2021年05月22日

単行本『いのち短し善せよ乙女(1)』紹介

【単行本紹介】
『いのち短し善せよ乙女(1)』
□いのち短し善せよ乙女(1/まんがタイムKRコミックス)
■土管さま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★☆☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(作品について)
一日一善を実践しないと死んでしまう女の子の日常を描いた4コマです。
主人公で高校生の風上乙女さんはある日とても見せられないほどひどい死にかたをしたというのですけれど、それがあまりに哀れであるというとで神によって生き返らせてもらえることになりました。
けれど、その条件が一日一善を、渡された槌を振って出てきたアイテムを使って実行するというものなのでした。

お話のほうは、ということで何とかして出てきたアイテムで一日一善を実施する乙女さんと周囲のかたがたのおバカで賑々しい日常を描いたものです。
お目付け役として天使がやってきたり、二重人格なクラスメイト、それに善行を止めようとしてくる悪魔までやってきたりと周囲も賑やかで、おバカなコメディ作品としてはなかなか悪くないもの…続きも見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 08:05 | Comment(0) | 作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]