2020年05月25日

単行本『ねことちよ(1)』紹介

【単行本紹介】
『ねことちよ』
□ねことちよ(1/まんがタイムKRコミックス)
■せらみっくさま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(作品について)
小さな女の子のいる日常を描いたお話です。
主人公はタイトルになっておるお二人、社会人のちよさんと、彼女と一緒に暮らすねこさんです。
ねこさんは小さくかわいらしい女の子で、ちよさんは彼女を溺愛しています…ねこさんは名前通り猫っぽい雰囲気を醸し出していますけれども別に猫の擬人化とかそういうわけではなさそうです?

お話はその様なお二人の微笑ましい日常を描いたものです。
こちらは本当に微笑ましさとかわいらしさで全てが構成されていますので、ただひたすらにそういう気持ちで読むことのできるよきものといえます。
お二人の関係は一体何なのかなど、ちょっと気にならないこともないですけれども、そういう作品ですのでその様なことは深く考える必要はない気がしますし、続きも微笑ましく見守りましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | (更新終了)作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187525073
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック