2022年08月26日

単行本『黄道寮の星座な日々(1)』紹介

【単行本紹介】
『黄道寮の星座な日々(1)』
□黄道寮の星座な日々(1/MFコミックスフラッパーシリーズ)
■缶乃さま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『合格のための! やさしい三角関係入門』:同一作者さまの単行本

(作品について)
黄道寮という少し特殊な寮へ入った女の子を描いたお話です。
主人公の女の子はあるかたにある願いを託されその学生寮へ入ることを決意したかた…名前は不明です(何)
その黄道寮という学生寮は少々特殊で、本名を隠し12星座の名で互いを呼び合う12人のかたのみが入寮を許され、そこへ入るには空きがありなおかつ現在入寮しているかたがたに認めてもらう必要がありました。
今現在は乙女座の枠が空いており、ですので主人公さんはそこの枠に入るべく残りの11人のかたに認めてもらおうとするのですけれども…?

お話のほうは、その様な少し不思議な寮での皆さんを描いたもの…。
この巻ではキャラクター紹介を兼ねて皆さんに入寮を認めてもらうさまが描かれていきますけれど、それぞれの星座のかたがたはかなり個性的であり、それも相まって基本的には楽しいコメディなお話となっています。
ただ、主人公さんの入寮の動機、あるいは同室となった双子座のかたなど、結構謎も多く、それがどうなっていくか、続きも見守りたいものです。
posted by 桜乃 彩葉 at 07:03 | Comment(0) | (更新終了)作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]