2021年03月19日

単行本『クダンノフォークロア』紹介 / その他

【単行本紹介】
『クダンノフォークロア』
□クダンノフォークロア(百合姫コミックス)
■煮汁さま(漫画)/志水はつみさま(原作)/SukeraSparoさま(キャラクター原案)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『クダンノフォークロア』:原作ゲーム

(特記事項)
 ○原作はゲーム、そのコミカライズ版
 ○ゲームダウンロードコードなどのついた特装版が存在
 ○1冊完結

(作品について)
高校生の女のかたの日常に都市伝説を絡めたお話です。
こちらは上で触れた通りかつてプレイをしているゲームのコミカライズ版、しかも本編を忠実に再現した内容になっていますので、詳細な説明はそちらに任せます。

今作は1冊完結であり、1冊で一つのルートでも描けるのか…となると当然その様なわけはなく、今作はゲーム本編の1章に相当するお話を解決しただけで終わってしまいます。
ですので百合的にもそれなりといったところになり、やや消化不良感のある作品ではありますけれど、特装版にはゲームそのものが付属しているといいますし(ですのでかなりお高い)、続きはゲームで見てください、ということなのかもしれません?
…ゲームが出たのは結構前のことで、どうして今になってその様なことをするのかは少々謎です(最近百合なゲームのチェックを一切行っていないので全く解らないのですけれど、何か特殊な動きがあるのでしょうか)…もっとも、謎といえば下で触れるゲーム作品のほうがさらに大きいですけれども(何)


【その他】
先日はとっても大好きなあのかたとお話をする機会が久しぶりにありまして、あのかたが最近随所で話題になっている『ウマ娘』をされていることなどをうかがい、もしもアニメに触れられてよきものでしたらお教えくださいとお願いしたりしたのですけれど、その際に来期のアニメに何かよいものはありそうでしょうか、ともたずねたのでした。
そのお話をした際の私は来期には何もないという認識でいまして、けれどあのかたに甘えてばかりでもいけないので一度自分でも確認をしてみよう、ということで来期にあるアニメの一覧を一度見てみました。

ぱっと見てみて『結城友奈は勇者である ちゅるっと!』という謎作品が引っかかったもののあとは私では判断のつかない、やはりあのかたのご意見をおうかがいしない限りは何もないと判断してもよさそう…と思ったのですけれど、とある作品が非常に引っかかりました。
それが『BLUE REFLECTION RAY/澪』という作品で、以前プレイをしているゲーム『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』の名を冠しており、何か関連があるのかという疑問を生じたのでした。

あまりに引っかかりましたのでこちらの公式サイトを見てみたのですけれど確かに関連のあるものであり、世界観はそのゲームと同じ、けれど登場人物は違うという何とも判断に困るものになっている様子…。
ゲームはお話と音楽を中心にかなり好きなものでして、でもそのお話が別物となるとどうしたものか…ただ原作ゲームが思い入れのあるほどに好きだったのは確かでして、そして百合的には期待できるかと思いますし、一応購入する方向で気にはしてみます、か…?

そもそも『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』自体かなり以前の作品であり、また同じメーカーでやや似た雰囲気のあるこの『よるのないくに』の様に続編が出たわけでもないゲームがなぜ今になってアニメとして取り上げられるのか、という謎が大いにあります。
もしかするとこれをゲーム化するとか、そういうことでもあるのでしょうか…?

…ともあれ、来期のアニメで私が気になったのはこれくらいでして、他に何かよきものがありそうでしたらお教えいただけると幸いです。
posted by 桜乃 彩葉 at 08:06 | Comment(0) | 作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]