2008年12月15日

もえたん

昨日はメロンブックス通販にて冬のイベントのアイテムをまた1つ…『風の音塊 〜ボス編〜』を予約いたしました。
こちらは以前のいちごさんの集会ではあげられていませんけれど、以前購入していた『風の音塊 〜道中編〜』がよきものでしたし、よいですよね?

と、全く話は変わりますけれど、私も参加をしている『私立天姫学園』のほう、フィンさまのイベントの今週の予定が発表されました。
今週は今日と水、木、土、及び来週の日曜日に行われますけれど、いよいよエンディングフェイズということで特殊なものとなるみたいです…詳細はこちらの待ち合わせ掲示板を見るとよいかと思います。


では、先日読んだコミックのレビューをば♪
ちょっと微妙かも…
□もえたん Magical Busters,please save the world!!
■ぱすてるいんく応援団(原作)・高橋てつやさま(漫画)
 ○イラスト評価:★★★☆☆(3.0)
 ○内容評価:★★☆☆☆(2.1)
 ○百合度評価:★★★☆☆(2.5)
 ○総合評価:★★☆☆☆(2.4)

こちらは過日『落花流水』第3巻などとともに購入をしたもので、拍手で百合かもしれないと教えていただいたので購入をしてみたものです。
出版社は他の『もえたん』媒体を出しているところと同じところみたいです。
と、これからは今回の作品みたいな、たまりにたまって未読のままの、過去に購入したコミックたちを読んでいきます…どんな作品を読むかは完全に気紛れとなるはずです。
この状況は18日の『百合姫S』…ひいては百合姫コミックスたちが発売するあたりまで続きそうかも?(もうすぐですけれども)

内容としては、普段は高校生ながら魔法少女のぱすてるインクに変身することのできる女の子のいんくさんと、同じく魔法少女のてんぺらスミに変身することのできるすみさんが地球を救うために仲良くなろうとするお話…。
そう、あのちみっこの女の子は何と高校生だったのですね…これは少し意外でした。
お話としては、少々変態チックなところがあり、下に書く非常に不快なこととあわせやや微妙…。

いんくさんとすみさんは非常に仲が悪かったながら、今回の事件によってずいぶん仲がよくなったのですけれど、ただこのお二人は幼馴染らしいナオとかいう男のことが好きな様子…いんくさんが魔法少女になるのも、そのナオとかいう男に英語を教えて一緒の大学へ進学しようというためだというのです。
このナオとかいう男はそんな家庭教師がいなければならないほど勉強もダメな男…こんな男の何がよいのか、さっぱり全く少しも解りません。
登場シーンは少ないものの、いえ少ないだけにさらにこの男の存在価値がさっぱり全く少しも理解ができません。

イラストのほうは悪くありません。
百合的にはいんくさんとすみさんがなかなかよく、表紙下の作者さまの言葉を見る限りでも以前読んだ『クイーンズブレイド』同様に原作より百合要素を増そうという様子が見て取れてそれはよいことです。
ただ、上に書いたとおり邪魔な男がおり、しかも二人ともその男が好きだというのが…最悪ですね。
ともあれ、変態チックなところがあっても、いんくさんたちはかわいらしいですし、その男さえいなければまだ許せたのですけれど、惜しい作品です…ちなみに、英単語要素は0です。


『アオイシロ』PC版のほうはコハクさんルートを目指して…肝試しのシーン、くじで一緒に回る人を選びますけれど、これは誰でもよろしいのでもちろん綾代さんです。
すると、綾代さんの新しいCGが追加されておりましたね…追加ルートがないのでしたら、せめて綾代さんのCGは全て見たいものです。

一方の『ロマサガ2』はあまりに頑張りすぎたのかもしれません。
いえ、だって、クジンシーが1ターンで倒せてしまいましたから…見切りも何も、相手はソウルスティールを使う前に倒れてしまいました。
一応、皇帝であるエメラルドさんの炎の術レベルが22、その他の皆さんのそれぞれの武器レベルも同じで、技も結構覚えていたりして…ファイアーボールはいつの間にか全体攻撃と化しておりましたし♪
その代わり敵も強くなってきていて、バクは倒せますけれどキマイラは倒せません…というより、キマイラってクジンシーより圧倒的に強くありませんか?
ともあれ、1年後、無事に術の研究所の建設へ乗り出すことができました。
それにしても、敵が強い…こちらも成長しているはずなのですけれど、どうも武器や防具の質がそれに追いついていない感じです。
開発もできるはずなのですけれど、ほとんど思いついてくださいませんし…。
この記事へのコメント
しゃっ…にゅ〜ん♪

天姫なイベント…
う〜ん、今週は水曜日(今日)と金曜日しかお休みがありませんから…水曜日だけになりますね、くすん;

あぁ…お読みになられたのですね;
…本当にアニメも不愉快でしたから、う〜〜んと思って居たのですけど…やっぱりでしたか;

幾ら百合な感じでも、そう言うのは受け付けられませんし…本当に消えてしまえば良いのに…。(何)

百合が…百合が…足りないです…ガクリ;


でわわ☆
Posted by 桜花 at 2008年12月17日 01:45
桜花さまへ>
シャッス!です♪
は、はわ、毎週お疲れ様です…!
でも、その…ご無事で、本当に何よりでございました…♪

はい、読んでみてしまいました…アニメもそんな感じだったのでございますか…。
百合を意識して描かれたみたいですのでアニメより百合度は高いのかもですけれど、それにしてもあの男の存在が全てをぶち壊しております…残念です。

私の手許に残された未読の作品も、百合度の低そうなものばかり…明日、何とかよいものを購入してまいります!
Posted by 桜乃彩葉 at 2008年12月17日 04:39
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24306763
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック