2023年03月19日

単行本『音のレガート(3)』紹介

【単行本紹介】
『音のレガート(3)』
□音のレガート(3/まんがタイムKRコミックス)
■すいとさま
前巻(第2巻)

(個人的度数)
 ○おすすめ度:★★★★☆
 ○百合度:★★☆☆☆

(特記事項)
 ○最終巻

(作品について)
アンサンブル部の活動を描いたお話です。
この巻では文化祭が終わり、ひょんなことから音さんの家庭環境におけるあることが判明したりするさまが描かれていきます。
そして中盤では他校の色々な生徒とランダムにチームを組んで演奏する演奏会に参加することになり、ツンデレなかたが実はやさしいことが解ったりします(何)

そうした今作はこの巻で完結、最終巻…終盤は演奏を楽しむ中で、けれど将来、皆さんとの演奏の日々も終わってしまって、というさみしさを考え不安になってしまったりするさまが描かれます。
それでもエピローグではなかなかきれいなかたちでその不安を解消しており、その終わりかたも含めよいお話でしたかと思います。
posted by 桜乃 彩葉 at 06:53 | Comment(0) | (更新終了)作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]