2020年09月22日

単行本『ライフル・イズ・ビューティフル(6)』 / 『私、日常は平均値でって言ったよね!(3)』紹介

【単行本紹介】
『ライフル・イズ・ビューティフル』
□ライフル・イズ・ビューティフル(6/ヤングジャンプミックス)
■サルミアッキさま
前巻(第1〜5巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★☆☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(特記事項)
 ○アニメ化もした作品
 ○最終巻

(作品について)
射撃部の活動を描いた4コマです。
この巻では皆さん2年生へ進級、そしてエアライフルという新境地へ進むお話が描かれていきます。
そのエアライフルを県内で行っているのは皆さんの高校だけということで、自動的に全員全国大会へ行ける…かと思いきや、幼少からエアライフルをしている新入生が入部してきまして…?

その様な今作はこの巻で完結、最終巻となっています。
実のところ、終盤の展開は…これって打ち切りなのでは、としか思えない様なものになってしまっており、終わりかたに関してはかなりもやもやするというか、残念なものになってしまっていたと言わざるを得ないかもしれません…。


【単行本紹介・その2】
『私、日常は平均値でって言ったよね!』
□私、日常は平均値でって言ったよね!(3/アーススターコミックス)
■FUNAさま・亜方逸樹さま(原作)/森貴夕貴さま(漫画)
前巻(第2巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『私、能力は平均値でって言ったよね!』:原作コミカライズ版

(特記事項)
 ○原作はノベル、上で触れたコミカライズ版がありアニメ化もされたもののスピンオフ作品
 ○上の作品同様アニメ化された作品繋がりで同時に紹介(ただし上は原作、こちらはコミカライズ版)

(作品について)
強大な能力を持って転生した女の子とその仲間を描いた4コマです。
今巻でも既刊同様にファンタジーな世界でギルドを組む皆さんの日常を緩く微笑ましく描いていきます。

この巻ではレーナさんが他のギルドのかたに憧れる姿が見られたりしますけれど、そちらのかたは原作に登場するかたでしょうか…原作のコミカライズ版は今作より刊行ペースが遅くなっています?
とはいえ今作は基本的に緩いものですので、原作の流れが解らなくても特には問題にはならないでしょうか。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187948749
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック