2020年04月11日

単行本『百合と声と風纏い(2)』紹介

【単行本紹介】
『百合と声と風纏い』
□百合と声と風纏い(2/リーリエコミックス)
■蓮冥さま
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★★☆

(作品について)
人を好きになったことのないかたが人を好きになったお話です。
この巻では纏さんが自分の感情を自覚しそれに思い悩んだりしている間に春が訪れ、彼女は専門学校へ通うために東京で暮らすことになり、百合子さんとは離れ離れになります。

纏さんは専門学校でよい友人に巡り会え、百合子さんのことについても相談できる関係になっていきます。
一方の百合子さんのほうには纏さんの妹さんが接近してくるのですけれど、この妹さんもお二人の関係を応援しており、今作の周囲のかたがたはいい人ばかりでよいです。
終盤では百合子さんがやってきて、纏さんの部屋へお泊まりをすることになったのですけれど、そこで彼女が誰のことも好きにならないという大きな要因であると思われる秘密を知られることになったっぽく…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | (更新終了)作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187368821
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック