2019年01月15日

私にエンジェルたちが舞い降りた!

先日読みましたコミックの感想です。
アニメが放送されています?
□私に天使が舞い降りた!(5)
■椋木ななつさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★☆(4.4)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.4)
 ○総合評価:★★★★☆(4.0)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『ゆりこん』や『月が綺麗ですね』『デミライフ!』などと同じものとなります。
こちらは今期でアニメ化されている作品となります。

内容としましては、小学生の女の子に惹かれる大学生のかたを描いた4コマ、となるでしょうか。
と、説明がやはり以前読みました第4巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻では文化祭が終わった後のお話ということで、そこで力を使い果たしたみやこさんが完全にだらけ切ってしまうところから…花さんが現れるまではむしろそれが自然だった様子ですけれど…?

そうしたことがありつつも、今巻でもよい意味で相変わらずの楽しく賑々しい日常が描かれていきます。
冒頭の説明で「小学生の女の子に惹かれる大学生のかたを描いた」と書きましたけれど、百合的な要素はやはりかなり薄く(第1巻から2巻くらいまではみやこさんが花さんを意識しているさまが強めに描かれていた気もしますけれども…?)、イメージとしてはむしろ小学生の中に大きいかたが一人いた状況かつやはりかわいさとおバカさを前面に押し出している以前読んでいる『苺ましまろ』あたりに近しい気がします?
その様な今作は特装版となっており、今日の日誌のタイトルにした小冊子がついてきました…内容は色々な作家さまのお祝いイラストとなっています。

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはやはり松本さんが悪くなく…?
ということで、こちらは最後までアニメDVD購入は迷っていたのですけれど、思い切って購入することに決しました…この単行本のレーベルについてはもはや一切特別視ししていませんのでそこは別に関係なく、キャラクターの皆さんが非常によく楽しくかわいい作品ということで購入を決めましたけれど、多分後悔はしないはず、です(イメージとしては何だか百合姫コミックスというレーベルよりきらら系のほうが近しいイメージの作品な気が…今期はきらら系が存在しませんしその代替といえてしまいます、かも?)
よく考えると、今期の今作、前期の以前原作を読んでいる『うちのメイドがウザすぎる!』と、2期続いて小学生の女の子とそれを愛でる大きなかたなお話のアニメDVDを購入することになってしまいましたけれど、いいですよね、ね…?(何)
…今作、そして『えんどろ〜!』という今期2作品のアニメDVDはすでに予約をしてしまいました…大丈夫ですよね、ね…。


また、同時にこちらも読みましたので…。
アンソロジーです
□けものフレンズ コミックアラカルト ジャパリパーク編(3)
■アンソロジー
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.2)
 ○内容評価:★★★★★(4.6)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○総合評価:★★★★☆(4.2)

こちらは過日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては『マテリアル娘。』や『水雷戦隊クロニクル』『水平線の、文月』などと同じものとなります。
こちらは以前観ている様にアニメが放送され今期に第2期が放送されるという、以前読みましたコミカライズ版や以前読みました他のアンソロジーも出ているシリーズの作品となります。
…上の作品同様に今期放送される作品(とはいえ上は原作、こちらはアンソロジーですが)、ということで一緒に読んでみました。

内容としましては、『けものフレンズ』のアンソロジーとなります。
と、説明がやはり上で触れたアニメとともに読みました第2巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
参加していらっしゃるかたで私が単行本を持っているかたとしては、以前読んでいる『後輩ちゃんオタ活動記』作画担当の涌井想太さまがいらっしゃいました。

お話のほうは、ということでその作品のアンソロジーとなります。
アンソロジーらしく楽しく微笑ましい作品が中心…なのですけれども、一番はじめのイエイヌさんとイエネコさんのお話がいきなり人を泣かせてくるよいお話になっていたりと、心あたたまり少し泣けるお話が少なからずありました?

イラストはアンソロジーですので玉石混淆ではありますけれども悪くありません。
百合的にはどうでしょうか、お話によってはそこはかとなくも…?
ということで、こちらはよきアンソロジー…こうなるとアニメの第2期もきになりますけれどもどうしましょうか、第1期同様にDVDの価格が安価でしたら購入してもよい、のかもですけれど、そうでない場合は(上の作品を購入することにしたこともありなおさら)購入はお金の面で厳しく、とっても大好きで愛しい、長くお会いできない日々が続いてしまいますけれども陰ながらご無事をお祈りしているあのかたにお勧めをしていただくということがない限りは諦める、ということになりますかも…?


こっそりしているゲームはアサミーナさんで毎日レッドファームのダンジョンを1ヶ所ずつ、毎日発生する宝箱を開けるクエストも兼ねて実施しているのですけれど、昨日挑んだ場所には何と宝箱なしでした…。
宝箱が一切ないダンジョン、というのは模擬テストやハーフレイド以外ではほとんど記憶にないくらいで、これは結構衝撃…しかもそれは中級だったのですけれど、同じ場所の初級は先日の日誌で触れたものすごく短く破壊可能オブジェクトをボス周辺まで全て破壊しなければS評価を得られないほどの場所と、初級に続いてかなり特殊な場所になってしまっています?
仕方ありませんので続いて上級もクリア、こちらには普通に宝箱が存在、そしてダンジョンのボリュームもいつも通りのものになっていました?

…巨大な亜麻がもうあとほんのわずか、ゲージ残りが見えなくなったところで画面が強制的に落ちる、って…よりにもよってそのタイミングで消されるのはさすがに悲しいです…(ネットワークの切断ではないので、やはりゲームのほうが重かった…?)
posted by 桜乃 彩葉 at 06:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185382649
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック