2020年04月22日

単行本『ミノスのビーフ100%』紹介

【単行本紹介】
『ミノスのビーフ100%』
□ミノスのビーフ100%(メテオコミックス)
■結希シュシュさま(漫画)/ユキヲさま(原作)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『邪神ちゃんドロップキック』:原作単行本

(特記事項)
 ○『邪神ちゃんドロップキック』のスピンオフ作品
 ○1冊完結?

(作品について)
ミノスさんたちが色々なお肉のお店を巡り、食べ歩くお話です。
こちらは『邪神ちゃんドロップキック』の登場人物の一人であるミノスさんを主人公にしたスピンオフ作品で、東京は神保町周辺にある肉の料理店を紹介するグルメ漫画となっています。
お店は全て実在のものでして、お話の最後に紹介ページもあります。

ミノスさんは非常によいキャラクターですけれど、今作の主人公になったのはやはり彼女がミノタウロス、つまり牛の悪魔であることが大きいかと思われ…紹介されている肉もほぼ牛肉です(一部羊などあり)
原作の雰囲気はそのままにおなかのすく作品になっていますので、そこは注意が必要…特に完結という雰囲気はなかったのですけれど、ナンバリングが振ってないので1冊完結なのでしょうか…。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187407467
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック