2022年12月18日

単行本『ひなゆり冒険記(1)』紹介

【単行本紹介】
『ひなゆり冒険記(1)』
□ひなゆり冒険記(1/リュウコミック)
■大庭直人さま

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★★☆☆

(日誌に記載のある関連作品(※最新1作品のみ取上))
 『恋の好奇心』:同一作者さまの単行本

(作品について)
魔物を浄化する旅をする勇者と賢者のお話です。
お話の舞台はファンタジーな世界観の世界であり、この世界のかたがたはそれぞれジョブを有しているもののそれは自分の望み通りのものが得られるわけではなく、主人公の一人のゆうりさんは心やさしい女の子ながら勇者というジョブのため苦労をしているかたでした。
パーティを追放され続けてしまっていたゆうりさんへ声をかけたのは賢者のひいなさんであり、彼女はゆうりさんに魔物を浄化し元の精霊へ戻す力があることを伝え、ともに城下の旅をし世界を救おうとおっしゃるのでした。

お話はその様なお二人の旅を描いたもの…。
メインのお二人、特にゆうりさんが微笑ましいかたであり、その様なお二人の冒険を見守るのは楽しいもので、またお話のほうも全体的に微笑ましくよきもの…百合的にもひいなさんがゆうりさんへ惹かれていたりとなかなか悪くなく、続きも楽しみに見守りたいものです。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:55 | Comment(0) | (更新終了)作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]