2018年05月16日

私の心はチョココロネ

先日読みましたコミックの感想です。
次で終わり…?
□コミック版 BanG Dream! バンドリ(3)
■柏原麻実さま(漫画)/中村航さま(ストーリー原案)/ISSENさま(原作)
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★★(4.5)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(4.0)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『マテリアル娘。』や『水雷戦隊クロニクル』『なのはViVid』などと同じものとなります。
漫画担当のかたは以前読んでいる『少女惑星』を描かれたかたとなります。
こちらは以前観ている様にアニメ化されまた以前読んでいるものなど別のコミカライズ版も出ているものとなります。

内容としましては、バンドをはじめることにした女の子を描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第2巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻ではたえさんからちょっと厳しいことを言われてしまうところから…そこからたえさんに満足してもらえる演奏を見せようということでクライブに繋がっていきます。
…今日の日誌のタイトルはこのクライブで皆さんが演奏された曲のタイトルから…。

クライブは盛況のうちに終わり、文化祭のお話へ…ここでは沙綾さんの過去が見え隠れしていきます。
その様な今作はアニメ版をそのままなぞったものになっていますので、そのアニメ版が完結していて全て観ていますのでお話はすでにどうなっていくのか解ります。
とはいっても、この手のアニメ版をそのままなぞったコミカライズ版というものはアニメ版よりも描写を細かく描いてくださる傾向が強く、今作もまたそうなっていますのでよきもの…確かに、このコミカライズ版を読みますとアニメDVDは購入したいかな、と思えます(何)

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはやはり香澄さんに対する有咲さんがなかなか悪くない印象…。
ということで、あとがきによるとこちらは次巻で完結とのこと…最後まで見守りましょう。
…帯にガールズバンド史上最速で武道館公演を実際に行った、と書かれていたのですけれど、そこまでのアニメでしたか…う〜ん…(そして、この帯が決め手で下の作品を一緒に読むことにしたのでした/何)


また、同時にこちらも読みましたので…。
これも武道館…?
□推しが武道館いってくれたら死ぬ(4)
■平尾アウリさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.2)
 ○総合評価:★★★★☆(3.8)

こちらも上の作品とともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『まめコーデ』や『まんがの作り方』『ねこむすめ道草日記』などと同じものとなります。
作者のかたは以前読んでいる『まんがの作り方』を描かれたかたとなります。
…上で触れたとおりの理由により上の作品と一緒に読んでみました(何)

内容としましては、アイドルの熱狂的なファンのかたを描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第3巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻では、えりぴよさんが応援しているかたの所属するアイドルグループが結構大きな規模のアイドルフェスに出場することが決まります。
何分はじめてのことですのでえりぴよさんは他の人気アイドルの偵察で広島まで行ったり、あるいは少しだけテレビに映ることが解ると一人では緊張して観られないということで職場の同僚を呼んで一緒に観たりされます。

えりぴよさんは相変わらずなのですけれど、アイドルグループの皆さんのほうはそれぞれ個々の事情や想いを抱えていて…このグループはお世辞にも人気があるとはいえませんので、そのあたりの葛藤なども色々あるご様子です。
主人公はファンなのですけれど、アイドルなかたがた視点の描写も多く、そのあたりの厳しさの伝わる作品でもあります?

イラストは悪くありません。
百合的にはやはり舞菜さんのえりぴよさんへの気持ちが悪くありませんけれど、見事にすれ違っています(何)
ということで、こちらも悪くないもので、続きも見守りましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
25mm連装機銃、失敗、紫電改二、零戦21型
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:分岐北上→無意味なボス行きヲ級さん編成球磨さん小破任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:輸送船エリア直行・輸送船4当たり編成任務達成
-----
【南西諸島任務(2-2)】
○はじめの分岐での北上:4(3連続:1)
○輸送船エリア行き:2(ボス前南下:2)
○高速建造材という完全無意味な場所逸走:2
○ボス到達:4(2連続:1)
○損害:中破1
-----
【南西諸島任務/ろ号作戦(2-3潜水艦隊)】
〇ボス前行き:2(2連続:1)
〇輸送船エリア到達:1
〇ボス行き:1
-----
…昨日はメンテナンスがあり嫌な予感がしましたので、南西諸島任務までは朝のうちに終わらせてしまいました。
輸送船撃沈任務における通商破壊艦隊のはじめの出撃から羅針盤とかいう存在に妨害された上ヲ級さん編成と散々な展開に…。
南西諸島任務へ移行しても例の如く羅針盤とかいう誰も幸せにしないどうしようもないシステムは嫌な行動を平然と行い、どうしようもない場所への逸走を、しかも複数回引き起こされ嫌な気持ちにさせられます。

