2020年02月15日

単行本『あ〜んちゃんのあ〜ん(3)』紹介

【単行本紹介】
『あ〜んちゃんのあ〜ん』
□あ〜んちゃんのあ〜ん(3/星海社COMICS)
■かねこもときさま
前巻(第2巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★★☆

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
高校生な女の子たちの日常を描いた4コマです。
この巻ではあ〜んちゃんの将来への道が描かれていき、それに伴いメシさんがこのまま高校2年生を延々ループしたほうがよいのでは、とかんがえたりもします。
けれど、あ〜んちゃんは明確な目標を見つけ、それをメシさんとパンさんも応援することにし、高校3年生へ進級をしていくのでした。

今作はこの巻で最終巻であり、そのあ〜んちゃんの目指した道の行く末まで描かれます。
そうはいっても雰囲気は今まで通り楽しく微笑ましいものになっておりそれが最後まで続くのでそこは一安心…終盤の流れはよい意味で涙を誘うものにもなっていたりと、今作は本当によい作品でした。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187161577
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック