2018年07月24日

トツゼン夫婦生活って言われても!

先日読みましたコミックの感想です。
よきものでした
□監獄街へようこそ!(1)
■寝路さま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★☆(4.4)
 ○百合度評価:★★★★☆(3.5)
 ○総合評価:★★★★☆(4.0)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、百合が期待できそうでしたことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『月が綺麗ですね』や『デミライフ!』『三日月のカルテ』などと同じものとなります。
作者のかたは以前読んでいる『ぼっち怪物と盲目少女』を描かれたかたとなります。

内容としましては、監獄な街で暮らすことになった女の子を描いたお話、となるでしょうか。
お話の主人公は桜木灯さんというごくごく普通の高校生な女の子なのですけれど、ある日電車を居眠りで乗り過ごすといつの間にか見知らぬ地にやってきてしまっていました。
そこはどうも地球とは別の世界っぽい、そして島全体が監獄だという場所…彼女は乗っている電車が偶然魔法陣を描いたためそこへ飛ばされたといいます?
事故の様なものなのですけれど、ただ不法侵入とされてしまい、ですので囚人として刑に服すことになってしまったのでした。

その監獄街では主に囚人の社会復帰のためという理由で、囚人同士でパートナーを組ませて疑似夫婦にする、という制度がありました。
灯さんのパートナーとなったのは、彼女がここへ飛ばされてきた際にたすけてくれたメアリーさんという人造人間らしい、無口で無表情なかた…そう、ここにいるのは様々な種族であり、人間は灯さんしかいなかったりします。
仕事もできてその点では優等生な彼女ですけれど、その様な彼女が収監されているのは妹さんが関係しているみたいで…?

その他登場人物としましては、同様に監獄街に収監されている囚人たち…上で触れた様に様々な種族のかたがたがおり、いずれも気のいいかたがたで犯罪を犯した様には見えません、かも?
また、この監獄街は夜から一日がはじまり、一日当たりの業務ノルマをこなすことによりいずれは出所できる、というところ…ノルマをこなさなければいずれ地獄へ行かされる、という話もあり、不器用なのか全然仕事ができない灯さんは不安を覚えているみたいで…?

お話のほうは、その様な異世界へ吹き飛ばされた女の子を描いたお話…。
基本はそこでの不思議で楽しい(?)生活を描いたコメディ作品で、その中でも灯さんとメアリーさんの関係を中心に描いていきます。
メアリーさんには大切にしていた妹さんがいらしたご様子で、灯さんをその妹さん代わりにしているのでは…と灯さんが不満を抱いたりしてしまうのですけれど、この巻の最後ではそのお二人がより強い関係を築くに至ることができます。
そのお二人の関係が微笑ましくよきもので、この先の関係も見守りたくなるもの…ただ、この巻では冗談ですみましたけれど、いずれ灯さんも帰るはずで、その際にどうなるのか…。

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはメインのお二人をはじめよきものです。
ということで、こちらは微笑ましくなかなかよき作品…続きも楽しみにしましょう。


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
25mm連装機銃、15cm3連装砲、15cm単装砲、
-----
【輸送船3撃沈任務】
○通商破壊艦隊2-2・1回め:ボス逸走直行青葉さん中破任務失敗
○通商破壊艦隊2-2・2回め:輸送船4当たり編成任務達成
-----
【い号作戦(1-4)】
○はじめの分岐南逸走:4(2連続:1・そのままどうしようもない場所逸走:4(2連続:1))
○はじめの分岐北上:3(2連続:1)
○はじめの分岐中央:1
○ボス戦前軽空母戦:2
○ボス到達:4(2連続:2)
○空母撃沈数:20
-----
【あ号作戦(1-5)】
〇ボス到達数:19
-----
【北方海域任務(3-5)】
○道中大破終了:1(第3戦:1)
○第3戦昼戦敵全滅:3(2連続:1・完全勝利:1)
○ボス到達:5(5連続:1)
-----
…昨日は月曜日ということで各種週間任務を実施しますけれど、1-4は相変わらずあの海域構成でボス行きと逸走数が同じになってしまう…おかしくありませんか?(羅針盤とかいう邪悪な存在は人の嫌がることばかり平気でしてきますのでおかしくないのでしょうけれど)

北方海域任務はいつも通り3-5で実施、先週に引き続きはじめの出撃でいきなり大破終了が発生するものの、その後は全てボス行きという、これまた先週と同様の展開になり、かなり順調に推移した部類となるでしょうか。
来週は水曜日が8月1日となりそこでゲージ破壊が生じますので、そのタイミングで出撃をしましょう。

今日からはまた4-2で西方海域任務とろ号作戦を消化していきます?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183987760
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック