2021年04月20日

単行本『ロンリーガールに逆らえない(3)』 / 『罠ガール(6)』紹介

【単行本紹介】
『ロンリーガールに逆らえない(3)』
□ロンリーガールに逆らえない(3/百合姫コミックス)
■樫風さま
前巻(第2巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★★☆

(作品について)
弱みを握られてしまったため1日に1回お相手のかたの言うことを何でも聞くことになってしまった女の子を描いたお話です。
この巻では今までの関係からいわゆる普通の友達という関係になろうとするお二人を描いていきますけれど、今までの関係が特殊過ぎたり、距離が縮まりすぎていたこともあってどうにもしっくりこない状態になってしまいます。

それでもより深い関係に進みそうになるのですけれど…終盤では不快な人物の東條により一気に不快な展開に転落してしまいました。
一応桜井さんはその状況を打開すべく動くことにしましたけれど、果たして…このまま不快なまま終わるわけがないと思いますし、何とかなると思いたいところです。


【単行本紹介・その2】
『罠ガール(6)』
□罠ガール(6/電撃コミックスNEXT)
■緑山のぶひろさま
前巻(第5巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(特記事項)
 ○タイトル名に共通点があることから上の作品と同時に紹介

(作品について)
罠猟をする女の子を描いたお話です。
この巻では前巻に続いて対シカ捕獲のお話について、その顛末までが描かれていきます。
かなり大掛かりなことになっていますけれども…?

後半はそのシカ捕獲などで捕獲した後のことを考える様になった皆さんが毛皮を利用する方法を勉強することになり…?
こちらは田舎の現状などがなかなかしっかり描かれている部類に入る、その意味でも珍しい作品…お話自体なかなか面白いですし、続きも見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:54 | Comment(0) | あさ/ティにゃ活動記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]