも『A's』終了後あたりと思われる頃のフェイトさんとなのはさんのお話…フェイトさんが自分の中に残るアリシアさんの記憶に少し悩まされてしまう、というお話となります。
フェイトさんの出生を考えると、こういう切ない事態も十分起こりえるわけで…でも、なのはさんという支えてくださるかたがいるのですから、きっと大丈夫なのです♪
イラストもよく、よい作品だったかと思います♪

『MIND CONTROL』も上の『FAKE PAST』と同じサークル【Room0016】さまの作品となります。
内容としては、上の作品がシリアスなものだったのに対し、こちらは愉快な感じのもの…作者さまもそれを意識して描かれたとあとがきに書いてありました。
舞台はやはり『A's』終了後あたりと思われる頃、学芸会で黒猫の役をすることになったフェイトさんがなかなかうまく演技できないので、なのはさんが洗脳をかけようとして引き起こされる微笑ましい騒動を描いたものとなります。
こちらはこちらで微笑ましく、よい作品だったかと思います♪
このサークルさまは内容もよいですし、あとがきで「なのは男子キャラに優しくないサークル」と言っていますし、お気に入りサークルさまに追加いたしましょうか…♪

『Chase』も何となくよさそうでしたので購入をしてみた作品となります。
内容としては、おそらくなのはさんたちが中学生か高校生くらいの頃かと…アリサさんの一言でなのはさんとの関係を少し見直そうとしてしまうフェイトさんですけれど、そんなフェイトさんになのはさんが…という感じでしょうか。
イラストもよく、内容も百合々々でとてもよいものだったかと思います♪

『白いなのはと黒いなのは』も何となくよさそうでしたので購入をしてみた作品となります。
内容としては、舞台は無印の頃、自分の分身を作れる人形をなのはさんが作動させてみたものの、現れたのは黒いなのはさんで、その黒いなのはさんが多少の騒動を引き起こしていく…という4コマになっております。
まずまず、悪くはない作品だったかと思います。

以下は『なのは』以外の同人誌…『SUTEKI WARS U』は東方な同人誌となり、毎回購入をさせていただいているサークル【海運】さまの作品となります。
こちらは以前今年の博麗神社例大祭において購入をした作品の続編となります…作者さまのお話ですと三部作の予定ながらそれでは収まらないかも、とのことですね。
内容のほうはその以前の日誌に書いたとおり幻想郷の勢力たちが争うものですけれど、紅魔館を占拠した妖精軍団がこの巻においてずいぶん目立ってまいりました…幽香さんにパチェさんとフランさんもいますし、おまけ勢力かと思っていたのですけれど、あとがきによるとこの妖精王国がメインらしい…?
ボリュームもあり、イラストも相変わらずかわいらしく、よいものだったかと思います♪
幽々子さまが死んでいましたけれど、あのかたはもともと死んでいます…映姫さまが全く登場しませんでした…。
…第5陣までやってきて、東方の同人誌は藤枝雅さま、真田一輝さまのものに続き、これでやっと3冊め…この3冊は作者さまが作者さまですのでいずれもよきものだったのですけれど、ね♪

『ストライクウィッチーズ アフリカの魔女』は以前コミックを読んでみてなかなか悪くなかった作品『ストライクウィッチーズ』の原作に名のある島田フミカネというかたの関わっている作品ということもあり購入してみました。
内容のほうは、ネウロイと呼ばれる謎の勢力と交戦する人々の、アフリカ戦線でのお話…前線を防衛する軍がネウロイに襲撃され、ストライクウィッチーズが救援にやってくるまで何とかそこを死守する、というものとなり、前半はコミック、後半は小説となっております。
タイトルの『アフリカの魔女』とはこの戦線で「アフリカの星」と呼ばれているウィッチ、ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ中尉のことでしょうか…アフリカ戦線ということもありますし、第2次世界大戦のアフリカ戦線におけるドイツの撃墜王、ハンス・ヨアヒム・マルセイユ中尉がモデルになっていそう?(舞台が1939年前後らしいですし…って、本当?)
今回のお話の主役はウィッチーズたちよりも、前線にいる男たちとなるでしょうか…以前見たアニメのデラーズ・フリートの人々みたいに男の花道というものをわきまえた、かっこいいかたがたでした♪(そちらといいこちらといい、明らかにナチス・ドイツ軍を意識しているみたい…かの軍はミリタリー・マニアに人気ですものね)
泣けてしまったりもしましたし、よい内容でした…私は戦争ものでの熱く戦う男の姿には結構弱いのです。
この作品については、『ARIA』終了後には0となる購入予定DVDに加えてもよいのではないかと、真剣に検討をしているところです…今回の同人誌を読んで、購入の方向へ気持ちが傾いたかもしれません。
…ちなみに、コミックのほうは吹き出しに日本語と合わせ英語による台詞まで書かれています。

『こんにちはお元気ですか?また百合に関する実験してみました。』はタイトルの百合という文字に惹かれて購入をしてみた作品となります。
イラストをどこかで見たことがある気がしたかと思ったら、以前読んだ『魔法使いしかっ!!』というコミックと同じ作者さまでした。
ともあれ、内容のほうは前半は「ベタ展開でなおかつキスがピークなお話。」というタイトルどおりのお話、後半は『魔法使いしかっ!!』のお話でキスについて語るものとなっております。
後半のお話はともかく、前半のお話は確かにベタながら百合なものでございましたね…♪

最後の『天獄パラダイス』はタイトルやイラストが引っかかって購入をした作品…というより、以前読んだ作品の第2巻となっていたので購入をしたものとなります。
以前読んだ第1巻はまんがタイムきららコミックスでの発売でしたのに、今回は同人誌…あとがきを読むと第2巻は書店販売には至らなかったとのことで、ボリューム的にはコミックが出せるだけのものなのですけれど、やはり厳しい世界ということなのでしょうか。
連載されている全ての作品がコミック化するとは限らない、ということなのですね…けれど、第1巻が出たのに第2巻が出せないなんて…。
ともかく、この作品はそのまんがタイムきららコミックスと同じサイズ、同じ厚さですのでいずれ日を改めてレビューを書いてみようと思います。

ともあれ、夏のイベントのアイテム第4陣はなかなかのボリュームでしたけれど、なかなかよいものが多かったかと思います♪
posted by 桜乃 彩葉 at 05:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 同人系作品購入履歴
この記事へのコメント
シャッス☆

うにゅ、またまたまた色々届いたみたいで〜☆

アオイシロ…私も何とか買いますのですよぅ☆
こ、コレクションとしてっ!

同人ゲームは私のPCでは動きそうに無いのですけど…
それ以外で良いものがありましたら、教えて下さいませ♪

『ストライクウィッチーズ』
は、確かにそう言うミリタリーな要素はありますねっ☆

小説の方も結構百合なのですよっ☆

男性キャラでもそう言うのは良いですねっ☆
最近は絶滅してる感じですし;


でわわ☆
Posted by 桜花 at 2008年08月22日 10:05
桜花さまへ>
シャッス!です♪
はい、やっと虎穴通販での予約アイテムが届きました…。

『アオイシロ』は、確かにコレクションとしてだけでも購入の価値はあるかも、ですね…♪

今回の本文中で絶賛したアイテムに関しては、基本的にお勧めですので、よろしければ…♪

ふむふむ、なるほどです…小説って作者や表紙の雰囲気の違うものが2種類あった気がしますけれど、あれは何か違うのでしょうか…。
はい、今読んでいるバスケット漫画のかたがたもなかなかよろしゅうございますけれど…♪
Posted by 桜乃彩葉 at 2008年08月22日 13:03
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18235682
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック