2008年09月24日

サモンナイト クラフトソード物語2

先日クリアしたゲームのレビューをば♪
サモンナイト クラフトソード物語2
□サモンナイト クラフトソード物語2
■バンプレストさま
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.3)
 ○グラフィック評価:★★★★☆(3.5)
 ○システム評価:★★★★☆(4.4)
 ○内容評価:★★★★☆(4.0)
 ○音楽評価:★★★★☆(4.0)
 ○声優評価:★★★☆☆(3.0)
 ○難易度:★★☆☆☆(2.0)
 ○百合度評価:★★★☆☆(3.0)
 ○付加要素(おまけなど):★★★★☆(4.4)
 ○総合評価:★★★★☆(4.0)

これは過日購入をしたゲームで、『サモンナイト クラフトソード物語』のシリーズ第2作となります…機種はゲームボーイアドバンスとなりますね。
先にプレイしていた『クラフトソード物語(1)』クリア後すぐにこのゲームを開始したのですけれど、クリアするのに80時間以上かかってしまいました…。
日誌を確認する限りではここから『2』を開始した記録が残っていました…『1』のほうは1〜2ヶ月で終了したみたいですのに、やはりこれは全ての武器を鍛え上げたかそうでないかの差です。
『2』を開始した時点で時間がかかることは覚悟していたみたいですけれど、でも『サモンナイト2』にかけた時間と同程度ですんだのでまだよかったのかも…って、まだクリア後の要素も残っておりますし、何だか完全クリアまでに1年かかってしまいそうな勢いです。

内容のほうは、小さな村で起こる大きな騒動の物語でしょうか…魔刃使いとしての運命を背負った主人公と、そんな主人公と偶然出会った護衛獣が武器を作って鍛えつつ世界の危機に立ち向かうという感じとなります。
物語の概要などはずっと以前に触れた気がしなくもないのでここで改めて触れる様なことはしません…また、先日までの軌跡も過去の日誌でたびたび触れている気がしますので…。

ゲームのほうは昨日までに、最後の敵を倒すのに必要な結晶石で作った武器を槍に斧、ナックルとドリルと一通り鍛えては解体しましたので、いよいよ剣を作成して鍛え上げました。
それを持って、いよいよゴウラの迷宮の奥へ…グレンゴウラとの再戦に挑みました。
さすがにレベル76ではなかなか余裕の戦い…ですが、一度倒したグレンゴウラはリンリさんを取り込んでさらにパワーアップしてしまった模様?
あまりの力の前に諦めかけてしまうはやてさん(主人公です)ですが、そんなとき現れたリョウガさん、それに外にいる皆さんの声を聞いて、そして自分の内に封じられていたゴウラの欠片の声を聞いて、何だかすごい姿になって復活…最後の戦いに挑みます。
その戦いにも勝利し、グレンなる者は完全に消滅…一方のゴウラは何だかちみっこい姿になって、力を蓄えた後にシルターンへ戻るといいます。
ともあれ、これで一件落着です♪

その後は、どうやらリョウガさんとリンリさんは村を離れることにしたみたい…リンリさんルートだとここがどうなってしまうのか、気になるところです。
同じくトウメイさんも村を去ったみたい…私は選びませんけれど、ガブリオさんルートがあるならばトウメイさんルートがあってもよかったのでは、と思います。
そのガブリオさんは子供たちと風団の拡大へ向け頑張っているみたい…女の子は「風団」という名前に不満を持ち「そよ風隊」を結成しようか考えているみたいですけれど。
ニーニャさんは帰ろうと思っているみたいですけれど帰れるか不安みたい?
外道な人はグレンなゴウラに吸収されて消滅したと解釈できますけれど、パスゥ氏はどうしたのでしょう…確か捨て台詞を残して逃げていったはずなのですけれど。
ともあれ、エンディングはタタンさんのカレーエンドでした…お料理下手なはずのタタンさんですけれど、彼女の作るカレーは愛情がこもっているみたいでどんどんおいしくなっていくみたい?

これでひとまずクリアではあるのですけれど『1』のときにもクリア後に引き続きプレイができて裏ダンジョンが現れましたので、今回もそういうものがありそうです…魔法陣が現れましたし。
とりあえず村の人たちと会話をしていくと、落し物ばかりしていた子や猫を探していたおばあさんなどから今までのお礼を貰いました。
また、あばれウサギともまだ戦えて、1回めは軽く勝てたのですけれど、2回め…黄金色に輝くあばれウサギはグレンゴウラなどものの数に入らない恐ろしい力を持っており、あえなくリセット…ゴウラ封印より、あのウサギを封印したほうがよいのではないでしょうか。
ともあれ、レベル78でも倒せないなんて…これは『1』のとき同様に99近くまで上げなければならないかもしれません。

イラストのほうは悪くないものだったかと思います。
グラフィックのほうも携帯ゲーム、それもDS以前にしてはよかったかと…少なくとも不満に感じるところはありませんでしたし、それに3Dなどよりこういう感じのほうが個人的には好みです。
システムのほうは、戦闘などの基本は『1』と変わらないながらも、武器の強化や製作方法に少なからず変更がありましたね…でも、あまり他のゲームには見られないものですし、なかなかよきものかと思います♪
武器を鍛えるだけ次の武器に引き継がれる、ということで『1』では大して行わなかった武器の鍛錬をこちらでは徹底して行ったのでした…その結果、クリアするまでにここまで時間がかかってしまいました。
内容のほうは、個人的にはなかなかよかったかと思います…主人公や護衛獣は『サモンナイト』シリーズの特徴として性別などかなり自由がきいてよいことですし、キャラクターも全般的に悪くありませんでしたし♪(でも『1』のサナレさんを越えるかたはいなかったかも…百合的にも『1』のあの護衛獣は超えられなかった?)
物語的にも、『サモンナイト』ですのでやや鬱になるところもあったながらも、まずまずよきものだったかと思います♪
音楽のほうも、個人的にはかなり好きな感じだったかと思います♪
声優さんのほうは、戦闘時くらいにしか声は出ませんけれど、主人公の声は植田佳奈さまでしたし…♪
難易度のほうは、それほど高いものではないかと…私は武器を鍛えに鍛えましたので80時間かかりましたけれど、多分普通にしていれば1/4くらいの時間でクリアできるかも?
百合度のほうは、主人公を女の子にすればなかなか感じられるかも…主人公とタタンさんとか、主人公とツンデレな護衛獣とか…♪
でも、最強の護衛獣さんのいた『1』に較べると低い感じが否めないでしょうか。
付加要素のほうはクリア後にも色々ありますし、猫や落し物探しなど、色々細かいものが含まれていたりも…♪
あと、クリア後におまけとして人間キャラやあばれウサギ、そしてガンヴァルドでの戦闘といったものが現れます。
総じて、よいものだったかと思います…個人的にはブレイブクリアなんて余計な機能の含まれたりした本編よりも、こちらのほうが楽しめるかもしれません♪
こうしたゲームも好きですし、もしかするとこういった作品が私と一番相性がよいのかもしれません…雰囲気なども含めて♪

ともあれ、一応クリアということでレビューを書きましたけれど、武器や召喚獣の辞典も全然完成していませんし、裏ダンジョンがあるのは明らかです…これからはそちらのほうを進めていこうかと思います♪
ということで、『クラフトソード物語』シリーズ第3作である『はじまりの石』に入るのはまだ当分先のことになりそうです。
posted by 桜乃 彩葉 at 05:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 百合(かも?)作品感想
この記事へのコメント
シャッス☆

うゅ♪
クリアなされたみたいでっ☆

クリア後の要素…
おまけ等色々盛りだくさん…てんこ盛りバンバン☆
ですので、お楽しみ下さいまし♪

中々…長い時間プレイなされて♪
私はクリアした時は50時間くらいでしたけど…☆

クラフトソードは、本編よりも百合度が高くて良いです♪

本編は3辺りから…
何だか男キャラとの夜会話の方がテキストが豪華とか、訳分からないコトになってるらしいですし;

クラフトソードをPSPに…フルヴォイスで移植して下されば嬉しいのですが…☆

もちろん、主人公は植田佳奈さんでっ☆

そう言えば…サモン4は?(何)


でわわ☆
Posted by 桜花 at 2008年09月24日 10:35
桜花さまへ>
シャッス!です♪
はい、まずは一応クリアいたしました♪
けれど、やはりクリア後にも色々とあるのですね…まずはじっくりとやっていこうかと思います♪

なるほどです、でも50時間でもなかなか時間をかけている様に思えます♪

それは、なかなか嘆かわしい…乙女ゲームか何かになってしまったのでしょうか。
アトリエも何だかそんな雰囲気がありますし、嘆かわしい限りです。
でも『サモンナイト3』なら魅力的な女のかたが非常に多かった気が…?

ふむふむです、それもありでございますね…♪

…『4』は何だかやる気が出ず…上のお話を聞いてはなおさらです〜。
Posted by 桜乃彩葉 at 2008年09月24日 13:03
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19920704
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック