2023年01月26日

単行本『最果てのともだち(3)』紹介

【単行本紹介】
『最果てのともだち(3)』
□最果てのともだち(3/まんがタイムKRコミックス)
■雪宮ありささま
前巻(第2巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★★
 ○百合度:★★☆☆☆

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
幽霊と友達になった女の子を描いたお話です。
この巻ではアサヒさんにクラスメイトな友人ができ、けれどそのためにキヨさんとの距離ができてしまい、ついには彼女を避けることに…というつらい展開になっていきます。
同時に、キヨさんとは一体何者なのか、ということが語られていきます。

そうした今作はこの巻で完結、最終巻となっており、終盤では一度は避けたキヨさんとアサヒさんが向き合うことになり…?
中盤まではかなりつらいお話になっているのですけれど、その分その先がとてもよい、救いがあるどころではないものとなっており、かなりきれいで満足できる終わりかたとなっており、涙なしには見られないとてもよいものでした。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:59 | Comment(0) | 作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]