2020年09月08日

アサミーナさん / ティにゃさん活動記

【アサミーナさん(『アルピエル』)活動記】
日曜日は9回めになるミニミニイベントを実施、無事に終了できました。
こちらは9回も実施しているということでマンネリ化しているかもしれず、またこうも頻繁に個人イベントを実施すると気まずい気もしてしまうわけですけれど、パスワードをかいじょしてくださるかたも完全に固定化されたりはしていませんので、また時期を見計らって実施をしてみましょう。

ここ最近はサークル活動が少なくとも2サークルほど活発化していきていますので、どちらにも人が集まってくださるととっても嬉しいところです。


【ティにゃさん(『PSO2』)活動記】
賢者の紋章を得られる採掘基地防衛戦VR1回を難易度スーパーハードでお茶を濁しつつ、万が一のことを考えバスタークエストを後回しにしストーリークエストをどんどん進めていきます。
結局バスタークエストはあと2つっぽいので、そのくらいでしたらまた気が向いたときにすればよいかもしれず、それはともかく…
ジャンピング土下座
…いきなりストラトスさんがジャンピング土下座を発動させたりエコーさんとゼノさんが結婚されたり、あるいはエピソード4同様にシエラさんの行動に嫌悪感を覚えたりとサブストーリーで色々笑わされたり驚かされたりすることが発生しつつ、基本的にはオメガという異世界のお話になります。
まず一つ文句を言っておきたいのですけれど、こちらでストーリークエストを選択していないのにも関わらずシップ内で関係あるかたに近づくだけでストーリーが発動するのやめてください、特にじかんのないときにこれをされると非常につらいです(エピソード3あたりまではこんな嫌がらせは発生しなかったはずなのですが…)

とにもかくにも、ハリエットさんたちの国のことがひとまずの解決を見た後は…
ゲッテムハルトさん
…ゲッテムハルトさんとメルフォンシーナさんがこちらの世界で登場、後の描写からメルフォンシーナさんは不明ながらゲッテムハルトさんは元の世界の存在と同一であると考えて良さそうです。
この一連のお話でダークブラストというものは一体何なのかということが判明、ゲッテムハルトさんに救いができ今後出番ができたのは嬉しいのですけれど、そこへ至るまでの流れは正直に言って納得できていません…。
いえ、地球などでもそうでしたけれど、ティナさんたちの油断がひどすぎて…油断をしないと危機的状況を生み出せない、というのは解らなくもないのですけれども…。
それに、あんな相手に気絶させられたり【巨躯】の力を取り込まなければならないほどなら、これまでのダークファルスや深遠なる闇や地球の神などに勝てるわけがないと思うのですけれども…?

もやもやしつつ、次は緊急クエストに出現する紅き邪竜のお話…この邪竜が何者なのかもこの一連のお話で解りました。
エピソード4の大和同様に実際の戦いは緊急クエストに任せるかたちとなっており、ストーリー中ではお話だけで処理されます…ストーリー中では出現後全くどうなったのか描写のない大和よりは、再封印を行えた描写のあった邪竜のほうがまだよいでしょうか。
…宰相ルツにも救いがありよかったのですけれど、彼の声って私の聞き間違いでなければ今現在観ているアニメにも登場している速水奨さまではないのかと…?(このあたりの声優さまの声はかなりかっこいいかつ今現在観ているアニメの影響でかなり判別がつくかも…?)

その邪竜との戦いの際にルーサーさんが無茶をしてしまい、そのため【敗者】として目覚めてしまうという悲しい展開…シエラさんも言っていましたけれど、こちらの世界のルーサーさんはそうなってしまうまでは特に落ち度のない妹想いのよい人物でしただけになおさらです。
その悲劇の果てにルーサーさんもゲッテムハルトさん同様の存在になったのですけれど、この際ティナさんが【敗者】仕様のダークブラストを発動させた理由って何ですか…理解不能です(何)
ルーサーさん
…この時点でティナさんの頭の中では個性の強すぎる二人が喧嘩したりと騒がしいことになってしまいました。
また、例によって【敗者】の緊急クエストが発動するに至る流れも説明があり…あれは地球を救う緊急クエストなどと同様に【敗者】そのものではないらしく、ともあれ戦闘自体は上の邪竜同様に、ということになります。

ここまでの流れは4人のダークファルス由来っぽい4つの国のうちの2つでその依代となった存在がティナさんに取り込まれるお話で、【巨躯】のゲッテムハルトさんと【敗者】のルーサーさんは元々の由来が解っていたわけながら、残りの【双子】【若人】はよく解らないわけなのでした(新しい緊急クエストのスタート地点にいるわけですけれども…)
ハリエットさんがかなり謎の存在だということが明かされたり、その【双子】由来の子供がちょっとだけ登場したりしつつ、次のお話は【双子】ではなく【若人】へ…かつて【若人】の依代にされたユクリータさんとアウロラさん、アイカさん、そして地球の謎の人物がオメガへ召喚されるという事態が発生します。
この【若人】に関連するお話は全体的にかなりおバカになっており楽しいもの…
マルガレータさん
…特に神国エピックの王であるマルガレータさんが終始非常にいいキャラをしており、エピソード5はおろか今作を通じても最上位レベルにくるほどのよいキャラクターで大好きです。
一連の騒動の末に例によりダークブラスト【若人】モードが得られますけれど、これまでこれを授けてきたゲッテムハルトさんとルーサーさんはそのまま消滅したのに対しマルガレータさんは無事生存、ティナさんの中に入ってきたのはオラクルの【若人】らしく、このあたり少々ややこしい(オラクルの世界にモデルとなったマルガレータさんは存在したらしいのですけれど、来歴一切不明…)…ともあれ3人めが加わり更に騒々しくなったのでした。
…過去のお話も含め【若人】は異様に扱いが悪いネタ枠なわけですけれど、ともあれ例によってサブストーリーで緊急クエストで発生する地底の【若人】について触れられ、そして例によってそれとの戦いは上のものたち同様に、ということになります。

サブストーリーでストラトスさんのお話があったりしつつ、改めて【双子】のお話へ…元の世界でのマルガレータさんがどういう人物だったのか一切語られなかった先のお話に対し、こちらでは元の世界で【双子】になる前のフローさんがどうしてそうなってしまったのかが描かれており、切ない…。
ボリューム自体はこれまでの3体のダークファルスのものに較べて短かったのですけれど、かなり重いお話に…
全員加わり…
…その末にフローさんも他の存在同様なことになったわけで、ますます騒がしいことになるのでした(ゲッテムハルトさんはこの状況から自主的に避難している様子…)
そして例によりサブストーリーで【双子】が出現するお話が語られましたけれど、こちらはどうやら過去に1回だけ遭遇した緊急クエストなバスタークエストに繋がる様子です。

さて、かつて非常に気持ち悪いと感じた【双子】などダークファルスが今では愉快な存在になったわけですけれども、この世界がここまでひどくなったのはエルミルなるこれまた気持ち悪い存在の暗躍があったからで、ここにきてそのものが表に出てきてハリエットさんを利用しようとしてきます…どうも彼はエピソード4のアルなる少年同様に新たに生まれたダークファルスらしく【仮面】の立ち位置に立とうとしている様子です。
これまでの黒幕同様にこちらの裏をかいて調子に乗ってくるわけですけれど、そのこれまでの例によって他のたくさんのかたがたの力をお借りしたりしそれを乗り越えていくのはやはり正統派の流れで盛り上がります。
これでエピソード5は終了のはず
…そうしてアークスミッションでいうところの「伝承を刻む救世の英雄」というお話の直前まで進めたわけですけれど、確か過去にエピソード1〜5全てのストリークエストをクリアしようというミッションが発動した際のエピソード5な対象となるお話のタイトルは確かこれなはずで、また流れからしてこれがエルミルなる存在、多分緊急クエストで戦っている【仮面】との決戦なお話になるはずです。
ならばそれに挑むのはエピソード5なストーリーをクリアするという期間限定アークスミッションが発動してからでいいでしょう、ということでひとまずここで止めておきます。
もしもその期間限定アークスミッションが発動しなかった場合は…ちょっとここまで性急に進めすぎて疲れましたので、少しお休みしますか?

