2021年04月14日

単行本『吸血鬼ちゃんとメイドさん』 / 『JSさんとOLちゃん(1)』紹介

【単行本紹介】
『吸血鬼ちゃんとメイドさん』
□吸血鬼ちゃんとメイドさん(MFC)
■ざんかさま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★★☆

(作品について)
3つの作品を収録した作品集です。
収録作品のうち1つは1話のみの短編、残りの2つは複数話の中編といったところであり、その全てがお嬢さまとメイドさんというお二人の関係を描いたものとなっています。

収録作品の一つは単行本のタイトルにもなっているもので、タイトル通りのお二人を描いたもの、一つは『猫耳メイドさんとお嬢様』であり、これまたタイトル通りなお話、あと一つの短編はお嬢さまというよりは館の主といった趣のかたとメイドさんの関係を描いたものです。
最後のお話は多少趣が異なるものの、それでも基本的には全て二人の世界を描いた比較的微笑ましい、そして百合的にもよきものとなっています。


【単行本紹介・その2】
『JSさんとOLちゃん(1)』
□JSさんとOLちゃん(1/FC Jam)
■ゆりかごさま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『私に天使が舞い降りた!』:似た立ち位置の作品

(特記事項)
 ○上の作品とタイトルの雰囲気が似ていたことから同時に紹介

(作品について)
小学生の女の子のことを好きになった社会人のかたを描いたお話です。
主人公の綾瀬さんは仕事はできるものの私生活面ではだらしないところのあるかたなのですけれど、その彼女、ある日ふとしたことで出会った小学生の女の子、小春さんに一目惚れしてしまいまして、以降交流を深めていくことになりました。
小春さんは基本的にしっかり者で家事もできる女の子なのですけれど、地味に大食いなところがあり、また綾瀬さんと友達になった理由の一つに綾瀬さんがお菓子メーカーで働いており…というものがあったりと、少し上で触れた作品に通じるところがあり…?

お話のほうは、その様なお二人の関係を描いたもの…基本的にはおバカなコメディで楽しいものとなっています。
綾瀬さんが暴走したりその気持ちを何とか抑えようとしたりするさまを楽しむのがメインの作品といえます…暴走が度を過ぎ変態すぎる事態に至ると過去に「なかったこと」にしたものみたいになってしまうのですけれど、今作は今のところそこまで酷いことにはなっていないのでまだ安心…引き続き見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 08:04 | Comment(0) | (更新終了)作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]