2020年12月31日

単行本『ヤンキー×ジャーキー(1)』紹介

【単行本紹介】
『ヤンキー×ジャーキー(1)』
□ヤンキー×ジャーキー(1/FUZコミックス)
■由井ひな子さま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『ぱすてるディズ』:同一作者さまの単行本

(作品について)
いわゆるヤンキーなかたと人狼な女の子の関係を描いた4コマです。
そのお二人は同じ高校に通うクラスメイトなのですけれど、人狼のるうさんは普段は人間の姿をしているものの驚いたりすると狼の姿になってしまいます(任意でも変化できる様子です)
ある日、狼の姿になっているとクラスメイトの愛羅さんにジャーキーを恵まれ、それをきっかけに仲良くなっていくのでした。

お話はそのお二人の関係を描いたもの…ちなみに他にも牛の妖怪であるくだんなかたもいらしたりします。
こちらは楽しく微笑ましいコメディ作品となっており、安心して読めるもの…お二人の関係も微笑ましくよきもので、続きも楽しみにしたいものです。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | (更新終了)作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188266564
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック