2020年06月12日

単行本『おりたたぶ(2)』紹介

【単行本紹介】
『おりたたぶ』
□おりたたぶ(2/講談社コミックス)
■こんちきさま
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(作品について)
折り畳み自転車に乗る女の子を描いたお話です。
この巻でも折り畳み自転車のある日常が描かれていきますけれど、その様な中で新たなかたが登場…瀬尾春花さんという関西弁を話すかたなのですけれど、彼女は自転車を盗難されたそうで、それをたまたま耳にしたゆうみさんが声をかけた、という経緯で仲良くなっていきます。
奈緒さんは当初彼女に対しては警戒心をあらわにしていましたけれども…?

新しい自転車仲間が増え、折り畳み自転車を持って小旅行へ出かけることに…ここでおりたた部という部活が発案されました。
お出かけ先の川越で春花さんの従妹であるというかたにお会いしますけれど、彼女もおりたた部に入りそうな気配があり…続刊は2020年冬発売予定とのことで、引き続き見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187587917
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック