2019年08月20日

みんなで歩くとなんだか楽しい。

先日読みましたコミックの感想です。
なかなか悪くない…
□ぐるぐるてくてく(2)
■帯屋ミドリさま
 ○イラスト評価:★★★★☆(3.5)
 ○内容評価:★★★★☆(4.2)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.8)
 ○総合評価:★★★★☆(3.8)

こちらは先日色々なコミックとともに購入をしたものとなり、過去に既刊を読んでいることから購入をしたものとなります。
コミックスとしましては他には持っていないものとなります。

内容としましては、散歩部の活動を描いたお話となります。
と、説明がやはり以前読みました第1巻の感想と同じとなりましたので、詳細な説明は省略をします。
この巻でものんびり散歩をする散歩部のかたがたが描かれていきますけれど、はじめのお話でお二人以外の部員が登場します。
それが江見瑠々華さんという短髪長身でクールでかっこいい雰囲気のかた…陸上部での活動がメインで散歩部にはあまりこないのですけれど、陸上部が休みの際にはいらっしゃることがある、猫好きなかたです。
早希さんは被写体として瑠々華さんのことがとても気に入ったご様子で…?

そうした新しいかたが登場しつつ、お話はやはり1話ごとにどこか実際にある場所を散歩していく、というもの…。
ときには歩さんが葵さんを案内することになったりしつつ、やはり楽しそうでよきこと…終盤では前の部長さんが登場し一緒に散歩することになるのですけれども…?

イラストはなかなかよきものです。
百合的にはどうでしょうか、やはり悪くはなく…?
ということで、こちらはのんびり楽しい作品で、続きも見守りましょう。


『新・世界樹』は16階の探索を開始しましたけれど、この階から戦闘BGMが変更…以前している『5』も同様にこの階から戦闘BGM変更でしたので同じタイミングといえます。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186448685
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック