2021年03月20日

単行本『ハロー、メランコリック!(3)』紹介

【単行本紹介・その2】
『ハロー、メランコリック!(3)』
□ハロー、メランコリック!(3/百合姫コミックス)
■大沢やよいさま
前巻(第2巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★★☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『DK、Gペン、目覚まし時計。』:同一作者さまの単行本

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
吹奏楽部な皆さんの日常を描いたお話です。
この巻では湊さんと響生さんが互いに自身の気持ちに気付いて行動しようとするもののなかなかうまくいかず、すれ違ったり時には衝突したりしてしまうのですけれど、そのさまもなかなか初々しく微笑ましいものです。

その様な今作はこの巻で完結、最終巻となり、もちろん最終的にはハッピーエンドとなり、よい終わりかたでしたかと…かなり性格の違うお二人ではありますけれど、そういうところも含め面白い作品でした。
巻末には描き下ろしとして謎多き部員の秘密が描かれています。
posted by 桜乃 彩葉 at 08:05 | Comment(0) | 作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]