2020年08月22日

単行本『citrus+(2)』 / 『ひだまりスケッチ(10)』紹介

【単行本紹介】
『citrus+』
□citrus+(2/百合姫コミックス)
■サブロウタさま
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★★★

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『citrus』:今作の前作に当たる作品
 『citrus』:前作のTVアニメ
 『citrus コミックアンソロジー』:前作のアンソロジーコミック

(特記事項)
 ○「関連作品」で上げた通り『citrus』の続編

(作品について)
前作で紆余曲折の末に晴れて公式に恋人同士になった義理の姉妹なお二人の関係を描いたお話です。
この巻ではこれまでの経緯から少しやわらかくなった芽衣さんが緩くした校則を厳しいものに戻してもらいたい、と考える1年生の生徒会役員さんが登場し、彼女のことがメインになってきます。
そしてその中で、お二人の関係をその人に知られる…というよりも、柚子さんが自分から説明するに至ったりするのですけれども…?

今作は前作の頃から何らかの波乱を毎回起こしてお話を盛り上げる傾向があり、今回はその生徒会役員さんがそうでしたわけで、それはこの巻でも無事に解決します。
ただ、その流れの中で、彼女とクラスが一緒のまつりさんに不穏な気配が生じてしまい、次巻はそちらが問題になってきそう…?


【単行本紹介・その2】
『ひだまりスケッチ』
□ひだまりスケッチ(10/まんがタイムKRコミックス)
■蒼樹うめさま
前巻(第9巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『ひだまりスケッチ ストーリーアンソロジーコミック』:アンソロジー

(特記事項)
 ○これまで数度にわたりアニメ化された作品
 ○アニメ化された作品繋がりで上の作品とともに紹介

(作品について)
ひだまり荘で暮らす女の子たちの日常を描いた4コマです。
この巻ではゆのさんたちが3年生になってからの夏から秋にかけてのことが描かれていきます。
3年生ということで受験生となりつつ、秋には体育祭や学園祭があり、またここまできて新たな出会いがあったりもします。

こうして1年生、入学のときから卒業までをずっと描いていく作品で3年生の夏以降にさしかかってると、受験の話が多くなり終わりが見えてきて、さみしさを感じるものがあります。
ごく稀に高校卒業後も続く作品はありますけれど、基本的には高校卒業で完結となる作品が大部分ですし、今作も多分そうなるのではないかと思われ、そうなると多分次巻あたりで最終巻となりそう…?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187829002
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック