2020年01月30日

単行本『キルミーベイベー(11)』紹介

【単行本紹介】
『キルミーベイベー』
□キルミーベイベー(11/まんがタイムKRコミックス)
■カヅホさま
前巻(第10巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『キルミーベイベー』:アニメ版
 『キルミーベイベー ファンブック&アンソロジーコミック』:アンソロジー
 『カガクチョップ』:同一作者さまの単行本

(特記事項)
 ○上で触れた通りアニメ化もした作品

(作品について)
とある高校に通うおバカな女の子とそのクラスメイトの二人をメインとした4コマです。
この巻でもやすなさんとソーニャさんのおバカな日常が描かれており、もう第11巻にまで達しましたのでそのあたりは安定しておバカで面白いものになっています。

この巻でも特にあぎりさんがかなり好き勝手しているという印象…終盤に登場したお話では痛い目も見ていましたけれども…?
また、既刊の紹介でも触れている様にオチが結構『カガクチョップ』に通じるものがあるお話も結構ある様な印象も…それはそれで悪くなく面白いもので、ともかくこれからも長く続いてもらいたいものです。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187099201
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック