2021年04月25日

単行本『夜と海(3)』紹介

【単行本紹介】
『夜と海(3)』
□夜と海(3/芳文社コミックス)
■郷本さま
前巻(第2巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
高校生の女の子お二人の関係を描いたお話です。
この巻では高校生活最後の一年となる3年生を迎えたお二人の関係を描いていくのですけれど、このお二人は相変わらずどちらもかなり独特なかたでして、そのさまが面白いものです。

そうした今作はこの巻で完結、最終巻…最後は卒業、そして後日談となりますけれど、展開自体はかなりあっさりしたものといえます。
ただ、やはり今作はこのメインのお二人の微妙な関係性やその性格そのものが面白いもので、後日談もちょっとしたおまけという趣があり面白くよきものでした。
posted by 桜乃 彩葉 at 08:03 | Comment(0) | 作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]