2018年07月20日

あなたを救うために、わたしは強くなる。

先日読みましたコミックの感想です。
最終巻でした
□キャッチャー・イン・ザ・ライム(2)
■背川昇さま/般若さま・R-指定さま(監修)
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★★(4.6)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(4.2)

こちらは先日色々なものとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては他には持っていないものとなります。

内容としましては、ラップバトル部の活動を描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻ではラップバトル部が文化祭のステージに立つところから…蓮さんと杏さん、皐月さんと空木さんの組み合わせで対潜をすることになり、極度の緊張で不安になる皐月さんに対し空木さんがリードする予定だったのですけれども、彼女にもトラウマがあり…。
それでも皐月さんの力でそれを乗り越え、経験者である蓮さんたちに対し皐月さんたちはある作戦を立て、それも功を奏してステージは大成功といえる結果を残しました。

その文化祭のステージを極めて暗い目で見るお二人の姿があり、ここから個々の持つ問題とそれぞれが向き合い、そしてここまで培ってきた皆さんの友情などによりそれを乗り越えていくお話になっていきます。
最終的にラップバトル部はとある事情により廃部になってしまうのですけれど、それでも皆さんの関係は変わらず…いえ、より強固になっていき、前向きに将来を見ていくのでした。
その様な展開からも解る通り、今作はこの巻で完結、最終巻…かなりよい青春のお話でしたけれど、帯に「百合ラップ・コミック」とあったものの、個人的にはものすごく素晴らしい友情のお話、でよいのではないかなと思えます(もちろんそれは悪いことではなく、むしろとてもよいことです)

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはとてもよい友情のお話といえます。
ということで、こちらはこれで完結となりましたけれど、かなりよきものでしたかと…。


また、同時にこちらも読みましたので…。
こちらも最終巻でした
□ブレイキンガールズ!(2)
■きりきり舞さま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.3)
 ○内容評価:★★★★★(4.5)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(4.0)

こちらも上の作品とともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましてはおなじみとなりますまんがタイムきららコミックスとなりますけれど、こちらは大判サイズでも4コマでもないものとなります。
…上の作品同様に少し特殊な部活のお話、ということで一緒に読んでみました(何)

内容としましては、ダンス部の活動を描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻では文化祭のステージへ向けて練習を重ねていく皆さんの様子が描かれていきます。
夏休みには先生のダンス仲間なかたがたがきてくださり、三人個別に指導をしてくださり、それぞれに課題を克服していきます。

そうして2学期、そして文化祭を迎え、いよいよステージ本番へ…。
その様な展開になることから解る通り、今作はこの巻で完結、最終巻…まさにきらら系の部活ものの正統派な流れで進んだ作品といえますけれどその内容はかなりよきものでしたかと思います。
巻末にはちょっとしたおまけ漫画が収録されています。

イラストは悪くありません。
百合的にはよい友情のおお話といえそうです。
ということで、こちらもこの巻で完結となりましたけれど、こちらもよき作品でした。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
12cm連装高角砲、20cm連装砲、失敗、失敗
-----
【輸送船3撃沈任務】
(実施せず)
-----
【4-4出撃任務】
○1回め:初戦・完全勝利→対潜第2戦・完全勝利→第3戦・照月さん中破敵全滅→分岐西進→ボス戦(潜水艦なし)・航空戦装甲空母鬼さん他3撃沈・完全勝利・任務達成
-----
【5-2出撃任務】
○1回め:初戦・完全勝利→対潜第2戦・敵全滅→分岐東進→第3戦・完全勝利→ボス戦・敵全滅
○2回め:初戦・完全勝利→対潜第2戦・完全勝利→分岐東進→第3戦・完全勝利→ボス戦・航空戦完全不発・敵全滅・任務達成
-----
…先日でろ号作戦、西方海域任務ともに完了となりましたので、昨日は西方海域任務終了後に出現する任務群を消化しました。
こちらは4-4で羅針盤とかいう存在が邪魔をしてくることもなく、全て順調に終えることができました。
ただ、2回めのボス到達時には航空戦が完全に不発…空母3でそうなるとはちょっと思っていませんでした、かも?

これで今週はもう空母3/輸送船5撃沈任務が発動しない限りはのんびりできます。


以前1周めをしている『スパロボX』の2周めは最終話へ…アル・ワースへ戻ってきた皆さんですけれど、やはり宇宙がひび割れた状態になっていました。
そしてその様な皆さんの前に魔従教団が出現、まずはそれらと戦うことになります…1周めではそれらをある程度撃破すると勝手にイベントが進行し残存敵は消滅しましたけれど、今回は敵の全滅を行うことになります。

それら敵を2ターンで全滅させましたけれど、けれど何も起こらず、4ターンめまで待機することになります。
そうして4ターンめを迎えると魔獣エンデが出現し、それと戦うことに…1周めではあらかじめアサミーナさん(とイオリなる人物)以外の皆さんに魔獣エンデのことが話されていましたけれど、今回はその様なことがなくその出現に皆さん驚かれます。
宇宙崩壊が近く、6ターン以内に魔獣エンデの撃破という条件をつけられる中、1回ある程度のダメージを与えると1周め同様のイベントが発動しあとはこれを撃破するのみとなります。
1周めではかの者は大量の法師セルリックを呼び出したもののそれは行わず、ですのでこの時点ではむしろ難易度が1周めより低下しているのですけれど、ただ魔獣エンデの撃破は最終勝利条件ではありません。
…会話イベントの際、ノインさんの台詞が「アサミーナやアマリや」となっていましたけれど、それ同一人物…アマリって誰?(何)

かの者を撃破すると1周め同様にアサミーナさんがゼルガードで魔獣エンデに突入し内部から破壊を行おうとするのですけれど、やはり吐き出され…ただ、1周めとは違いホープスさんが魔獣エンデ内にとどまり、かの者の肉体を乗っ取ってしまいます。
そして魔獣エンデの様なことを言ってきて、法師セルリックの乗っていないワース・ディーンベルを召喚しつつこちらと戦うことになってしまいました。

最終勝利条件は経過ターン数制限は維持されたままその魔獣ホープスの撃破…もうあとわずかといえばわずかであり、少しすれば終われたのですけれど、急いで進める理由が全くないために昨日はここまでとしました。
…この2周めが終わったら本当にどうしましょう、『世界樹の迷宮X』発売まで半月くらいしかなくそれでは3周めをはじめても途中で時間切れになるだけですし、もう何もせずに大人しく待ちます、か…?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183946656
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック