2022年04月29日

単行本『〆切前には百合が捗る(1)』紹介

【単行本紹介】
『〆切前には百合が捗る(1)』
□〆切前には百合が捗る(1/ビッグガンガンコミックス)
■平坂読さま(原作)/さきだ咲紀さま(作画)/鈴木マナツさま(構成)/U35さま(キャラクター原案)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『selector infected WIXOSS -peeping analyze-』:構成担当のかたが漫画担当をされた単行本

(特記事項)
 ○原作はノベル、そのコミカライズ版

(作品について)
小説家のかたのお手伝いとして住み込むことになった女の子を描いたお話です。
主人公の愛結さんは高校生の女の子で、自身が女性のことを恋愛対象として見ているという自覚があり、ある日それを友人や両親に告白するもののかえって迫害を受けることになり、そのため田舎から東京へ家出をしてしまいます。
彼女が頼ったのは従姉で編集者をしているかたで、そのかたの提案によりそのかたが担当している小説家であるヒカリさんの家で住み込みで周囲のお世話をすることになったのでした。

お話のほうは、その様なお二人の同居生活を描いたもの…。
愛結さんは上で触れた様な心の傷はあるものの基本的には純粋ないい子で、一方のヒカリさんも基本的には接しやすいかたなのですけれど、どこか壁のある様にも見え…?
愛結さんはヒカリさんに一目惚れをして意識をしているのですけれど、ともあれその様なお二人の関係がこれからどの様になるのかなど、上で触れた様な家出へ至る経緯の描かれた冒頭は実のところかなり胸の痛む展開ながらその後はよい作品で、第2巻は秋頃発売予定とのことですので引き続き見守ってみましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:43 | Comment(0) | 作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]