2021年03月24日

単行本『ゆりづくしの教室で(2)』紹介

【単行本紹介】
『ゆりづくしの教室で(2)』
□ゆりづくしの教室で(2/百合姫コミックス)
■しーめさま
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(作品について)
とある高校の2年1組な皆さんの日常を描いたお話です。
この巻でも1話につきそのクラスのかたがたの特定の一組に焦点を当てたお話が描かれていき、中には仲良し3人組や三つ子と先生といった二人ではないかたがたの関係もあり、特に後者のお話は普通にいいお話で少し泣けます。

どうやらこの巻でクラスのかたがた全員を一巡できた様子…個性的なかたがたが多く様々な関係を楽しめますのでその点でも面白く、お話自体も正統派な学校を舞台にした日常系百合なお話でよいものとなっています。
また、この巻の最後は様々なかたがたが活躍する体育祭のお話になっています…もちろんそれで完結というわけではなくまだ続きますので、引き続き見守りましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 08:04 | Comment(0) | 作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]