そして嫌な予感通り、メンテナンスは23:20まで行われることとなり、もちろん昨夜はほとんど何もできず…。
そのメンテナンスにより不知火さんに改二仕様が実装された他、食材を集めるミニイベントが発動しました…何やら深海棲艦により兵站が破壊され、奪われたお米、梅干し、海苔、お茶を回収するということです?
要するにアイテムが4種類あり、海域や敵編成により集められるアイテムが異なるそうで、しかもそれらを用いて色々な料理を作ったうえでいくつもある任務を行う必要、しかも食材は駆逐艦や海防艦、水上機母艦といった弱めの艦種を入れたりしなければならないということで、これは思った以上にめんどくさそう、もしかすると普通にイベントを行ったほうが楽なのでは…?

ちょっと、現状食材が得られる場所の手掛かりがなさすぎてどうすればよいのか解らず、めんどくさすぎるという印象しかないかも…ひとまず今日はいつも通りの南西諸島任務実施及び3-3での北方海域任務を実施します、か?
ひとまず、下で触れる2作品と『世界樹と不思議のダンジョン2』もありますし、期限を逸脱しない範囲で焦らず、のんびりいきましょうか…ただ、どうも新しいかたも出るっぽいので、そちらは何とかお迎えしたいところで…?


『スパロボX』はアサミーナさんが教団を完全に離反した直後から…彼女は教団にいた間の記憶は改竄されていると感じており、他の教団員もそうなっているのではないかと推測します。
異世界から人を呼び集めたりしたりと教団の真意はよく解らず、アンジュさんなどはそれと通じているアルゼナルも含め信用できないとなりますけれど、教団が悪と戦っているのもまた確かですので、現状ではそちらは放っておいてこれまで通りドアクダー軍団などに対処することになりました。

ウォルフガング博士やビトンさんなどの犯罪者集団は作戦失敗が続き元気がない様子なのですけれど、その様な彼らに付き合ってられないと言って去ろうとするジョーさんに虎王という子供が接触してきて…?
艦隊は整備補給のためアル・ワースに飛ばされている青戸工場へ向かい、そこで鬼ごっこをして遊んでいた子供たちにその虎王というかたが接触してきます。
彼は何とボイスつきでヒミコさんを嫁にしてやる、と言ったりしてきますけれど、舞人さんの姿を見つけると先に預けられていたジョーさんからの果たし状を彼に渡すのでした。

第27話、まずは果たし状通り舞人さんとジョーさんの一騎討ちから…ジョーさんを撃墜すると再度決戦が行われますけれど、パープルなる人物の攻撃によりマイトガインは大損害を受け撤退することになってしまいます。
そこで他の皆さんが出撃しそれに相対することになりますけれど、ジョーさんは一騎討ちを邪魔されたことに憤慨し去ってしまい、それに興ざめしたパープルなる人物も去ってしまいます。

残されたのはウォルフガング博士でしたけれど、多少の敵を撃破したところでキャピタル・アーミィとトワサンガが出現、こちらに攻撃を仕掛けてきます。
さらにウォルフガング博士に多少のダメージを与えるとこの状況を憂慮した彼が一気に勝負を決めるべく工場に突撃してきますけれど、マイトカイザーに乗った舞人さんに阻まれ、舞人さんが復活したことを見たジョーさんが再度出現し攻撃をかけてきます。

これであとは敵の全滅を図るのみ…ウォルフガング博士は撃墜すると徒歩で逃げていきますけれど、その際に青戸工場の工場長と遭遇、何やら顔見知りの様子です?
敵を全滅させると、けれどパープルなる人物が戦闘を見物していたサリーさんとニアさんを攫ってしまいます…どうもドアクダーなる存在はリリーナさんやバイストン・ウェルの女王であるシーラというかたまで攫っているらしく…?

『艦これ』のメンテナンス時間が大幅に延びてしまったため、先へ進むことに…ドアクダーなる存在、それにミケーネの勢力はアル・ワース創世に関わる闇なのではないかという話が出てくる中、艦隊の前にドアクダー軍団が出現します。

第28話、まずは虎王さんが見守る中でそれらとの戦い…相手はかなり弱く、そうであるがゆえにルルーシュさんや鉄也さんは何か嫌な予感を覚えているのですけれど、ともかく敵の全滅を図ります。
敵は本当に弱いので1ターンかからずに全滅できますけれど、これだけ弱いには理由があり、これはドアクダー軍団がその盟友にこちらの艦隊をおびき寄せるための罠だといいます…それを知らなかった虎王さんは教育係のかたに連れられて帰っていきました。

代わって出現したのは勇者ガラダブラ率いるミケーネの勢力…彼らとドアクダーなる存在は古くからの盟約を結んだ関係らしく、盟約の下にこちらの艦隊の殲滅を狙ってやってきたといいます。
彼らが言うには彼らは世界を維持するためにこちらを倒すというのですけれど、それが何を意味するのかはよく解らず…その次のターンではさらに暗黒大将軍が出現しますけれど、そこで世界の理が破壊され、かつてミケーネの王であったハーデス神が闇の帝王として蘇りました。
かつてマジンガーに敗れたという闇の帝王はマジンガーを倒すために全ての世界を巡ったといい、その果てに見つけたというマジンガーZEROなる以前している『V』でも現れた存在を呼び出しました。
かの存在は他のマジンガーの存在が許せないらしく、強制出撃でしたマジンガーZとグレートマジンガーに狙いを定め、甲児さんと鉄也さんがその前に相対します。

マジンガーZEROは44000のHPの半分程度を削ると強制イベントへ移行してしまうのですけれど、レベルが35と他の敵よりも3〜5も高いので何とかアサミーナさんで撃墜…「期待」でExCを上げてスマッシュヒットを使用した上で「勇気」の精神コマンドを1回だけ発動させる強化パーツを装備しておけば何とかいけました。
しかし撃墜してもマジンガーZEROのHPは一瞬で全快、それを見た甲児さんと鉄也さんは自爆をかけて止めようとします…が、お二人はマジンガーZEROによって消滅、暗黒大将軍によると因果の果てに飛ばされてしまったといいます。
勝利を確信したマジンガーZEROは去っていき、皆さんは絶望しかけますけれどもまだ敵は残っていますので暗黒大将軍の降伏勧告をはねのけて戦いを継続します。

最終勝利条件は暗黒大将軍の撃墜となり、もちろんそのまえに敵の全滅を狙います。
数ターン経過すると皆さんが因果の果てに飛ばされたお二人に声を届けるべくヴィルキスで次元の壁を破ろうと試み、一時は失敗するもののナディアさんの持つブルーウォーターが反応しヴィルキスはその力を発揮、さらにνガンダムのサイコフレームの力により皆さんの声を届けることになります。
それは因果の果てのお二人に届き、そしてかの場所にてお二人はゼウス神に会い新たな力を得ることに…闇を払って元の世界に戻ってきたお二人は二体の魔神皇帝、マジンカイザーとマジンエンペラーGに乗っていました。

暗黒大将軍を撃破するとこのお話は終わり…暗黒大将軍は鉄也さんを認めつつ、次で勝負をつけると言って去っていきました。
このお話で皆さんが発揮した理を変える力を見て、ホープスさんはもしかすると世界の存続ができるかもと考えたみたいですけれど、一体どういう…?
また、このお話でマサキさんが4人めのエースパイロットになりました。

昨日はここまでといったところで、マジンガーZEROや暗黒大将軍との戦いは「魂」「熱血」があれば楽になったと思うのですけれど、28話まできてまだ誰も覚えていないという…『V』も覚えるのは比較的遅かった気はするのですけれど、こんな遅かったでしたっけ…?
あと、そういえば今作では戦艦がまだシグナス、メガファウナ、N-ノーチラス号の3つしか出てきておらず、『V』ではラー・カイラム、ネェル・アーガマ、ナデシコ、プトレマイオス二世、宇宙戦艦ヤマト、トゥアハー・デ・ダナン、ガランシェール、エターナル、ゲッタードラゴンと9もあったのに対し何と1/3にまで減少しており、一体何事…いえ、多すぎても結局出撃枠が困るだけですし、それにこれは『V』が多すぎるだけにも感じられます?(今作はもう増えなさそうな印象…ラー・カイラムも出ませんか…)


『カタハネ』はクロハネ編の演劇リハーサルが終わったところまでですけれど、現状青の大使が何を狙っているのかよく解らない…エファさんに悲劇が降りかかりましたけれどどうしてあの様なことになったのかもよく解らず、現状ここからアインさんが逆賊にされる未来が見えない…。
ものすごく先が気になるところで終わってしまいましたのではやく続きを見守りたいのですけれど、今日から『艦これ』の謎のアイテム探しをしなければなりませんので、こちらに割ける時間が減りそう…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183238233
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック