2019年01月12日

フェンリルさん

先日読みましたコミックの感想です。
なかなか悪くない…?
□魔王が宿屋をやっていぬ。(2)
■吉野貝さま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.3)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.9)
 ○総合評価:★★★★☆(3.5)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『明るい記憶喪失』や『にゃんこデイズ』『私のご主人様は人間じゃない気がする』などと同じものとなります。
作者のかたは以前読んでいる『軍師姫』を描かれたかたとなります。

内容としましては、宿屋を営む犬とその看板娘さんの日常を描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でも元は魔王ながら現在は大きな犬の姿になったフェンリルさんや彼(?)とともに宿屋を営むリリスさんや周囲のかたがたの日常を描いていき、フェンリルさんはもう完全な保護者になっています。
…今日の日誌のタイトルは巻頭カラーの謎の作品から…本当に里親に出されたのかと思われたのですけれど…?

この巻では魔王と敵対していた天使が登場したりと、背景事情がやや見えてきたりも…ただ、まえがきやあとがきによるとまだ色々あるらしく、この世界の文明が現代のものと酷似していたりするのにも何か理由があるらしいです?
そうした背景はともかくとして、お話としてはやはりなかなか面白く、純粋にその面だけを楽しんでもよいもの…終盤ではNEETなる職業を得てしまったリリスさんがそのために何か大変な大会に出なければならなくなったみたいですけれども…?
また、この巻の終盤ではかつては魔物排斥の激しかったこの村でどうしてフェンリルさんが受け入れられたのかが語られたりもし…これは普通によいお話です。

イラストは悪くありません。
百合的にはどうでしょうか、そこはかとなくある様な気も…?
ということで、こちらはやはりなかなか面白い作品で、続きも見守りましょう。


また、同時にこちらも読みましたので…。
最終巻でした
□ピヨ子と魔界町の姫さま(2)
■渡会けいじさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(3.8)

こちらも上の作品とともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『マテリアル娘。』や『水雷戦隊クロニクル』『水平線の、文月』などと同じものとなります。
…上の作品同様に魔界の住人が絡むお話(のはず?)ということで一緒に読んでみました(何)

内容としましては、魔界町の日常を描いたお話、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でもやはり姫さまと呼ばれるかたとぴよ子さんのお二人のどこか抜けているとしか思えない日常が描かれていきます…はじめの2話は結構危ういというか微妙なネタを意識して扱っている様子がありましたけれど、気にしないでおきます?(緩いアウトドアと擬人化乙女ゲーム…)

その後は姫さまの母親がやってきたりするのですけれども、やはりいずれもよい意味で相変わらずといえます。
ただ、終盤の学園祭のお話は珍しく普通にいいお話になっており…その様なお話が終盤にあることからも解る通り(?)、今作はこの巻で完結、最終巻となっています。
最後は普通に未来のお話になっているのですけれども、相変わらずといえばそうでして…?

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはどうでしょうか、悪くはない様な気も…?
ということで、こちらはこの巻で完結となりましたけれど、おバカで面白い作品でしたかと…。


こっそりしているゲームはブリーズガーデンのハーフレイドにて2つめのアギアの卵が入手できてしまい、アギアも限界突破できる様子ですのでそちらに使用してもよかったのですけれど、すみれさんに譲渡しておきました。
今後もしもまた入手できる機会が生じた場合は限界突破をするか、それとも…?
…ハーフレイドに挑むとお年玉チケットが得られることがあるのですけれども、アサミーナさんで交換すべきものは全てしてしまい、そしてお年玉チケットそのものは他のかたに渡したりもできませんので、どうしようもないことに…。

そしてアサミーナさんの戦闘レベルが27に上がったためか、レッドファームの毎日発生するクエストが増えていました。
けれどそれがレッドファームの模擬テスト、ハーフレイドをそれぞれクリアするというもので…前者はできはしますけれども厳しい戦い、後者はまだそこまで達していないということで、ひとまずは今まで通り宝箱クエストのみ実施していきます?
…アサミーナさんが光り輝く現象がどういうものなのか今まで解っていなかったのですけれど、昨日ようやく解りました…移動するごとにチャージされるスキルの蓄積状況を表していたのですね…。

その他、お詫びとして得られたプレゼント箱にあった救護団コインで鞄の拡張チケットが交換でき、久しぶりに鞄を拡張することができました…これでかなり余裕ができたと思います?
それはともかく、トウガラシがいくつあっても足りない…辛いトウガラシは有り余っていて売却しないといけないほどなのに…(オクラやサカナ、キノコあたりも気づいたら枯渇気味という事態に…)
…アイテムの説明は概ねあっさりしているのですけれど、最高級の葉トウガラシだけ異様に詳しい文章になっているのが気になる…(何)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185369246
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック