2020年07月31日

単行本『もういっぽん!(8)』紹介

【単行本紹介】
『もういっぽん!』
□もういっぽん!(8/チャンピオンコミックス)
■村岡ユウさま
前巻(第7巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(作品について)
柔道部の活動を描いたお話です。
この巻では先の大会が終わり3年生は引退、まずは文化祭の様子が描かれていきます…この際の未知さんのメイクがあまりに怖すぎ、安奈さんや来訪者さんなどの面白すぎるリアクションを引き出します。

そんなことに笑ったりしつつ、この巻のメインは埼玉県の新人戦…部員4人に対し3人しか出られず、永遠さんはひとまず温存、ついに安奈さんが大会へ出ることになります。
その初戦のお相手は優勝候補と名高い名門といきなりぶつかることになり、さらに先鋒の安奈さんの対戦相手はその中でも最強と目されるかた…相手も好感の持てるかたなのですけれども、ともかくこの巻は安奈さんの魅力のつまった巻となっていました。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | (更新終了)作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187757403
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック