2020年12月12日

単行本『謎のリリリス(1)』紹介

【単行本紹介】
『謎のリリリス(1)』
□謎のリリリス(1/まんがタイムKRコミックス)
■TYONEさま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(作品について)
謎のリリリスさんを巡る日常や騒動を描いた4コマです。
リリリスさんは文字通り謎の力…魔法や超能力の様な力を持った、けれども記憶を全て失った状態な存在であり、元は別の世界にいたらしいのですが気が付くと地球にやってきていました。
姿かたちさえ安定しない存在なのですけれど、ひとまず女の子の姿でいるのが基本形になった様子…人間を食料として体力を回復させますけれど、物理的に食べるのではなく密着するだけでよい様子です?

その謎のリリリスさんが接触したのは高校生の女の子たちなのですけれども、さわじまさん以外は全て何らかの力を持ったかたがたでしたりし、さらに彼女の力を狙う宇宙人なども登場します。
その様な荒唐無稽なお話ではありますけれど、コメディ作品としては高い水準で面白く楽しめるものです。
終盤では彼女の出自に繋がりそうな謎の存在が彼女の力を奪っていったりと、お話が大きく動きますけれども…?
ともあれ百合的にもなかなか悪くない、なかなかに謎で面白い作品ですので続きも見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | (更新終了)作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188211090
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック