2018年08月23日

おやすみシェヘラザード

先日読みましたコミックの感想です。
悪くはないです?
□おやすみシェヘラザード(1)
■篠原六郎さま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★☆(3.8)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、何となくよさそうに感じられたことから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては他に持っていないものとなります。

内容としましては、映画について語る先輩さんのお話を夜な夜な聞くことになった女の子のお話、となるでしょうか。
物語の舞台は千夜学園という女子校、お話の主人公は二都麻鳥さんという1年生のごくごく普通の女の子でしょうか。
その彼女は学生寮で生活をしているのですけれど、冷房が壊れてしまったということで寮母さんの目を盗んで友人の部屋へ向かおうとしたのですけれど、誤って別の部屋へ入ってしまい…?

その部屋は13番目の魔女、という怪談も噂されている部屋で、そこにいたのは箆里詩慧さんという2年生のかた…モデルの仕事をしているらしく長い黒髪をしたかなりきれいなかたとなるでしょうか。
そうした外見ですので一見素敵なお姉さまといったところなのですけれど、随分間延びした口調をしていたり、あるいはかなり変わった性格…と思えば成績はかなりよいらしかったりと、かなりつかみどころのないかたかもしれません?
その彼女は映画が大好きらしく、部屋へやってきた麻鳥さんに映画の話ををするのですけれど、これがちょっと曲者でして…?

その他登場人物としましては、麻鳥さんのご友人がたなどでしょうか…また、彼女のクラスメイトには詩慧さんと面識のある方がいるご様子ですけれど…?

お話のほうは、夜な夜な映画のお話を聞かされる女の子のお話、となるでしょうか。
冷房が壊れていることもあり、そして当初はちょっとした下心もあり詩慧さんのお部屋をたずねていた麻鳥さんなのですけれども、途中では詩慧さんの映画のお話を最後まで聴き届けようと半ば自棄になったりもしています?
何故その様な気持ちになったりもしたのかといえば、それは詩慧さんが語る映画の説明がかなり解りづらく、聴いていると途中で眠ってしまうから…ですので何とか眠らずに最後まで聴き届けようと考えるのでした。
終盤では冷房も直ってもう詩慧さんの部屋に行く必要はなくなるわけですけれども…?

一応1話ごとに実在する映画について語られる、ということで以前読んでいる『私と彼女のお泊まり映画』に通じるものがある…のですけれど、上で触れたとおりとにかく詩慧さんの説明は非常に解りづらく、これを読んでも映画のことは多分何も解らないのでは、と思われます?
裏表紙のあらすじに「寝落ちバトル百合エロ漫画」とありますので、百合な要素もある様な、そうでもない様な…?

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはどうでしょうか、多少ある様な気もしますけれど…?
ということで、こちらは思った以上におバカな作品でした…悪くはないものですし、続きも見守ります?


『世界樹の迷宮X』は7つめのダンジョンの探索…意外なことにここも6つめのダンジョン同様に地下3階までしかなくって、ボスが待ち受けている雰囲気の強い扉の前にまでやってこれました。

ここで例によってそこは後回しとし、小迷宮へ…まずはまだ倒せていなかったカメレオンの様なボスへ挑んでみまして、やはり少し間を置いたからか結構余裕で撃破に成功しました。
ただ、そのボスから得られた素材はシリカさんへ渡してしまったので、お店への売却はできず…いずれまた挑んで素材としてお店へ売りたいですけれど、でもいずれかなり後半になったら稀少素材を得るために挑みそうですし…?

そしてカリスさんが行方不明になったという新たな小迷宮へ向かってみます。
こちらは浮石で水の上を移動する箇所の多い場所になっていて、それがかなりややこしい…。
FOEは存在しないっぽいのですけれど、その代わり普通の敵として出現してくる蛾が強すぎで、一撃で100以上のダメージを受ける攻撃や全体混乱攻撃をしてくるというとんでもない相手です…ちょっとひどくないです?

昨日はその小迷宮の、何とかショートカットを1つ開放できたところまで…桜花天空楼、ですか…(何)


『艦隊これくしょん』の日々の任務結果は以下の通りです。
-----
【開発】
失敗、3連装魚雷、4連装魚雷、失敗
-----
【輸送船3撃沈任務/ろ号作戦(2-2)】
(実施中/ろ号作戦達成目的達成)
-----
【突破済み海域雑感】
4-3:羅針盤をどうにかする編成が解らずボス前で逸走を連発させられ時間の無駄さに早々にうんざり、げんなりさせられます…ボスは4-5にいるはずの港湾棲姫さんになってしまっていますが、随伴艦がかなり弱いので問題はなさそう、です?
4-4:ゲージが存在するものの、道中は以前より危険性が減った印象…編成自体は以前と同じで問題ないみたいで全てボスへ行きました
5-1:今までの編成ではルート固定できない模様でわけが解りません…今回は何とかなりましたけれど、毎月の水上打撃任務が難しそうです(2-5の第五戦隊及び水上反撃任務も…)
5-2:ここもゲージが存在、さらに今までの編成ではルート固定できない模様でわけが解りません…しかもボスが空母棲鬼さん・赤いネ級さん×2・赤いツ級さんという強烈な編成になってしまっており(ヲ級さん改が旗艦でしたりネ級さんやツ級さんが色なしの場合もあり)厳しい海域となってしまい、また難易度とは関係ないながら連続でT字不利を引かされてしまいました
-----
…昨日は過去に突破した海域を再度突破するという苦行を行うことにしました。
4-3から5-2まで進みましたけれど、4-4以外は全くの別海域という様相を呈してしまっていました…特に南方海域はかなり面倒なことになってしまっています。

今日は4-5か、5-3か…どちらへ行くにしても、これまでの状況を見るとより厳しい海域になっていそうで、しかもルート固定がこれまでの様にはいかなさそうで、かなり厄介なことになっていそうです…はっきり言って、憂鬱で仕方ありません…。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184241153
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック