2022年09月18日

単行本『推しが武道館いってくれたら死ぬ(9)』紹介

【単行本紹介】
『推しが武道館いってくれたら死ぬ(9)』
□推しが武道館いってくれたら死ぬ(9/リュウコミックス)
■平尾アウリさま
前巻(第8巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『まんがの作り方』:同一作者さまの単行本
 『推しが武道館いってくれたら死ぬ』:アニメ版

(特記事項)
 ○アニメ化され、実写化もされるという作品

(作品について)
アイドルの熱狂的なファンのかたを描いたお話です。
この巻ではずっとう恋愛アイドルでした皆さん、そして舞菜さんが有名になっていき、それに伴う環境の変化にえりぴよさんが戸惑ったりするさまを描いていきます…このあたりは、最終的には好きな気持ちに変わりはないということに…?

後半ではクリスマス、それに舞菜さんの誕生日記念ライブが行われることとなり、特に後者はえりぴよさんが主体となり動いていくことになって…?
このあたりのお話は楽しくよいものなのですけれども、最後の最後にえりぴよさんのアイドルオタク仲間にとって大波乱では済まない様な大変な事態が発生するところで終わっており、果たしてどうなるか…次巻は2023年発売予定とのことで、引き続き見守りましょう。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:49 | Comment(0) | 作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]