2022年07月20日

単行本『いのち短し善せよ乙女(2)』紹介

【単行本紹介】
『いのち短し善せよ乙女(2)』
□いのち短し善せよ乙女(2/まんがタイムKRコミックス)
■土管さま
前巻(第1巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
一日一善を実践しないと死んでしまう女の子の日常を描いた4コマです。
この巻でも引き続きその様な状況に陥った乙女さんと周囲のかたがたの日常を描いていき、やはりお話ごとに何らかの善行を積んでいくさまが見られます。

この展開は特に大きな流れもなく終盤まで続いていき、安定した面白さになっていました。
そうした今作はこの巻で完結、最終巻となっており、波乱は最終話の1話くらい前…ではなくいきなり最終話で発生しその1話でまとめられることになりました。
やや急な展開ではありましたけれど、終わりかた含め悪くはなかったと思います?
posted by 桜乃 彩葉 at 07:04 | Comment(0) | 作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]