ちなみに、上の画像でティナさんが座っているのはシバなる人物の玉座でして、ストーリーを進めることによって結構入手できたSGで引くことのできるスクラッチにて入手したものです。
このスクラッチで得たものは売却不可能ですので、いらないものや重複したものの処理が…。
お部屋といえば、あとはこっそり…
ブリュンヒルト
…今現在観ているアニメの戦艦(ヤマトではなく手前のもの)や…
銀河英雄伝説
…ポスターを貼ってみました(ポスターは2種類あるみたいなのですけれど、1種類は品切れ…)
とはいえ、これらはリメイク版のものなのに対し、私が観ているのは原作(?)のほうでしたりします?

ストーリー関連以外のところでは、新規の緊急クエストについて、最後の最後のボスがダウン後に定期的に大ダメージがきて回復が面倒なのですけれども、マトイさんの支援が発生することがあり…
HP大幅上昇
…その場合現状2000なHPが一気に6800まで上昇し非常に安全になり、これが常に発動すれば何の問題もなくなります。
ただ、これの発動条件がいまいち解らず、発動しない場合もあり…個人的な感覚では前半戦終了後の場所にいるマトイさん、ヒツギさん、ハリエットさんに話しかけた場合発動するのでは、という気がするのですけれども、果たして…?(ヒツギさんとハリエットさんの支援もあり、ハリエットさんはボスに大ダメージ、ヒツギさんはよく解らなかったものの上の画像を見る限り敵を束縛するらしいです?)

ちなみに上で触れた緊急クエスト、画像は昨日の23時に挑んだものなのですけれど、見れば解る通り12人で挑むべきものが10人になってしまっています。
これはクエスト開始から5分とたたないうちにお二人のかたが延々戦闘不能…そう、なぜか復活させても即座に戦闘不能になるという事象が何度か起きた末に消滅してしまうという意味不明で謎な現象が起きたためにこうなってしまいました。
難易度ウルトラハードですと12人でも20〜30分かかるところが2人減ってしまったこともあり45分もかかり、戦闘不能回数は0だったのですけれどもA判定勝利になってしまい、もちろん何一つ得るものはなく時間の無駄になってしまいました(私が戦力になっていない面が大きいと思われますので文句は言えません)
ただ、これだけ時間がかかってしまったためなのか、後半戦の後半戦(何)で上で触れた最後のボスがダウンするいうパターンまでいかずその前の腕を攻撃するパターンの時点で撃破となりました…時間切れで勝手に倒れた、というわけではないはずですけれども、どういうことでしょうか…。

その他、エピソード4で放置をしていたファレグなる人物との決闘も試しに実施、特に問題ない…かと思いきやある程度ダメージを与えたところで本気を出されたのか攻撃パターンが変化、さらにこちらの与ダメージが激減しどうにもならなくなってしまい、地球人にティナさんがやられるのはちょっと、いえかなりいやでしたのでクエスト破棄をしてしまいました(そんな強いのでしたらアーデムなる人物のことくらいあっさり何とかできましたよね?)
どうにもならなくなった状態について、前者はともかく、後者はどうもパティさんの言うところの渦巻きの最後に出てくるボスの様に前半使い続けた武器に耐性がついてしまう雰囲気…となるとずっとデュアルブレードで攻撃をし続けるわけにはいかず、かの存在に勝利するにはダブルセイバーかウォンドを使わざるを得ない様子です。
どうもダブルセイバーにはカウンターがある様子でタイミングを合わせれば大ダメージを与えられる様子なのですけれども、それが難しく…さらにHP回復量もなぜか抑制されてしまっていますし、やはりこの戦いは無視をしたほうがよいかもしれません…?
…この人物が本気を出してくるシーンでスーパーイナズマキックを放ってくるのですけれど、声と格闘技キャラクターということも相まって完全に『テイルズ』のファラさん…(外見は全く違うのですけれども/何)
posted by 桜乃 彩葉 at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | あさ/ティにゃ活動記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187891419
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック