2020年06月21日

同人誌『灰百合』紹介

【同人誌紹介】
『灰百合』
□灰百合
■ちふりさま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★★★

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『ふわふわ・ふたしか・夢みたい』:今作同様同人誌ながら単行本として紹介した直近の作品
 『ぬるぺた』:同一の経緯で購入をした作品

(特記事項)
 ○大判サイズの単行本と同サイズでページ数もそこそこある同人誌

(作品について)
一緒に暮らす二人の女のかたを描いたお話です。
舞台はロシアを思わせる寒い地域で暮らすお二人…クールな雰囲気で大人なゾーヤさんと、ほんわかした雰囲気でまだ16歳のヤナさんです。
ゾーヤさんはヤナさんの保護された施設で働いていたりするそうですけれど、そのあたりの背景はあまり深くは描かれていません、かも?

お話のほうは、その様なお二人の日常を描いたお話…。
上で触れた様に何か重い過去などの設定を感じるのですけれど、お話のほうはそのあたりは特に触れず、お二人の微笑ましい日常を描いていきます。
百合的にもお二人はしっかり恋人さんになっていたりと、百合的にもよい作品です。

その他、こちらは同人誌なわけですけれど、私はもう同人誌のチェックをやめていますので、上で触れた『ガレット』という雑誌形式な同人誌から派生している単行本を含め、同人誌を購入する機会はなくなっています。
では今作はどうして、となると上で触れた『ぬるぺた』同様にお世話になっているかたが紹介していたので、ということになります…アニメもそうですけれど、こういう機会があれば前向きに購入を検討しようと思いますので、何かありましたらよろしくお願いします。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187618461
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック