2020年04月30日

単行本『もういっぽん!(7)』紹介

【単行本紹介】
『もういっぽん!』
□もういっぽん!(7/チャンピオンコミックス)
■村岡ユウさま
前巻(第6巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(作品について)
柔道部の活動を描いたお話です。
この巻でも前半では引き続き強豪校との対戦を描いていき、永遠さんと謎の外国人選手との激闘が描かれていきます。
これは本当に激闘でして、お互いに相当な実力者であることからこうなったわけですけれども…?

その試合も決着がつき、はじめての大会が終わり、後半では夏休みの様子が描かれていきます。
今後の団体戦には3人しか出られないということを知った安奈さんがレギュラーを目指して燃えたり、キャプテンは自分で本当によいのかと悩む早苗さんと、試合以外のところでもよい部活ものな様子が見られよき作品です。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187434387
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック